La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 03
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


野暮な警察に・・呆れてものも言えません
昨年のクリスマスに群馬県で端を発した善意の運動が、全国に急拡大していますね。

孤児で施設で育った「伊達直人」。やがて覆面レスラー「タイガーマスク」となって悪役レスラーを相手に活躍し、出身施設にファイトマネーを寄附するというプロレス漫画が、雑誌に連載され、テレビで放映されたのは、かれこれ40年も前の話です。

この連載漫画やアニメ放映の世代に育った人たちが今は50代・60代となり、伊達直人を、そしてタイガーマスクを名乗り、殺伐としたこの時代にほのぼのとした一条の明かりを灯してくれています。


ランドセルをはじめ、文房具、現金、玩具、図書カード、紙おむつ、そして野菜まで――昨日までで71件もの善意の贈り物が全国各地に届いているそうです。一過性で終わって貰いたくないですね。

そんな中、10日には我が県にも伊達直人さんが現れたそうです。(神戸新聞)

現れたのは赤穂の警察署。現れたといっても姿を見せたわけではありません。「養護施設に持って行きたかったが場所が分からなかったので署の玄関先にランドセルをおいた」と電話があり、黒とピンクのランドセルが2つずつ、合計4個置いてありました。箱にはそれぞれ「お年玉 伊達直人」と書かれた熨斗が掛けられていて、「子供たちにささやかな贈り物をさせて頂きます」と書かれた封書が添えられていたそうです。

と、ここまではいいのですが、私が呆れているのは、法を優先する赤穂署です。

持ち主が判明せず遺失物扱いとなり警察で3ヶ月間保管し、その後兵庫県の所有物となるということらしいです。そうなると早くても4月11日を過ぎないと子供たちの手には渡りません。

入学まではランドセルを眺めて希望に胸を膨らませ、初登校ではピッカピカのランドセルを背負って喜びと嬉しさで胸いっぱいに――プレゼントをされた赤穂の伊達直人さんもきっとそんな子どもたちの姿を想像しておられることでしょう。

電話で伝え、手紙も添えているのに、どうしてこんな杓子定規なことを言うのでしょうね。警察の考え方には呆れてものも言えません。粋な計らいが出来ない・・心あたたまる行為の陰で、なんとも情けない話ですよね。 例外のない規則はないと思うのですが・・・。

ブログ休止中の身ではありますが、これには黙ってはおられませんでした。(憤) (汗)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。