La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 04
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


南アフリカ KWVのプレミアムワインと        メーカーズ ディナー
アフリカの最南端、喜望峰。この地でワインが造られて以来350年の歴史を持つ南アフリカ共和国は、世界第8位のワイン生産量を誇ります。折しも、来年この地でサッカーワールドカップが開催されます。

そんなこともあって、神戸のホテルで南アフリカのブドウ栽培者を束ねている共同組合「KWV」を招聘し、一足早く南アフリカワインを味わう一夜限りの晩餐会が参加人数18名限定で開催されました。
1


ということで、その「KWV メーカーズディナー」に大阪にいる娘を連れて、3人で参加してきました。
テーブルには7つのワイングラスが並べられています。
2

フランス料理のディナーコースで、メニューには、6種類のワインが書いてありましたが、さらにもう1種サプライズで、アメリカ産オーク樽とフランス産オーク樽の中でそれぞれ24ヶ月間熟成させ半分ずつブレンドしたカセドラル・セラー・シラーズというプレミアムワインを用意してくれました。
3 
 T2.jpg T.jpg シラーズ 3343.jpg
左からスパークリング・ロゼ、カセドラル・セラー シャルドネ、そしてサプライズのカセドラル・セラー シラーズのフルボディ


左の写真は決して額に入ったフセインではありません。(笑) たまたま額の前に立っているだけで、この日のために南アフリカから35時間かけてやって来たKWVのエグゼクティブマネージャーと日本・アジア担当マネージャーです。
12 11


こちらのワインは、ラボリー ジョン・タイルファート2003年赤。年間生産量が9000本しかなく、地元以外ではアメリカとイギリスのみに輸出が許されているワインですが、今回は300本限定で日本に輸入されました。本日のワインの中では一番高価で、プレミアムワインの4倍近い値段ですが、この日のために3本用意してくれました。
13 14



さて、お料理の方は、「神戸牛ロース肉のグリル」ということで、神戸にいてもなかなか私の口には入らない(笑)神戸ビーフがメインディッシュでした。
20


先ずはスターターのスモールアペタイザー、「帆立貝とマセドアン野菜のサラダにレーズンカンパーニュのクルトン添え」。マセドアンとは「細かく切り刻んだ」という意味です。
5 6
右はアペタイザーもう1品、「パルマ産22ヶ月熟成生ハムと季節のフルーツ ミントの香りのソース」。ベビーリーフに飾られた生ハムの下には、イチジク、キウイ、洋なし、パイナップルといろいろなフルーツが隠れています。


「オマール海老と野菜のテリーヌ オマール海老のクリームソース」
7 8
右は「淡路産のスズキ、ラングスティーンとトリュフのミルフィーユ バジルとセミドライトマトのソース」


前出の「神戸牛ロース肉のグリル 濃厚な赤ワインソースと季節の野菜添え」
9 10
右のデザートは「ブラマンジェと洋梨のミルフィーユ仕立て フランボワーズのシャーベットとともに」


そして、最後にコーヒーを頂いてディナーは終わりました。
帰りには、KWVからロゴ入りワインオープナーを参加者全員にプレゼントして頂きました。写真には2つしか写っていませんが、私たちは娘の分と合わせて3つも頂きました。
   3366.jpg

ホテルの21階から素晴らしい夜景を眺めながら、ワインの産地のお二人方を交え、美味しいワインと、楽しい会話が弾んだ晩餐会でした。



この記事に対するコメント
こんばんは
今、HPをチェックしてみたのですが、
ワイン、ディナー、おみやげつきでこの料金なんですか?
上お得意さま向けサービスなんですか?
いいな~。
【2009/10/23 23:58】 URL | emarch #- [ 編集]

おはようございます。
参加人数限定の晩餐会。
いいな、いいな、いいなぁ-(笑顔)
【2009/10/24 08:59】 URL | こうめい #- [ 編集]

◆えみちゃん
えみちゃん、おはようございます。
長い記事を読んでいただいてありがとうございます。
ホテルからメンバーズ入会依頼の電話が掛かってくるのですが
私はホテルのレストランやバーをそんなに使うことが
ありませんので、会員でもお得意様でもありません。
でも、なぜか総支配人がわざわざご挨拶に来てくれました。(笑)
この企画は、ある関係筋から聞いて参加させて頂いたのですが
前述しましたように私はメンバーではないので、割り引きもなく
通常料金をお支払いしましたが、十分に満足できましたよ。
南アフリカKWVのプレミアムワインは飲み放題で、その中でも
特にカセドラル・セラー シャルドネは、香り・テーストともに
なかなかイケてました。
もちろん神戸牛もね。(ニコニコ)
【2009/10/24 11:49】 URL | duolavie #- [ 編集]

◆こうめいぶるさま
こうめいさん、おはようございます。
> 参加人数限定の晩餐会。
なかなか私の性には合わないんですが・・・。(汗)
でも美味しい南アのプレミアムワインと
フルコースのディナーは十分満足出来ました。
ありがとうございました。
【2009/10/24 11:51】 URL | duolavie #- [ 編集]

美味しいワインを1度に7種類も飲めるなんて、
そりょあ行かないわけにはいきませんね。
ビーフはパスしても美味しい物ばかりですねぇ
我が家の半月分の食費になりそうですが、
ワインオープナーもちょっと変わっていて使えそうですね。
【2009/10/24 18:59】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

■Duoさま。
お早うございます。
つい先日、ブログ友が私宅に来まして、
貰い物の赤、白のワインを一本づつあけて
歓談したばかりなので、この記事に反応してしまいました。
神戸にお住まいなのですね。
その前には岡山の片上鉄道の記事などもあり、
岡山は昔、仕事の関係で、しょっちゅう馴染みだったので、懐かしかったです。
では、また。
【2009/10/26 08:20】 URL | sohya #- [ 編集]

◆ぷりんちゃん
ぷりんちゃん、こんばんは。
> 我が家の半月分の食費になりそうですが・・・
ちょっと待って・・。
我が家の半月分の食費ですって?
あれだけ外食をして、美味しいものを食べていて、
それはないでしょう。(笑)
誰も信用しませんから。(爆)

私も久しぶりにこんなにたくさんのワインを頂きました。
【2009/10/26 23:20】 URL | duolavie #- [ 編集]

◆sohyaさま
sohyaさん、こんばんは。
ワインを二人で赤白、1本ずつ空けられたのですか?
さぞかし、お話に花が咲いた事でしょうね。

昔、片上鉄道を利用されたこともおありなのですね。
懐かしい想い出でしょうね。
コメントありがとうございました。
【2009/10/26 23:24】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/191-1b201d28



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。