La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 08
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


車掌さんの車内放送
先日、JR神戸線から同福知山線、その後、阪急電車伊丹線から同神戸線、そしてまた阪急電車の神戸線からJR神戸線へと乗り継いで乗車することがありました。

JRは運転士さんも車掌さんも新幹線の検札員さんも女性の進出が目立つようになりましたね。

このJRと私鉄6線の乗り継ぎの間、各車両の案内放送の差に車掌さんによってこうも違うのかと驚きました。

女性の車掌さんの案内放送は、とてもはっきりと聞きやすかったのですが、男性乗務員さんの中には、低い声でボソボソと話す人が結構いらっしゃいます。電車内の話し声や電車自体の騒音で一生懸命聞き耳を立てて集中していても聞き取れないことが多々あります。ベテランさんになるほどこの傾向があるかと思います。

いつも利用している乗り慣れた線では別に問題もないのですが、次の駅名、快速電車や急行電車などの停車駅、乗換案内など色々と情報を得たい時にはとても困りますね。

先日の場合はたまたま乗り合わせた電車がそうであっただけかもしれませんが、JRでは男性ベテラン車掌さんの案内は前述したとおりで全体的にボソボソ声で聞き取りにくく、また若い車掌さんの放送はマイクを咥えて喋っているのかと思うほどの耳をつんざくような大きなボリュームで、寝ている赤ちゃんがビクッとするほどでした。

一方乗り継いだ阪急電車ではすべて男性の車掌さんでしたが、ハッキリとした声のトーン、話し速度、ボリューム、案内放送の内容と、どれひとつをとっても、車内放送に必死に耳を傾けている年老いた乗客にまでしっかりと伝わるような放送で電鉄会社の乗務員教育が行き届いていると感心しました。

モチロンJRの車掌さんすべてがこうであるわけではないでしょうし、また阪急電車の車掌さんの中にもこんな素晴らしい案内をされる方ばかりではないと思います。

JRでも新幹線の乗務員さんに限ってはとても聞き取りやすく、案内放送の教育がちゃんとなされているといつも感じます。

乗客への思いやり、そして乗客はお客様――すべての電車の車掌さんにこの原点を忘れないで案内放送をしてもらいたいと思ったものでした。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、昨日の神戸新聞の夕刊に、たまたま電車の案内放送に関する記事がありました。

「ドアが閉まります」「ドアを閉めます」――電車の扉は閉めるのか?閉まるのか? 鉄道各社で言い回しが混在しているという記事でした。

先日の乗車では、そこまで気に掛けていなかったのでどんなふうに言っていたか憶えてはいないのですが、JR西では混雑時など時間帯などによって使い分けをし、阪急や阪神では「閉まります」派であるといいます。

確かに今までJRでも私鉄でも「ドアが閉まります。閉まるドアにご注意ください」という案内放送はよく聞きました。これはやんわりと閉まるドアに責任を持たせたような言い方ですし、「ドアを閉めます」というと、何かしら強く冷たく突き放されたようにも聞こえます。

賛否両論あるかもしれませんが、ラッシュアワー時や駆け込み乗車などを制止するには、むしろ後者のほうがいいのかも知れませんね。

        kobe_np撮影:神戸新聞長嶺麻子さん
        安全第一。車掌の案内放送は 
        車内だけでなく、ホームにも響く
        (神戸市中央区、JR三ノ宮駅)

神戸新聞の記事
  ↓

電車の扉、閉める?閉まる? 駅の言い回し混在

 電車の扉(ドア)は「閉める」? 「閉まる」? 数年前から、鉄道会社によって、車掌の発車時の案内放送に、「扉が閉まります」と「扉を閉めます」の言い回しが混在している。ささいな違いだが、どこが違うのか。混雑時など使い分けているようだが、違和感を覚える利用客もいる。(長沼隆之)

 JR西日本によると、「ドアが閉まりますので、ドアにご注意ください」が標準。ただし、混雑時や駆け込み乗車の防止など乗客により強く注意を促す必要がある場合、「ドアを閉めます」の言い回しが使われる。頻繁に利用するという神戸市東灘区の会社員男性(45)は「昼間でも『ドアを閉めます』の表現を比較的よく耳にする」と話す。

 阪神は「扉が閉まります。ご注意ください」が標準。時折、「扉を閉めます」の表現も聞かれるが、「標準が絶対というわけではない。乗客に趣旨が伝わることが大切です」と同社。

 阪急、近鉄、南海も「閉まります」派。これに対し、京阪は「閉めます」派だ。2003年に統一したといい、「車掌が閉めることを明確にした方が利用客にも伝わりやすい」とする。大阪モノレールも08年11月から「閉めます」に統一。

 首都圏の西武鉄道では、近年まで「ドアを閉めさせていただきます」と放送していたという。

 「閉まります」と「閉めます」はどこが違うのか。武庫川女子大言語文化研究所の佐竹秀雄所長によると、前者はドアに焦点が置かれ、客観的で無難な表現に聞こえる。後者は車掌の意志による動作なので、利用客には強めに伝わるという。

 佐竹所長は「混雑時は車掌も乗客もイライラしがちで、安全でスムーズに発車させるためには『扉を閉めます』が効果的だろう。いっそのこと、関西弁で『もう、閉めまっせ』『はよ、乗りなはれ』とか言えば、心が和んでいいかもしれません」と話している。

(2010/02/06 16:35)

この記事に対するコメント
>『もう、閉めまっせ』『はよ、乗りなはれ』
案外いいかもしれません。
あまり電車に乗らないから、
考えもしませんでしたが、次回は気をつけて聞いてみたいです。
【2010/02/08 11:34】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

おはようございます

同感ですv-237
つい先日、私も、duoさんと同じことを感じていました。

ベテランさんに限って、何か調子を付けて流すようにアナウンスされますが、全く聞き取れないんですよね。
なんのためのアナウンスか疑問に思いました。
そのあとの女性の方のアナウンスがduoさんが仰るように、とてもクリアーでしたので、こうでなければ!と感じたところでした。
今日のduoさんのコメントで、その時の思いが、すっきりしました(笑顔)
duoさんが仰るように、全ての案内放送に”解るアナウンス”を徹底して、頂きたいですね。
ありがとうございました。
【2010/02/08 11:48】 URL | Hulaさん #amXlFcx2 [ 編集]

◆ぷりんちゃん
ぷりんちゃん、こんばんは。
>『もう、閉めまっせ』『はよ、乗りなはれ』
> 案外いいかもしれません。

そうですかねぇ?
ホームから電車に片足かけたところで、
こんなアナウンスが流れてきたら・・・
もうズッコケて、転んでしまいそうです。(笑)
【2010/02/08 21:51】 URL | duolavie #Aa3L8zoM [ 編集]

◆Hulaさま
Hulaさん、こんばんは。
なんのためのアナウンスかと考えたら、
小学生でも分かると思うんですがね。
毎日毎日同じ事の繰り返しで、
疲れてるんだか、サービス精神が足らないんだか・・・。
「乗せてやってんだからさぁ。それだけでもありがたいと思いなよ」
ボソボソ声の車掌さんがマイクを切った後に、
こんな声が聞こえて来そうな気がします。
ありがとうございました。
【2010/02/08 21:53】 URL | duolavie #Aa3L8zoM [ 編集]

おはようございます。
僕は、「閉まるドアにご注意ください」という案内放送を最初に聞いた時は少し違和感がありました。
最近はなれましたが、duoさん仰るように、「これはやんわりと閉まるドアに責任を持たせたような言い方」と言われれば、確かにそうですね。
やはり「ドアを閉めます」とは相当違いがありますね。
ありがとうございます。
【2010/02/09 06:56】 URL | こうめい #- [ 編集]

◆こうめいぶるさま
こうめいさん、こんばんは。
> 僕は、「閉まるドアにご注意ください」という案内放送を
> 最初に聞いた時は少し違和感がありました

こうめいさんもやっぱり違和感を持たれたのですね。
私も同じです。
言葉遣いとしては間違っていないのでしょうが、
「単にドアにご注意下さい」でいいのじゃないかなと思いました。

「ドアが閉まります」と「ドアを閉めます」は、
人それぞれに感じ方が違うので、
どちらがいいとは一概に言えませんね。
時と場合により使い分ければいいのですよね。
ありがとうございました。
【2010/02/10 00:18】 URL | duolavie #Aa3L8zoM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/263-c9df4011



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。