La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 04
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


やっと「暑中見舞」を出せる夏が・・
記録的な長雨が続き、近畿地方は8月になっても梅雨が明けませんでした。1日には大雨洪水警報が出て、播磨地方では電車が運休したり、落雷で火災が発生したり、丹波地方では浸水被害や土砂崩れで避難勧告が出る始末、また宇治地方では突風でゴルフ場の25mのコンクリート支柱が29本も折れるなど、各地で異常気象が続きました。

この日は神戸も例に漏れず叩きつけるような土砂降りに見舞われましたが、8月3日にはやっと待ちに待った夏らしいお天気となり、近畿地方に梅雨明け宣言が出ました。

     1

我が社のある仕事の生産をお願いしているOさん。

一人で何処へでもふらふらと出かけ、

旅先でバイクやレンタカーを借りてスケッチに勤しんでおられます。

たまには奥さんもお連れになられたら、と言うのですが・・。


つい先日は、

イタリアに出かけられ、現地でレンタカーを借りて回られたとか。

日本とは走行車線が逆なのに、そしてイタリア語も話せないのに、

まったく知らない外国の地で、ましてや、あのお歳で・・・

よくまあこんな冒険ができると感心します。

確かに気持は若い人なのですが、それは気持だけですから・・・。


それでもなんとか無事に帰ってこられ、

旅の成果を個展で発表されるようです。

案内をかねて暑中見舞い状を頂きましたが、

北の果て・・・、あまりにも遠くてお伺いできません。


776_Tir2_20090803182637.jpg

お酒が大好きなOさん。 

「ワインの香りのおすそ分けです」

と書いてあるのですが・・・。

どうせ、1人で全部飲んじゃったのでしょう。

香りすら漂ってきません。

取り敢えず、答礼を差し上げました。

ちょっと皮肉たっぷりに・・・。(笑)

74


この記事に対するコメント
流石!
流石duoさんのお仲間。
無鉄砲なんですね。
明日からは残暑見舞いですよね。
今年は結局暑中見舞いになりませんでした。
【2009/08/06 11:09】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

◆ぷりんちゃん
ぷりんちゃん、こんにちは。

> 流石duoさんのお仲間。 無鉄砲なんですね。
国内では、以前からこんなフーテンな旅をしていたのですが、
言葉も通じない異国で、レンタカーなどを借りる
交渉からしなければならないわけでしょう。
道路の走行車線も日本と逆だし、
初めての海外旅行なのに日本での旅行と同じように
やっておられるので、さすがの私も呆れております。(笑)
ぷりんちゃんならともかく、私にはとてもマネできません。(笑)

> 明日からは残暑見舞いですよね。
立秋から月末頃までは残暑見舞いですね。
そう考えると、ホント暑中見舞いを出せる日は数日しか
ありませんでしたね。
【2009/08/06 12:22】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/152-732893c0



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。