La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 06
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


運動会のリングバトン
先日の新聞に、最近幼稚園でどんどん広がっている体育用具があるという記事が出ていました。

昨日の記事にも書きましたが、孫が来年から幼稚園に通うことになります。そんなこともあってか、こういう記事が自然と目にとまるようになります。

今幼稚園でどんどん広がっている体育用具とは――運動会のリレー競技に使うちょっと変わったバトンのことです。

駅伝で使うタスキは別として、リレー競技で使うバトンは長さ30cmくらいの円筒形と相場は決まっています。

ところが最近の幼稚園や保育園では、このバトンに代わって、ちょうど蛍光灯のサークラインのような直径30cmほどのリング形バトンがどんどん広まっているというのです。

リング形にすることで自分が握るスペースが十分に確保でき、持ち替えなどの動作を気にすることがなくなるので、バトンミスを大幅に減らせるという理由からのようです。

バトンパスを失敗することも大切な経験ですが、それ以上に大勢の前で競技を成功させることが、その子にとって自信を持つことなると、リングバトンを導入したある幼稚園の先生は言っておられます。

小さい幼稚園児や保育園児には、失敗を糧にさせるより、先ずは成功の喜びを持たせることが大事なのでしょうね。私もこの考え方には賛成です。

0


写真:入間市写真ニュースより借用

この記事に対するコメント
輪のバトンは息子の頃にはあったと思います。
記憶にありますから。

お孫さんの行事の度に行かないといけませんね。
大学の入学式におじいちゃん、おばあちゃんが勢ぞろいって息子の時もいました。
これからは忙しくなりますね。
遠足には付いて行かないで下さいよ。
【2009/11/13 19:02】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

◆ぷりんちゃん
ぷりんちゃん、こんばんは。
> 輪のバトンは息子の頃にはあったと思います。
そうですか。そんな以前からリング形バトンはあったのですか。
知りませんでした。

> お孫さんの行事の度に行かないといけませんね。
遠いのでなかなか行けないと思いますが、
少なくとも遠足にはついて行かないようにしたいと思います。(笑)
【2009/11/14 00:45】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/208-ad8e755e



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。