La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 08
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みんなでやろうぜ
みんなでやろうぜ――みんなでやるなんて、すごくいい響きですね。

でも、自民党の場合はどうなんでしょうか?

昨日、自民党は総裁選で党首に谷垣禎一氏(64)を選出しました。

投票の結果は、総票数499票のうち、谷垣禎一氏300票、河野太郎氏144票、西村康稔氏54票で、6割超の票を谷垣氏が獲得しました。(議員票に無効票1)

この新しい総裁の谷垣氏のスローガンが「みんなでやろうぜ」でした。

これに対し、対立候補の河野氏は、「みんなでやってはいけない」と主張してきました。

河野氏は自民党は変わらないといけない。そのためには派閥を解消し世代交代をして若返らなければならない。だから、みんなでやってはいけないのだと。

しかし、森喜朗元首相らを名指しで批判してきた事から反発もあり、今回の国会議員票に至っては、120票という圧倒的な票が谷垣氏に集まった一方、河野氏は西村氏の43票より少ない35票しか獲得出来ませんでした。

これでは、生まれ変わるどころか党刷新のイメージも影が薄く、今後も引き続き派閥や族議員の支配下にどっぷりとつかった今までの自民党となんら変わりはなさそうに思えます。

今の自民党は、来年の参院選、4年後の次期衆院選を見据えて、現与党に対抗する具体的な戦略政策や論戦を、外に向けてどんどん発信していかないといけない野党の立場であるにも拘わらず、党内部のことばかりに終始していて、いまだ与党気分で、与党時代の体質が抜けきっていないようにも見受けられます。

谷垣氏の政治信条である「絆」もいいですが、人事における舵取りを一歩間違えると分裂の危機さえ表面化する恐れがあり、それこそ自民党をぶっつぶすことにもなりかねません。

谷垣氏は、かつては登山に熱中し、東大を8年かけて27歳で卒業、司法試験も8度挑み34歳の時にやっと合格して弁護士になったというユニークな経歴の持ち主ですが、その翌年元文相であったお父さんが急逝したことから政界に担ぎ出されて政治家の道を歩み始めます。

2000年に森内閣に退陣を迫ったいわゆる「加藤の乱」では、加藤紘一元幹事長が内閣不信任案採決で賛成票を投じるために参院本会議に出席しようとしたところを泣いて引き留めた谷垣氏ですが、この時のひ弱なイメージをどこまで払拭できるか、これからがいよいよ正念場ですね。



この記事に対するコメント
十月のごあいさつ
■duoさま。
お早うございます。
はや十月になってしまいました。
お元気で、お過しでしょうか。
今月も、よろしくお願いいたします。
では、また。
【2009/10/01 06:49】 URL | sohya #- [ 編集]

おはようございます。
「谷垣氏では、変わらない」と、
政治評論家の鈴木棟一氏が言ってました。
「やれるのは河野しかいない」と。
派閥の町村会長が河野つぶしに動いたそうです。
来年の参院選、森等の顔がマスコミに出ると、票が減りますよね。
【2009/10/03 06:33】 URL | こうめい #- [ 編集]

◆sohyaさま
sohyaさん、こんにちは。
今月早々にご挨拶を頂いておりながら、
出張中にてご返事が大変遅くなりまして申し訳ありません。
こちらこそ今月もどうぞよろしくお願い致します。
【2009/10/06 14:55】 URL | duolavie #- [ 編集]

◆こうめいぶるさま
こうめいさん、こんにちは。
出張中にてご返事が遅くなりました。
> 「やれるのは河野しかいない」・・・河野太郎氏が総裁になって、
果たしてやれたかどうかは分かりませんが、
新しく変わろうとしている自民党の身内の若手議員を
潰しにかかる魑魅魍魎には何をか言わんやですね。
特に、あの森氏に至っては自分が総理総裁だったときには
何もやらなかったくせに、今頃になって後方でとやかくと
まったく鬱陶しい限りですね。

出張から帰りましたら、
またこうめいさんのところへお邪魔させて頂きます。
ありがとうございました。
【2009/10/06 14:58】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/183-e7f05fb9



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。