La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 10
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とほき想ひか
晩春(おそはる)の 河畔(あぜ)の藍きを ながむれば

   忘ることなき とほき想ひか
 
               ――duo




FI2617687_2E_5.jpg

晩春の河畔の土手を歩いた時に

びっしりと咲いていた

あの花の名前を

その時は知りませんでした



小さな星を拾い集めたように

無数に集まって群落をなし

ちかづいてながめると

清楚な小さい5弁の花びらは

淡く藍色に包まれ

その藍い花弁の中心には

黄色い花心が浮き上がり

まるでコンパスと定規で

かたち作られたように

どの花にも正確にありました



その花の名を後で知りました

そう、わすれな草・・・・・



あの日、ともに歩いた川縁りを

あの人は覚えているでしょうか

遠い昔の想い出を

いっぱい詰めたあの河畔に

今も一面を藍く覆って

可憐に咲いているのでしょうか




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。