La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 03
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


清水河岸の市、おがわさんの「海鮮次郎長丼」
一夜明けて、今日も穏やかな天候です。

ホテルで朝食はとらず、JR清水駅の南西、清水港に面する「河岸の市」の中のお店で朝昼兼用の食事をすることにしました。

kasinoichi_5061_480
港越しに大きな貯蔵タンクの向こうに富士山が顔を出しているのが見えます。

いつもは「のっけ家」さんで頂くのですが、今回は「おがわ」さんに寄せてもらうことにしました。いつも長い行列が絶えない海鮮次郎長丼で有名な「おがわ」さんですが、10時半開店の一巡目で入れそうなのでこちらに初挑戦です。
5055_155 5054_155
5030_155 5050_155
壁に貼ったメニューの中から、一押しの「海鮮次郎長丼」と「しみずみなと刺身定食」を注文しました。
板場では、マグロの柵が無造作にまな板に積まれています。大将が包丁を両手に持っているのは、たったいまネギトロ丼のマグロをまな板の上で細かくたたき切っていたからです。

5038_235
こちらが「海鮮次郎長丼」。所狭しと隙間なくならべられたマグロに、イカ、アマエビ、イクラ・・。ご飯は寿司飯となっています。

5041_235 5045_235
そして、こちらが「しみずみなと刺身定食」です。いか、たこ、甘エビ、雲丹、いくら、小柱、鉄火やトロなど数種類のまぐろが盛りつけられています。
このおおざっぱな切り口のマグロはどうでしょう。ぶつ切り風で大きく分厚い切り身はとても一口では口に入りません。

漁港の中の食堂であるがゆえに「品」という面からはちょっと縁遠いかもしれませんが、噂の高いお店ということで話の種に一度は訪れてみるのもいいかもしれません。

これだけ食べるともうお腹がいっぱいでしばらくはマグロを見るのも嫌になりそうです。



この記事に対するコメント
すごい量ですね~~
それに豪快な切り方ですね。
こんなに食べたら暫く美味しい物は控えないといけませんね。(プッ)
【2010/04/21 13:42】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

◆ぷりんちゃん
豪快でしょう。
料亭で食べるような品格はありませんが堪能できます。
というよりも、これを食べるとしばらくはマグロは食傷気味に
なるでしょうね。
一度は行って見るのもいいのですが、
私は話のタネだけで十分です。(笑)
【2010/04/22 20:18】 URL | duolavie #Aa3L8zoM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。