La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 08
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


時価170万円が、133億円に大化け・・ ひえぇぇ~
   AP=共同
美術専門家がレオナルド・ダビンチの作品である可能性が高いと鑑定した人物画(AP=共同)


この絵、19世紀のドイツ人画家の作品ということで、当初1万9000ドル(約170万円)で落札されたそうです。

女性の横顔を描いた絵(縦33センチ、横23センチ)で、その後、カナダの収集家に転売され、赤外線などを使って鑑定した結果、この絵から発見された指紋が、バチカン美術館に保管されているダビンチの作品に残されたものと酷似しており、ダビンチの作品である可能性が高いということです。

ダビンチのものと確認されれば1億ユーロ(約133億円)以上の価値があるらしい。

ひえぇぇぇぇ~~~~っ!


絵は15~17世紀に制作されたことも判明。オックスフォード大の別の専門家は、描かれた女性は当時ダビンチの後援者だったミラノの公爵の娘の可能性が高いと伝えています。(共同)



この記事に対するコメント
ダビンチの指紋が残ってる事もびっくりです。
消えないものなんですね。
約133億円・・・って売らないと手に出来ないですよね。
展示して拝観料でもとって生活するかな~~って私の物じゃありませんが。
美人ですね。
それに髪を束ねているのもオシャレで、つけるのは自分では出来ないからメイドさんがしてくれるんでしょうね。
は~~!
【2009/10/15 10:00】 URL | ぷりんちゃん #YlVPehqg [ 編集]

おはようございます。
約133億円。
ひえぇぇぇぇ~~~~っ
でも、170万円の時でも買ってないですね。(寂)
【2009/10/16 09:26】 URL | こうめい #- [ 編集]

◆ぷりんちゃん
ぷりんちゃん、おはようございます。
> 展示して拝観料でもとって生活するかな~~
税金で100億円持って行かれたとしても、私なら売りますね。
だって、僅かに残った端金(>o<)の33億円だけでも、
私の性格だと多分死ぬまでに使い切れませんから。(笑)
【2009/10/16 11:58】 URL | duolavie #- [ 編集]

◆こうめいぶるさま
こうめいさん、おはようございます。
> 170万円の時でも買ってないですね・・無名の画家という事だけでも170万円も出して買えませんが、それこそ学校で図工の時間に学生が描いた絵であるかも知れないわけでしょう?
10万円でも買っていませんよね。(汗)
でもこのカナダの収集家(画商?)は、すごい眼力を持っていますねぇ。
あやかりたいものです。
ありがとうございました。
【2009/10/16 11:59】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/188-a124013b



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。