La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 04
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


我が家の「くぎ煮」作りのお師匠さま
ご近所の親しい奥さんの、別所帯で暮らしているお父さまが、昔からイカナゴのくぎ煮を作っておられます。

毎年30kgあまり作っておられ、奥さんのところにも割り当てのように届けられて来て、「少しすけて(手伝って)ちょうだい」と、私たちのほうにもよくお裾分けをいただいたものです。

彼女のお父さまが作られるくぎ煮はとても美味しいんです。生協や魚屋さんでイカナゴを買った時に「くぎ煮の作り方」という紙をくれるのですが、その作り方では、なかなか美味しいくぎ煮を作ることはできません。

ウチでもかなりアレンジして作ってはいたのですが、このお父さまの作られる「くぎ煮」には到底及びません。そこで奥さんにお父さまのご自宅の電話番号を教えてもらって、微に入り細にわたりご教授頂きました。お陰様でやっと他人様に差し上げて喜んで貰える美味しいくぎ煮を作ることが出来るようになりました。

我が家の「くぎ煮」は、今やこのお父さまに教わった味で、ウチではお師匠さまとよんでいます。家内はウチで作る「くぎ煮」の作り方は秘伝の味と言って誰にも教えないほどです。(笑)

ところで今年のイカナゴのシンコは3年続きで不漁となりました。こちらはそのことを書いた3月1日付の記事です 特に今年は2月の近年にない暖冬により、ほとんど獲れず値段も日を追ってどんどん高くなり、最終的には1キロ4千円に近い高値をつけました。昨年の倍、例年からは3倍~4倍に跳ね上がってしまいました。あまりの不漁に3月半ば過ぎには3日間ほど休漁し、その後再開はしたもののいつもの1割しか漁獲量が上がらず、神戸の漁協はとうとうそのまま3月21日に早やばやとイカナゴ漁の終息宣言を発表してしまいました。

我が家は、家内が一昨年暮れに神戸市のある委員に任命されてから多忙となり、今年からはその多忙を理由にくぎ煮作りをやめました。イカナゴのくぎ煮を送っていた皆さんには、昨年のイカナゴの季節にそのことを伝え、これが最後と連絡をしていましたので、値段があがっても、漁がなかってもヤキモキすることはありませんでしたが、残念なことに我が家で食べる分すら作るチャンスがありませんでした。

話が逸れてしまいましたが、実は、このくぎ煮のお師匠さん、今年、御年92歳になられました。

90歳になってからパスポートを申請し、中国や韓国に旅行する、そんな元気なおじいちゃまでしたが、昨年秋に体調を崩し入院されました。

検査の結果、ガンと診断されご家族には余命1年と告知されました。ご本人には内緒にしておられたようですが、その後の進行が思ったより早く、この週末に苦しむこともなく92年の生涯を閉じられたと連絡を受けました。

お師匠様のご存命中にあの美味しい「くぎ煮」の作り方を聞いておいて本当によかったです。お師匠様、ご教授ありがとうございました。 

おじいちゃまのお元気だった頃のお姿を偲び、心よりご冥福をお祈りいたします。 合掌



この記事に対するコメント
毎年30kgですか~~
毎年30kgってすごい量ですね。
それにしてもあの美味しかった奥ちゃまのお師匠様が男の方だったなんて、92歳でお亡くなりになられるまで90歳過ぎてもお元気だったってすごいですね。
母のいとこのつれあいも95歳過ぎても1人で東京に行っていたそうですが、最近は元気が無いらしいと聞きました。
元気な高齢者ってどこが違うんでしょうね。
意欲だけでもないようですが。
お師匠様のご冥福をお祈りします。
折角習ったのにクギ煮作れなくなってしまい、伝授出来なくなると残念ですよね。


【2009/03/29 11:42】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

◆ぷりんちゃん
ウチでは毎年20kg弱作っていました。
お師匠さんはこのお歳で30kgですから
買付から考えるとかなりの重労働だったと思います。
> お師匠様のご冥福をお祈りします。
ありがとうございます。
お師匠さんの身内に成り代わりまして御礼申しあげます。
【2009/03/30 10:57】 URL | duolavie #- [ 編集]

温暖化の影響でお魚の生態系が
危ないようですね。
先日あるサイトで「貧乏人は鯖を喰え」と
云う記事を見ましたが、先日お魚屋さんで
見た鯖は、一匹1000円でした><;

神戸名物が一つ消えるかも知れませんね。
【2009/04/02 16:00】 URL | ひなたぼっこの縁側日記 #- [ 編集]

◆ひなたぼっこさま
鰯も鯖も高級魚になりました。(笑)
私は岡山へ鰆のタタキをちょこちょこ食べに行きます。
ところが最近岡山で鰆が獲れなくなり、
ひどい時には漁に出て一尾しか獲れない時もあったと
聞きました。逆に岩手や青森のほうで大漁となり、
初めての魚で料理の方法が分からないと
岡山のそのお店に問い合わせがあったほどです。
生態系が変わるというのも困りものですね。
【2009/04/02 18:42】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。