La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 10
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カレーの木と日本産のスパイス「カレーシード」              4月1日
日本人が老若男女を問わずカレー好きであることは誰しもが認めるところですよね。

にも関わらず、日本のカレー業界をリードする○スビーさんも、○ウスさんも、日本産の原料を使用したカレー粉は作っておりません。

カレー粉の原料になるスパイスは「カレーシード」(カレーの木の種子)です。 この実がなる「カレーの木」が、今まで日本では植えられていなかったのがその理由です。 現在「カレーシード」は全てインド、スリランカ、インドネシア方面の熱帯地域から輸入されています。

          250_25.jpg

何故日本に「カレーの木」がないのか? その理由は熱帯性のカレーの木は日本では寒い冬を越す事が出来ないからです。その上、「カレーの木」は乾燥地帯を好み日本の梅雨の季節も嫌います。

海外から苗を持ってきて育てようとしても大抵は1年以内で枯らしてしまいます。それほど日本には馴染まない木なのですが、これを和歌山の南端、古座川の近くで栽培されている方がいらっしゃいます。

そんな日本の気候に合わない木をどうやって枯らさずに育てているのか、気になりました。

東牟婁園芸センターのNさんは、元来ミカン農家の方ですが、農協の職員が持ち帰ったカレーの木が蜜柑科であることからセンターの温州ミカンの木に接ぎ木をしてみました。ところがこれは枯れることなく育ったのですが、採種した「カレーシード」にカレー独特のピリッとした風味が出ず、残念ながら失敗に終わってしまいました。

しかし、カレーの木を日本の気候に耐え得る木に接ぎ木をすれば枯れない事が分かり、Nさんは今度は山椒の木に接ぎ木をして試されたそうです。

野生で香りのないイヌザンショウをはじめ、中国で花椒(ホアジャオ)と呼ばれる華北山椒、有名な朝倉ザンショウに、大粒の房状に実のなるブドウザンショウなど数種類の木で試験栽培を試みました。その結果、朝倉種の雌木に接ぎ木をしたものが、海外から輸入された「カレーシード」よりはるかに日本で市販されているカレー粉に近い風味があることが分かったそうです。

          697T_25.jpg

今では農園の一角を「カレーの木」の専用農場にして栽培し、そこそこの収穫量を上げていると言います。Nさんは、いずれはこのカレー粉を使ったカレーライスを和歌山県の名産品として育てあげようと努力し、県の協力もすでに取り付けてあると言っておられます。

日本産のカレーの木から採れたカレーシード。この国産原料のスパイスで作られる日本人向きのカレーライスを、カレー大好きな私は一日も早く味わってみたいと楽しみにしています。


疑問点があればクリックして下さい。
   ↓

日本で初めてカレー粉が作られた頃には「カレーの木」というものがあって、その種子を粉にしてカレー粉が作られていると大勢の人が思っていたようです。

カレー粉が何十種類ものスパイスをブレンドして作られることは、今では知らない人はほとんどいないでしょう。そういうことを百も承知でありながら、それでも真剣にこの記事を読んでくださったアナタ・・・ふむ、ふむ、そうなんだと疑うこともなく信じてくれたのに最後の最後に裏切ってしまい・・・。 ごめんなさい。でも、そんな素朴なあなたを・・・私は大好きです。 

「カレーリーフ」といわれる南インドのマドラス地方で生のままハーブ的な使いかたをする植物や、「カレープラント」という観賞用の植物など、「カレー」を冠にした植物はありますが、それらの香りは私たちが日ごろ食しているカレーの風味とはまったく異なるものです。

今日は4月1日――長々とお騒がせしました。(笑)


この記事に対するコメント
ウソばっか
カテゴリーの「ウソばっか」には気がつきました。
ま~たduoさんのうんちくが始まったゼイ。
と、思いましたよ。
引っかかりました~。私はウソはつきません。
【2009/04/01 17:47】 URL | emarch #- [ 編集]

◆emarchさま
えみちゃん、こんにちは。
> 引っかかりました~。
ハハハ、今日はエイプリルフールですもんね。
でも、カテゴリーの「ウソばっか」は記事の最後ですから、
読みながら、おかしい事をいうね、duoさんは・・・
なんて思っておられたのでしょうね。
すみませんでしたね。わはは。
【2009/04/01 18:08】 URL | duolavie #- [ 編集]

危ない、危ない!
危うく信じる所でした。
私も娘が結婚しましたと記事にしようかと思いました、
行けなくなったら困ると止めました。
【2009/04/02 14:22】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

◆ぷりんちゃん
ぷりんちゃん、こんばんは。
どのへんで気がつかれましたかね。
カテゴリを見て? それとも続きを読まれてからですか?
結構力作だと自負しているのですが・・・。(爆)
>娘が結婚しました
もしぷりんちゃんがそのように書いたら、
私は完全に信用してしまいますね。
あんなにステキなお嬢ちゃん、
誰もが放っておくわけがないですから^^
【2009/04/02 18:48】 URL | duolavie #- [ 編集]

おはようございます。
ウソなんですか。
信用してました。
カテゴリーの「ウソばっか」を見ても、意味が分からなかったです。
それにしても凄い力作ですね。
ウソの記事だなんて・・・・
今でも信じられないです。
最高!
【2009/04/03 09:54】 URL | こうめい #- [ 編集]

◆こうめいぷるさま
こうめいさん、こんにちは。
> ウソなんですか。  信用してました。
こうめいさんまで騙して申し訳ありません。(笑)
海外、特にイギリスのエイプリルフールのウソ記事は
定評がありますね。
ご参考までに恒例のユーモアあるウソ記事――
今年の話題を書いておきます。

●デーリーテレグラフ紙
「川の流れに沿って1mごとにセンサーを立てて
鮭が泳ぐ際に起こす波動をとらえて電気に変えるというもので
日本の技術が取り入れられ、100m泳ぐとやかん6杯分の
湯を沸かす事が可能で、鯉でも発電できるが
その場合は鮭の6分の1になる」

●デーリーエクスプレス紙
「車を覆うと速度監視カメラに写らない特殊フィルムが発明
されたが、タイヤまで覆えないのが目下の問題だ」

●タイムズ紙
「イングランドのサッカーに新ルール。試合中友好的雰囲気を
保つため、ファウルした選手は相手相手選手にキスをして
昼飯をおごるなどの新措置を講じた」

●インディペンデント紙
「古代エジプト史上でクレオパトラと並ぶ絶世の美女
ネフェルティティ王妃は、実は美容整形をしていた」
という新設を大々的に発表。


私のウソ記事もこれらに対抗してユーモアを競うことが
できるでしょうかね。(笑)

【2009/04/03 12:11】 URL | duolavie #- [ 編集]

デーリーテレグラフ紙
デーリーテレグラフ紙 の鯉・・・がいいですね~~
こんな発電が出来るようになったらすごいですよね。
【2009/04/03 22:51】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

◆ぷりんちゃん
ぷりんちゃん、こんばんは。
> デーリーテレグラフ紙 の鯉・・・がいいですね~~
> こんな発電が出来るようになったらすごいですよね。

「日本の技術が採り入れられ・・・
というのがもっともらしいですね。(笑)
私はデーリーエクスプレス紙の「見えない自動車」に1票。
もちろんよからぬことを考えてのことです。(笑)



【2009/04/04 02:08】 URL | duolavie #- [ 編集]

おはようございます。

どの記事も、すべて本当の事だと思えます。

キスをして 昼飯をおごる・・・・はチョット。(笑)

ありがとうございます。
【2009/04/04 09:57】 URL | こうめい #- [ 編集]

◆こうめいぷるさま
こうめいさん、おはようございます。
やはり、本場のウソ記事には年季が入っていますね。
>キスをして 昼飯をおごる・・・・はチョット。(笑)
キスをして・・・という部分がウソっぽいですが、
その部分がなければ、これもまんざらではないですよね。
相手チームが異性(あり得ませんが)であれば、
逆にファウルが続発するような措置です。(笑)
【2009/04/05 08:24】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。