La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 08
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


春うれし
和菓子をいただきました。

千葉銘菓、なごみの米屋の詰め合わせです。

          FI2617662_1E_3.jpg


掛け紙の表書きが洒落ています。

 「野辺のもえぎに春の鼓動を感じます」

和菓子につけられた名前もしゃれています

 「春うれし」 「卯月夏蜜柑」 「栗籠」

FI2617662_2E_3.jpg

「春うれし」のパッケージの中には2つの寒天もちが入っていました

 「想ひ野(早春の野辺)」 「想ひ野(桜舞う)」

FI2617662_3E_5.jpg

この菓子折には、お手紙とともにお手製の可愛い和紙人形が添えられてありました

うららかでほのぼのとした春の季節がとても嬉しく思えた日でした



そこで一句・・・

 萌え出づる 芽吹きの鼓動(おと)に 春うれし

  さくら霞みの 早春の野辺

                ――duo


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。