La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 09
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


だまし絵
兵庫県立美術館で開催されている「だまし絵」展は、11月3日までです。入場者もすでに20万人を突破し、長いときには2時間待ちという大盛況です。
1


会期最後に近づくと、さらに混むのではないかと案じてこの日曜日に行ってきました。開館の10時を少し過ぎた頃に到着したのですが、既に30分待ちの長い行列ができており、見終わって帰る頃にはさらに60分待ちと行列は伸びておりました。
2


兵庫県立美術館のブログからお借りした「だまし絵」の一部です。
3


こちらは、美術館から眺めたHAT KOBEの街並みです。震災後にできた街だけにとても整然としてきれいです。
4


この記事に対するコメント
だまし絵って何度見てもやっぱり不思議ですよね。
どうやって考えるんでしょね。
それが又不思議です。
【2009/10/27 09:17】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

◆ぷりんちゃん
ぷりんちゃん、おはようございます。
だまし絵の写真の上段中央にあるエッシャーの
限りがなく下へ下へと流れる滝の水や、
右下の六角形のデザイン画は
平面であるにも拘わらず凹凸があるように見え、
どうしてもその不思議な原理を考えたくなりますね。
反対にそのとなりのインコは割れたガラスの標本箱に
剥製のインコが入っているようですし、
左下の絵は、遮られている部分のカーテンを
さらに引いて見たくなるほどリアルに描かれていて
本物のカーテンと見紛うほどです。
見ていて、とても楽しめました。
【2009/10/27 10:27】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/193-96b61907



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。