La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 08
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ドブログ」と同じ運命をたどらないとも限らない NTTデータの「 ビズ インテグラル」
NTTデータは中堅企業のシステム構築を支援するため、新たに新会社「NTTデータ ビズ インテグラル(仮称)」を6月1日付で設立します。

NTTデータは、単体の売上高が横ばいになっており、今後も成長を続けるには中堅企業向け市場の開拓が急務と判断したと今日の日経新聞に掲載されていました。

NTTデータ・・・ねぇ・・・。

この会社が運営する無料ブログ「Doblog」は2月7日に障害が発生して、4月の下旬まで結局復活出来ずに障害発生前日のバックアップデータを用いて約1ヶ月間 5月30日まで一時的に再開しています。

これは、ドブログユーザが閲覧者にブログ移転先をお知らせするための緊急措置で、はっきり言って障害を復旧出来なかったからにほかなりません。

そして、その揚げ句――
<サービス終了のお知らせ>
復旧作業の終了を受け、今後のDoblogについて検討した結果、Doblog開設時の目的である、ブログシステムを構築するための技術的知見、およびコミュニティサービスを運用・運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できたものと考え、サービスを終了するという判断をいたしました。

というコメントを残して、あっさりと撤退を決めてしまったのです。

取り残されたブロガーは寝耳に水で、慌てました。NTTデータがコミュニティサービスを運用・運営するためのノウハウの蓄積については十分に達成できたからとありますが、あまりにも一方的で、取り残された利用者側の大事なデータはどうなるのでしょう?

過去の記事も消されてしまうのか、そこまではネット上に残してもらえるのか、それすらわかりません。

ブロガーにしてみれば、日々日常の他愛ない記事もあるかも知れませんが、自分なりに振り返って読み直してみたいと思う大事な記事もあります。

単に他のブログにエクスポートして引っ越せばいいという問題ではないと思うのです。せめて、過去のデータは、NTTデータを信頼して、支えながら書き綴って来たブロガーに敬意を表してネット上に残しておくことが最低限のスジだと思います。

ブロガーの信頼を裏切って、継続を打ち切るなんて無料ブログだから許されるというものでもありません。

そんな、利用者を大事に思わない非情なNTTデータが、新会社を設立して中堅向けにシステムを構築すると言います。

もしうまく行かなかったらまた放り出すのでしょうか?中堅企業向けというのがミソで、大企業では、放り出しにくいというところまで考えての事かと勘ぐりたくなります。

「一事が万事」という成句があります。

Doblogの障害が、NTTデータの技術では最終的にうまく修復できなかったことは百歩譲ったとしても、もし利用者を大事に思ってくれるなら、せめて罪滅ぼしのためにも過去の記事はネット上に残しておくべきだと思います。そういうサービス精神の蓄積こそが顧客第一に考えている証拠となり、最終的に有料サービスにおいて成功する秘訣ではないでしょうか?





この記事に対するコメント
Doblogの閉鎖を考える
①無料blogであることから金銭の損失は無いものと考える。
②blogとは日記に似たものであることから未来に残すはずの年月をかけた個人情報を失う。
③ネットワーク上に存在する仮想空間の仲間や、そのオフ会等によって現実に知りうる友人とのコミュニケーションの手段。そして断裂によって知人との距離を失う。
④ここまで来た過去の経緯から知人等にDoblogを紹介したこともあっただろう。そして現在の閉鎖によって紹介者としての信頼を失うこともある?かな・・・。
⑤精神的な損害や負担は個人の持つ感覚による。その価値は評価できないことから損失とは考えない。
⑥無料サービスの性質として永久に続くことは考えられない。従って終了日が来ることは予測できる。

現在ではweb上に数多くのblogが存在する。社会通念上にも認知されてると思う。でもDoblogは簡単な維持管理すら出来なかった。ノウハウがあっても失敗の事実は変わらないのだから、その未来は無いと思う。でもペナルティーは必要ないと思う。
【2009/05/28 02:24】 URL | 筑紫平野 #- [ 編集]

◆筑紫平野さま
筑紫平野さん、こんにちは。

筑紫平野さんが仰るとおりですね。
特に⑤と⑥については、私はNTTデータに対して
損害を受けたとは考えませんが、信頼を裏切られたと思います。

また、無料サービスであるから永久に続くとは考えませんし、
その会社が倒産しても維持できない状況に陥る事も考えられます。

しかし、有限サービスであるというなら、
それは最初から期限を切っておけばいいのかなとも・・・。
或いは、「弊社の技術が達成出来た時点で告知し、
1年間の猶予を持って閉鎖します」などと、
最初からいつか閉鎖があり得ることを断っておけば
トラブルはおきません。
期限を切ったら、誰もそのブログを利用しないでしょうがね。(笑)

いずれにしても、こんな形で突然閉鎖されたら
大迷惑であることには違いありませんよね。

いろいろとご考察、ありがとうございました^^
【2009/05/28 11:16】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。