La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 08
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ひめゆりの塔」 と 「乙女の碑」
第2次世界大戦末期の1945年(昭和20年)、アメリカ軍との地上戦となった沖縄戦から64年の慰霊の日を迎えた23日、教員などを志しながら軍に動員され、負傷した兵士の看護などにあたり、多くの犠牲者を出した「ひめゆり学徒隊」を悼む慰霊祭が、沖縄県糸満市の「ひめゆりの塔」と「沖縄師範健児之塔」で営まれたとテレビで伝えていました。

当時、従軍看護要員として、沖縄師範女子部と沖縄県立第一高等女学校の生徒と職員で、学徒看護隊が組織されました。このひめゆり部隊、総勢297人のうち、職員16人、生徒208人が戦死しました。

そして、最大の犠牲を出した伊原第三外科壕跡に慰霊塔「ひめゆりの塔」が建立されたのでした。

天皇陛下は、陛下が皇太子の頃から、沖縄戦終結の日、広島、長崎の原爆投下の日、終戦記念日を「どうしても記憶しなければならない4つの日」として毎年黙祷をささげておられるそうです。

私は、天皇陛下の「どうしても記憶しなければならない4つの日」に加えて、「もう一つ忘れてはならない悲劇の日」があると思います。それは、「北のひめゆり」と言われている「真岡電話局」を死守した9人の電話交換手の自決の日です。

ソ連軍に侵攻され、無念の思いで故郷、樺太を追われ、帰りたくても帰れない望郷の思いを託して建立された「氷雪の門」の隣りに、「乙女の碑」が建てられています。

8月15日に終戦を迎えたにもかかわらず、その5日後(8月20日)にソ連軍の攻撃を受けた真岡電話局(正しくは真岡郵便局)の9人の乙女の死を悼んだ慰霊の碑です。

戦争の悲劇を後世に伝えるために、交換手姿の乙女の肖像レリーフと、最後まで職場を守った交換手の言葉、「皆さんこれが最後です さようなら さようなら」が刻まれています。



これに関する詳しいお話は、「ある通信兵のおはなし」を執筆された三好照雄氏が、その中の第117話「氷雪の門」で詳しく解説しておられます。

ここにその一部を抜粋させていただきました。

――ポツダム宣言を受諾して戦争は終結したにも関わらず、ソ連軍は樺太の国境線を越えて南下を続けていました。8月20日には、樺太南端の真岡市に上陸して街を蹂躙しました。

この時、最後まで残った9人の女子決死隊が電話局を死守し、本土との電話回線を確保していましたが、ついに電話局が砲撃を受け、全ての電話線がソ連軍により切断されました。

回線が切断される直前の悲痛な電話、
「これが最後です。さようなら、さようなら」
を最後に、9人の乙女達は青酸カリを飲んで自決したのです。

最期の通信は、責任者であった可香谷(よしがだに)シゲからの無線でした。
「ワレニンムヲオエリ。サヨウナラ。サヨウナラ。サヨウナ・・ラ」
彼女は服毒後、最後の力を振り絞ってキーを叩いたようです。



その後、この悲劇は、「氷雪の門」というタイトルで映画化されましたが、参戦の事実が明らかになることを恐れた当時のソ連が、日本政府に対して劇場公開を中止するよう圧力をかけ、結果的に配給会社は上映を中止した、と三好照雄氏は書いています。

情けない態度です。 せめて、北方領土を4島無条件で返還するなら、上映を中止させるとぐらい言えなかったのでしょうか?




この記事に対するコメント
平和憲法が頭の中を横切る。
戦争の悲惨さや恐怖感だけが先行して、学校やマスコミは戦争の善悪だけを伝え平和教育としている。
長い歴史がある我が国の学校教育では近代史にたどり着けないと思ってしまいます。
戦争哲学や倫理を勉強して、なぜ戦ったのか?。戦う理由を知らなければ、平和だけを叫んでも戦争を理解することは無いと思う。戦う時は戦わなければならない。

>北方領土を4島無条件で返還するなら、上映を中止させる・・・。
「上映を中止する」という条件がついてるがな・・・。

日本政府は条件付きの取引はしない。北方領土は我が国の領土であると主張して無条件返還にこだわるだろう。従って、実行支配は続く。やがて実行支配は年月・・・歴史となって日本の領土ではなくなってしまう。

・・・このコメント全部消そうか悩んでしまう。
【2009/06/24 01:13】 URL | 筑紫平野 #- [ 編集]

◆筑紫平野さま
筑紫平野さん、おはようございます。

> 北方領土を4島無条件で返還するなら、上映を中止させる・・・。
> 「上映を中止する」という条件がついてるがな・・・。


案の定、言われちゃいました。(笑)
いや、実は私もこの部分については、文末に書き加えた後で、もしこの記事を筑紫平野さんが読まれたら多分指摘されるだろうなとは予測がつきました。
ということで、書いた直後に消すかどうかも迷ったのですが、単にソ連の言いなりになって屈服し上映を中止したことに腹が立ち、この圧力という権力の売り言葉に対して買い言葉的に残した次第です。

でも、やはり、この考え方はおかしいかも知れませんね。反省です。(ポリポリ)
コメントありがとうございました。
【2009/06/24 10:32】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/118-187ce8bd



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。