La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 06
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ニアミスがなくてよかった・・
自動操縦中の操舵室内に副操縦士がデジタルカメラを持込み、乗務中に巡行中の機内外の撮影を繰り返し、機長や客室乗務員を撮影。機長も後ろ向きになって客室乗務員と記念撮影・・・。

このことが公になって関係者14人が降格や減給の処分を受け、この副操縦士は、諭旨退職となりました。

国交省は同社からの報告に調査の不備が目立つことから、11日、スカイマーク本社に対して航空法に基づく立ち入り検査を実施しました。


こんな事件を起こしたばかりのスカイマークですが、今度は管制塔の指示よりも、約1800メートルも高い高度を飛行していたことが判明しました。

11日午後、札幌発羽田行きのSKY機の羽田空港着陸に向けて、管制官は茨城上空で高度を約4000メートルで通過するように指示を出しましたが、このSKY機は、その前の標識で設定した5800メートルのまま通過しました。

マニュアルでは、管制官から指示を受けた高度を機長が副操縦士に命じて、副操縦士が設定、その後2人で確認をすることになっているらしいですが、その手順が守られていなかったようです。

前原国交相は、「近くを飛ぶ成田空港発着機とのニアミスの可能性がある。重大なミスであり、安全そのものの根幹に関わる問題」と話しています。


副操縦士が乗務中に操舵室でデジタルカメラ撮影をしたり、機長と副操縦士が揃って高度設定のミスをしたり、機長が「非常時の誘導に支障がある」として体調不良の客室乗務員の交代を指示したところ、これを社長と会長が認めず逆に機長を交代させて運航を強行したりと、ここのところトラブルが絶えないスカイマーク。

前原大臣を始め国交省幹部は「たるんでいると言わざるを得ない。事故が起こってからでは遅い」として、「特別安全監査」を実施すると発表、15日から監査に入りました。本社から空港施設、機内に乗り込んでのチェックと運航から経営、整備の全般について3週間にわたる立ち入り検査です。


来月、4月16日からは先日オープンしたばかりの茨城空港へ国内定期便として唯一乗り入れることになっているスカイマーク機です。茨城空港には定期便SKYの格納庫もなければ整備士もいません。茨城空港に整備士を常駐させず、定期便に整備士を乗せて機体とともに飛んで行き、現地で整備をさせた後、また同じ便に乗せて帰ってくるということらしいですが、これって大丈夫なのでしょうか? 

社長にも、会長にも、機長にも、副操縦士にも問題があるとなると、考えたくはないですが整備士に対しても不安になりますよね。


茨城県出身のうちのオクチャマは、帰省には茨城空港が便利と、SKY機に乗る気まんまんでいるのですが、・・・・・大丈夫かなぁ。

飛行機ぎらいのduoさんと致しましてはちょっぴり、いやいや、たいそう心配なのであります。(憂鬱)



この記事に対するコメント
昔、太平洋路線で、知り合いに方の紹介があり、子供と一緒にコックピットにいれていただいたことがありました。
手動から切り換えた後は、かなりリラックスしていらっしゃるようでしたね。
こうすると高度が下がるんだよとか進路が左右にかわるんだよ、と、ちょっと機を動かして見せてくれました。

機体が停止した時の、タイヤのマークがどこに来るかの賭けをするというはなしを聞いたこともありますが・・・

まあ、これは大したことではないのでしょうが。
ちょっと不謹慎かなと思ったことがありましたね~

便利な茨城空港利用の奥様の為にはスカイマーク、是非とも安全に運航してほしいですよね。
【2010/03/16 16:32】 URL | Hulaさん #amXlFcx2 [ 編集]

何か裏が・・・?
このところのスカイマークたたきは、何か裏がありそうに思うのは、
へそ曲がりな私だけでしょうか?
まあ、航空機事故も確率的には起こりそうな時期にきているので、
安全のためには細心の注意が必要でしょうね。
【2010/03/17 01:09】 URL | emarch #- [ 編集]

◆Hulaさま
Hulaさん、おはようございます。
> 昔、太平洋路線で・・・子供と一緒にコックピットにいれて
> いただいたことがありました。

昔は規約自体がそんなに厳しくはなかったんでしょうね。
通常一般人が入れない場所といえば、私も若かりし頃、
神戸港に寄港した米海軍兵士と飲み屋で二人して意気投合し、
彼の乗っている航空母艦ベニントンの彼の船室までついていき
ついでに内部を見せて貰ったことがあります。
隊員の船室から艦載機の格納室に至るまで・・・こんなところまで
見せていいのかと思うほど空母艦内のあちらこちらを案内して
くれました。勿論、ここはTop Secretなので見せられないという
場所もありましたが。
今では考えられないことでしょうね。

民間人シャットオフの場所の話で、ちょっと首題の焦点がずれて
しまいました。
今回、一般乗客を乗せて神経を集中させないといけないコックピット
で、操縦以外のことをやったり、前を見ずに後ろ向きになるなど
もってのほか、と言うことなんでしょうが、乗客から見えない密室で
自動操縦の順行中であれば前方より目を離すこともあると
思いますがね。おそらく自動操縦中に前方から目を離さずに
操縦桿を握りっぱなしだとは考えられません。
もしあのコックピットの後ろが透明なアクリル板や
ポリカーボネート張りで乗客から見られる状態だったら・・・
どうなんでしょうね。(笑)
誰もパイロットになる人はいなくなるかも知れません。(汗)
ありがとうございました。
【2010/03/17 08:18】 URL | duolavie #Aa3L8zoM [ 編集]

◆えみちゃん
えみちゃん、おはようございます。
> 航空機事故も確率的には起こりそうな時期にきているので、
> 安全のためには細心の注意が必要でしょうね。

ロシアで飲酒操縦士の飛行機事故があったのでしょうか?
(今朝ニュースキャスターの最後の言葉を聞きかじっただけで
ちょっと定かではありません)その後、どこからもそんな話が
出ないので聞き間違いかも知れません。

過去の例を見ていますと航空機事故は後を追うように続けて
発生していますので、最初の1機が怖いです。(汗)
ありがとうございました。
【2010/03/17 08:20】 URL | duolavie #Aa3L8zoM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。