La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 06
>>
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


いちゃいちゃ夫婦・・
       406s.jpg

今日は七夕。

カルピスが実施した七夕に関するアンケート調査のなかに、「七夕伝説」を知っているかという設問がありました。

これには、9割以上の人が知っていると答えたのですが、そのうちの9割超の人が織り姫と彦星の関係を恋人どうしと間違っていたんだって。

そういう私も実は間違えていました。

    天の川 milkyway.jpg 国立天文台HPより


正しくは織り姫と彦星は結婚していて、それぞれの仕事を怠けて、毎日、毎日夫婦でイチャイチャしてばかりいたそうです。

怒った織姫の父、天帝が罰として2人を天の川を挟んで引き離し、仕事をがんばったら年に一度だけは逢うことを許してやろうと言って、この7月7日がその1年めにあたる日なのだそうです。

織り姫・彦星の、年に一度の逢瀬はロマンチックなイメージがありますが、実は、これは恋愛よりも仕事を優先しなさいという中国の古来からの言い伝えに基づいているのですね。

知りませんでした。

今のせちがらい世の中、1年に一度しか逢えないとなると、浮気に走りませんかね。

差し詰め、私なんぞ・・・

いや、私は大丈夫ですよ。浮気なんて・・・。

毎日四六時中顔を突き合わせているオクチャマがいるんですから。(汗)




この記事に対するコメント
四六時中って事はないでしょう。
だって奥ちゃまボランティアでお出掛けが多いじゃないですか~~
でも1年に1度、しかも雨が降ったら会えないんじゃ川岸で待ってる間に目がよそに行きますね。
それに仕事に身が入らないでしょうね。

【2009/07/07 17:01】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

◆ぷりんちゃん
ぷりんちゃん、こんばんは。
> 四六時中って事はないでしょう。
言葉のあやっていうもんですっ。(笑)

仕事に身が入らないと、天帝はまた二人を
1年後に逢わせてはくれないことになります。
そうなると、もう後は・・・○○するっきゃない?(爆)
【2009/07/07 20:25】 URL | duolavie #- [ 編集]

おはようございます。
「七夕伝説」、知りませんでした。
ありがとうございます。
浮気に走りませんか・・・
ハイ!
走ります!
【2009/07/08 07:54】 URL | こうめい #- [ 編集]

◆こうめいぶるさま
こうめいさん、こんにちは。
織姫と彦星が夫婦だったなんて、
私も知りませんでした。

> 浮気に・・・ ハイ! 走ります!
あら、こうめいさん、
シャアシャアとなんてことを。(笑)
この私ですら言いたいのを抑えて
我慢しているというのに・・・。(爆)
【2009/07/08 14:51】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/130-b7130982



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。