La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 04
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


知らないのに聞かない事が恥なのである     知らないという事と忘れたという事は違う
またまた、こうめいさんの記事からのトラバ・・・いや、パクリです。(スミマセン=汗)

先日、こうめいさんのところに――
 わからない事は聞くことである。
 わかっている事でも、もう一度聞いてみることである。
 知らないのが恥ではない。
 知らないのに聞かない事が恥なのである。

という記事がありました。


法政大学で教鞭をとられた随筆家の内田百先生の言葉に――
 知らないという事と忘れたという事は違う。
 忘れるには学問をしなければならない。
 忘れた後に本当の学問の効果が残る。

という名文があります。 
                   
「学問はむしろ忘れるためにする。はじめから知らないのと、知った上で忘れるのでは雲泥の差がある。学問がその人に効果を発揮するのは忘れた後。学問をするのにすぐ役に立つかと言うことばかり考えるのは堕落の第一歩だ。」 (『学生の家』)

「社会に出て役に立たぬ事を学校で講義するところに教育の意味がある」と仰る百先生。


こうめいさんのところの「知らないのに聞かないことが恥」、そして、百先生の「知らないという事と忘れたという事は違う」という二つの名文。

男は・・・いや、私だけなのかも知れませんが・・・どうしても格好をつけて知ったかぶりをしてしまいます。後で化けの皮が剥がれて大恥をかくこともあります。 

知らないのに聞こうともせず、忘れたのではなくハナから知らないことばかりの私のカボチャ頭・・・どちらの言葉も身につまされます。(トホホ

今更、この老体にムチ打って、かたい頭にたたき込めるような学問もできませんが、少なくとも分からないことは、ちゃんと聞いて教えてもらうことにします。謙虚に、謙虚に・・・。 はい。(滝汗)




この記事に対するコメント
duoさん
おはようございます。
秘事は睫毛。
秘事や秘伝などは、案外手近なところにあるものだと言うたとえですか。
初めてしりました。
「学問はむしろ忘れるためにする」
そうなんですかねぇ。(悩)
【2009/07/19 07:41】 URL | こうめい #- [ 編集]

◆こうめいぶるさま
こうめいさん、こんにちは。

> 「学問はむしろ忘れるためにする」 そうなんですかねぇ。(悩)

 ある日、学生がいった。
 「先生ドイツ語は難しくてよくわかりません」
 「覚える先からみんな忘れてしまいます」。
 すると百は、いった。
 覚えたことを忘れまいとするその賤しい根性がいけない。
 忘れることなんか気にしないで、ただ覚えればいい。
 そもそも産まれた時からのことをみんな覚えていたら
 頭がおかしくなる。


『百鬼園先生言行録』の中に、このような記述があります。

先生は産まれた時からのことと言いますが、
それらの記憶がすべて学問とは限らないと思いますがねぇ・・(笑)
それにしても学生時代、遅刻ばかりしていたのがたたって
母校の教官を不採用になったというエピソードを持つ
ユニークな百先生らしい悩ましい答えですね。

私の頭は、忘れたことは二度と復元してくれませんが・・・。(笑)
ありがとうございました。
【2009/07/19 13:20】 URL | duolavie #- [ 編集]

図々しい僕は、聞くことには慣れてるのですが、その返事や回答に不満がある。自分で調べることを手抜きして、お気楽なのでした。

どんな事であっても聞かれた内容で、その人の抱えてる問題や考え方が伝わって来る。そんなとき、ちょとした御節介が出てしまう。僕の場合はやり過ぎるのが他の人には迷惑なようです。

人間は忘れるようにできてる。忘れるから生きていけるのかもしれません。だから、忘れる事は必要なのだと思う。
・・・と忘れる事を正当化する。
【2009/07/19 18:28】 URL | 筑紫平野 #- [ 編集]

◆筑紫平野さま
筑紫平野さん、おはようございます。

> どんな事であっても聞かれた内容で、
> その人の抱えてる問題や考え方が伝わって来る・・

その通りですね。
私も頂いたコメントから、その方がどんな人なのか
想像をたくましくしています。(笑)
ただ、この逆も言えることで・・・(汗)
私は筑紫平野さんやこうめいさんにどんなふうに
思われているだろうかとか・・・、そんな事を考えると、
知ったかぶり人生を歩んでいる私は・・・・・
今頃になって冷や汗をかいています。(遅いって・・笑)

コメントありがとうございました。
【2009/07/20 08:42】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/139-7e6966a1



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。