La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 10
>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドサまわり中のお店で
静岡・清水 ― 現代料理 池元さん クリック

1
お造り(マグロ、アオノリ、アマエビ、ハマチ、シメサバ、ハリイカ、貝柱)


2 こちらお通しです
あん肝豆腐のカニとイクラ載せ、白子煮、味つけ数の子の小鉢3品
 

3 5
マグロのツミレとゆばとキノコの鍋、右は取り皿にとったところ


4 7 9
甘鯛と蕪の蒸しものにバジルソース添えて
中央、海老芋のハルマキ
右、豚角煮の上にレンコン饅頭を載せ生麩を添えて


       11 こちらマスター


7 6 10
この3品はサービス
女将さんが小さい頃からずっと食べていたという甘口のさつま揚げ。ここで頂いた上に、お土産の包みまでいただきました。
中央は由比のアジ。「倉沢の鯵」と呼ばれプチブランドのようです。
そして右はこだわりの合わせ味噌が自慢という赤だし。私はいつも最後にご飯をお願いしないので、この赤出汁を味わって貰ったことがないからとサービスしてくれました。

お土産のさつま揚げ1 2





東京・五反田 ― 海鮮処 横手屋さん クリック

1
お造り


4 こちらお通しです
白子ポン酢


2 5 3
穴子の白焼き
中央はブリカマの煮付け
右はエシャロット


        350 最後に稲庭うどん
        なにしろ秋田は横手出身のマスターだけに、
        これは注文しないとまずいでしょう。(笑)




三重・四日市 ― 割烹 桂さん クリック

0
お造り(カワハギの薄造り、シメサバ、アカイカの3種盛にアサツキを添えて) 桂のマスター藤井さんは器にも凝っていて、料理は目でも食べるものと季節感のあるとても高価な素晴らしい器に盛りつけてくれます。


IMG_4142.jpg こちらお通しです
カキの汁物、小魚の甘露煮、イクラ、煮豆に堅揚げポテトを添えて


IMG_4148.jpg IMG_4156.jpg
サワラ味噌柚奄焼に味噌漬けチーズと赤カブを添えて
右、白子ポン酢にワカメ添え


IMG_4152.jpg IMG_4145.jpg IMG_4160.jpg
カレイの唐揚げ
中央、お造りにした後のカワハギのナンコツ焼き
右、真珠貝のかき揚げ


       IMG_4155.jpg カウンターには板さんがいっぱい


IMG_4150.jpg IMG_4163.jpg この2品はサービス
出来上がったばかりの自家製のカラスミ大根
右、最後に頂いたデザート
誰にもサービスするわけではないからサービスと書いちゃダメ、とマスターに言われていたのですが・・・書いちゃいました。(笑)


池元さんでも横手屋さんでも桂さんでも、とても美味しく頂きました。
特に桂さんは2~3年ぶり、せめて1年に一度くらいは顔を見せてよと言われてしまいました。(笑)

ごちそうさまでした。



この記事に対するコメント
こんばんは
どれも、美味しそうで、思わず画面に顔を近づけて見てしまいました。
あちこちで立ち寄られたお店でのサービスもすごいですね。
あなた様はどなたでいらっしゃいますか?
ひょっとして、ちりめん問屋の・・・いえ、水戸の・・・


今夜の訪問は実は二度目です
一度お訪ねして、素敵な画面構成でしたので、急ぎ我が家に戻り、お菓子の製作過程の画像を二枚、サムネイルに置き換えてきました。

duoさんのブログは、題材や内容もそうですが、構成や、ツールの使い方など、学ぶところがいっぱいあって、とてもありがたいです。
【2009/12/11 01:40】 URL | Hulaさん #amXlFcx2 [ 編集]

カワハギのナンコツ焼き,
白子のポン酢
いいな~~
何だか見て満足しそうです。
やっぱり和食が落ち着きますね。
素材の鮮度がそのまま美味しさになりますからね。
暫くは粗食にしないといけませんよ(笑)
【2009/12/11 08:51】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

お腹が空いてるときには見ちゃいけませんね。(^^;
目の保養になりました~。(笑)
【2009/12/11 10:00】 URL | TOMO #- [ 編集]

◆Hulaさま
Hulaさん、こんばんは。
水戸? ドキッ!
全く関係ありませんが、私の家内はあのちりめん問屋の
ご隠居さんがおわしました"だっぺ"の国からはるばる
神戸にやって参りました。(笑)

> 題材や内容もそうですが、
構成や、ツールの使い方など、学ぶところが・・・

あれ~ぇ。そんなこと言ってくれるのはHulaさんだけですよ。
FC2のこと、もう1つ分かっていないので
いつも試行錯誤しています。
こちらこそ、いろいろ勉強させて下さい。
ありがとうございました。
【2009/12/11 23:20】 URL | duolavie #y4iKX6Bk [ 編集]

◆ぷりんちゃん
ぷりんちゃん、こんばんは。
若いうちは身体がお肉や脂っこいものを要求しますが、
この歳になるとやっぱり和食がいいですね。
> 素材の鮮度がそのまま美味しさになりますからね
そうですね。
特に素材を大事にした新鮮な魚料理なんか最高ですよね。
美味しいものを少しだけ・・・、至福の一時です。
【2009/12/11 23:22】 URL | duolavie #dN1wHbUA [ 編集]

◆TOMOさま
TOMOさん、こんばんは。
TOMOさんのブログも、懸賞や応募で頂いたもののお話と
海外旅行のお話の外、圧倒的に食べ歩き録が多いですよね。
この間は転んだお話もありましたが・・・。(笑)
いや、笑っちゃいけません。明日は我が身かもしれませんから。

> お腹が空いてるときには見ちゃいけませんね・・
確かにお腹がすいているときには目の毒ですね。
空腹時に買い物に行ったりすると、あれもこれもと
ついつい買いすぎてしまいますよね。
【2009/12/11 23:28】 URL | duolavie #XAUl15Aw [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/232-0a48479c



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。