La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 04
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「アバター」 観るのではない そこにいるのだ
              .
観るのではない そこにいるのだ
というキャッチフレーズに釣られて、話題に乗り遅れてはならじと、先週末にこの3D映画を観てきました。

映画のストーリーについては、多くの人があらすじや感想を述べておられますので、私は一言だけ――
「宇宙のかなたにある惑星を舞台に、主人公や生物学者ら一部の人間が先住民に化身して部族に入り込み、そこで得た情報をもとにその星を支配しようとする人間と先住民たちとの戦いを3DとCGの映像で見せるSF映画」
そして思わぬ展開があり・・・・・と書いておきましょう。

4

史上最高の興業収入18億4290万ドル(約1660億円)を誇った「タイタニック」のジェームス・キャメロン監督が12年ぶりに発表した3DとCGを駆使して創り上げた映像は、前作が1年半かけて達成した記録を、昨年12月18日の全米公開から1月25日の時点で18億5500万ドル(約1670億円)と僅か39日間であっさりと記録を塗り替えてしまいました。

現在110の国と地域で公開されており、まだ上映が始まったばかりなので記録はどこまで伸びるのか想像もつきません。日本でも26日現在の興業収入は70億円を突破したようです。

3

タイトルの「アバター」はヒンドゥー語が語源で「化身」という意味です。ヒンドゥー教の救済の神ヴィシュヌは人や動物など10の姿に化身しますが、この化身をアバターラ(アヴァターラ)と言い、英語表記したものがアバター(アヴァター)です。

余談ですが、ヒンドゥー教ではブッダ(釈迦)をヴィシュヌの9番目のアバター(化身)と見る説もあるようです。ブッディスト(仏教徒)はこれを否定しているようですが・・・。

さて、私が劇場に足を運んだ時間はお昼の12時過ぎ、3D字幕の次の上映は13時です。ところがこの時間帯のチケットはすべて完売で、その次の16時30分も前列4列を残すのみでした。聞くところによるとあまり前すぎては気持ち悪くなるし、またスクリーンをを見上げる感じになるので条件的には好ましくないらしいです。

やはり好条件で観たいということで、最終回の20時上映の一番いいと言われる正面中央の真ん中より少し前あたりの席を確保しました。

1 2

昔、立体映画と言われた頃、矢張りメガネを掛けて見たことがありました。片方のレンズが青、もう片方は赤でした。メガネを外すと像はブルーとピンクの二重となり、まったく見られたものではなかったことを覚えています。

当時は2台のフィルム映写機で上映していましたが、「アバター」はフィルムではなく、3D-DVD映写機1台での投影で、メガネもピンクのレンズはなく両眼ともグリーンです。ただ、このグリーンも左右多少の色差があるようです。

両レンズの真ん中に受光部があり、投影された画面から発信される信号をキャッチします。その信号により左右のレンズを特殊信号シャッターで左右代わりばんこに素早く閉じたり開けたりして映像を取り込むと聞きました。ですから、受光部を覆ったり、電池が切れたりすると3D映像にはなりません。

私が観たこの時も、観客の中には始まってすぐにメガネを取替に行った人や、終わってからメガネを返す時にスクリーンの画像が赤く染まってちゃんと観られなかったと苦情を言う人がおられました。

1 2 3
4 5 6
7 8 9
10 11 12

映像は3DとCGを駆使した圧倒的な技術の粋と言えるでしょう。3Dは昔の飛び出す映画というイメージよりも、むしろ奥行きが深いという印象を受けました。CGの人物の動きは俳優さんが実際に演技をし、その動きや顔の表情を特殊カメラで撮影して、それをコンピュータで描き出すという技法を用いていることから、動きや表情にぎこちなさや違和感は感じられませんでした。


オクチャマは絶壁に沿って急降下する場面などを観て少し酔ってしまい気分が悪くなるところもあったようですが、私はそんなこともなく娯楽映画として最高に楽しむことが出来ました。

料金は地域によって2000円~2100円と差があるようですが神戸は2100円です。私たちは50yrs夫婦割で観てきました。通常の映画では夫婦割は一人1000円なのですが、「アバター」は300円アップの1300円でした。



この記事に対するコメント
私も酔わずに楽しめました。
自分が映画の中に入ってる感じですよね。
スクリーンに近いと益々そんな感じでした。
酔わなくて良かった!
【2010/01/29 09:00】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

こんにちは
私はまだ見ていませんが、
duoさんもご覧になったのですね。
眼鏡をかけていても、その上からこの眼鏡をかけられると聞きましたが、そうですか?

名古屋万博の時に3D館で、スクリーンの向こうから投げられた物を、キャッチしようと、思わず手が出てしまいました。

ストーリーも合わせて是非、この映画の3Dの世界を体験したいです!(笑顔)



【2010/01/30 16:08】 URL | Hulaさん #amXlFcx2 [ 編集]

◆ぷりんちゃん
ぷりんちゃん、おはようございます。
> 私も酔わずに楽しめました。
車を運転する人は酔いにくいのでしょうかね?
オクチャマは運転しませんので・・・もとい、出来ませんので
しっかり気分が悪くなったようです。(笑)
それでも、2時間以上の連続3Dの映像はちょっと疲れました。

【2010/01/31 10:27】 URL | duolavie #Aa3L8zoM [ 編集]

◆Hulaさま
Hulaさん、おはようございます。
> 眼鏡をかけていても、その上からこの眼鏡をかけられると・・
私も眼鏡を掛けていますが、支障はありませんでした。
でも、3Dで2時間以上掛けっぱなしというのは少々疲れますね。

> スクリーンの向こうから投げられた物を、キャッチしようと、
> 思わず手が・・

私の場合は、この映画では投げられたものだったか、
飛んできたものだったか忘れましたが、
それを避けようと一度だけ身体をのけ反らしたことがありました。
しかし、どちらかというと、手前に飛び出すというイメージよりも
奥に拡がるイメージの方が強いですね。
是非、ご覧になってください。ストーリーも楽しめましたよ。
【2010/01/31 10:32】 URL | duolavie #Aa3L8zoM [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/261-4be43949



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。