La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 06
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


応援のマナー
先月の全英オープンでは、タイガーウッズとともに予選落ちとなった石川遼選手が、サン・クロレア・クラシックでオーストラリアのブレンダン・ジョーンズ選手に競り勝ち、6月のミズノオープンよみうりクラシックに続き今季2勝目、ツアー通算4勝目を挙げました。

この日、2位と2打差でスタートした石川選手は15番でボギーを叩き、最終組の最終ホールで、通算16アンダーでともにジョーンズ選手と並んでいました。石川選手はこれを沈め、ジョーンズ選手と1打差の17アンダーで優勝を決めました。

初日から首位を走り続け完全優勝を果たした17歳の石川遼選手、おめでとう。

一騎打ちの熱戦を繰り広げたジョーンズ選手は、石川選手に、「とてもいいプレーヤー。日本一の選手」とエールを贈りました。勝利をたたえるジョーンズ選手の抱擁に石川選手の目からは思わず涙がこぼれました。

しかしながら、この直前にとても残念なことがひとつありました。

実は、最終ホールの3打目は、ジョーンズ選手が4m、石川選手は2.5mのバーディパットでしたが、ジョーンズ選手がこれを惜しくも外しパーとなった時に、日本人ギャラリーの間から拍手が湧き起こりました。

これはいけません。 フェアプレーの精神からしても、ギャラリーが相手の失敗に拍手を贈るなど失礼じゃないですか。

以前、タイガーウッズが、このように競り合った時に、「( 相手のボールがカップ[ホール]に ) 入れ! 入れ!」と、念じると言っていました。そう願うことで、自分にはそれを超えようとする更なる力が働くのだと・・・。

普通なら「外せ!」と念じるところでしょうが、さすが、タイガーウッズです。まさにスポーツマンシップの鑑ですね。

日本のギャラリーも、タイガーのような鷹揚な気持を持って、相手にエールを贈りながら応援してほしいものです。

はい、私も阪神と対戦する相手チームに一生懸命エールを贈ることにします。だけど、これが相手チームに弾みをつけ、阪神もそれに協力をしてしまうのがダメトラの情けないところです。



この記事に対するコメント
ガックリ
あのギャラリーの拍手にはガッカリしましたね。
競ってるからこそギャラリーはわくわくして見られると思います。
拍手はとっても失礼で心の狭さが露呈してました。
あんな人たちゴルフをする資格がありませんよ!
同じ日本人として恥ずかしい!
【2009/08/03 23:03】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

◆ぷりんちゃん
応援しているプレーヤーの時は当然のことですが、
相手選手のプレーの時も誉め称え、
拍手を贈ってあげることほど
見ていて気持のいいものはありません。
もし対戦プレーヤーが失敗をしたなら、
その選手の心情を考えて、
同じようにタメイキをついてあげるくらいの
気持ちのゆとりを持つべきですね。
その上で、応援している選手が成功した時には、
絶賛の拍手を贈ってあげれば、
対戦相手も同じように気持ちよく「おめでとう」と
エールを贈ってくれることでしょう。
まさに、ジョーンズ選手は、
石川遼選手が勝利を手にした時、
悔しい思いをしたはずでしょうが、
石川選手の勝利を称え抱擁してくれました。
美しい光景でしたね。
それに引き換え日本のギャラリーは・・・。
ねぇ。
【2009/08/04 14:47】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/150-2aa337e1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。