La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 09
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


デパートの包装にビックリ
先日、家内の叔父さんが亡くなりました。

茨城県出身で、義父の弟さんなのですが、家内共々もう何十年とお会いしていません。

茨城県にはご結婚された娘さんがおられますが、叔父さんは東京で息子さんと一緒に暮らしておられました。

家内の話によると、娘さんは昔、学生の頃、水戸市内にある家内の実家に下宿して学校に通っておられ、家内たち(3姉妹)とは、4人姉妹のように育てられたと聞いています。

叔父さんの通夜・密葬は身内の近親者で執り行い、故人の遺志で葬儀・告別式は行いませんでした。

そんなわけで、私たちは葬儀には参列することなく、先日、お供えと一緒に香典を喪主の息子さんへ贈りました。在りし日を偲んで、お手紙をつけて・・・。


66_5B.jpg
香典のお返しが水戸市内にあるデパートから贈られてきました。水戸のデパートからということは、東京にいる息子さんが、茨城にいる娘さんに発送を依頼したのでしょう。


63_5.jpg
届けられた荷物はコレ。


61_5.jpg
こちらは外箱の反対側です。


60_5.jpg
ちょっと荷造りがヒドイと思いませんか?

外装だからバラバラにならなければ、どうでもいいというものでもないと思うのですが・・・。

自宅用ならともかく、香典返しではありますが、れっきとしたギフトですよ。

それも、個人が在り合わせの箱に入れたのならともかく、発送はデパートからです。いや、逆に個人だと、いくら在り合わせの箱であっても、こんなに古い、使い回して、切り刻んだ、落書きだらけの箱にはいれないでしょう。


67_5.jpg
もちろん、中身が傷んでいたわけではありません。

でも、受け取った側としては、このデパートに対して不愉快極まりない思いを強く感じます。もちろん、贈り主もこんなひどい包装で送られているとは夢にも思っていないでしょう・・・。

贈り主のことを考えると、なんだか淋しくなります。


ところで、このデパートの話題から少し話が脇道へ逸れますが、荷物と一緒に「ご挨拶状」が入っていました。一般に通夜や告別式で頂く、それこそ葬儀屋さんが作成、印刷した、通り一遍の「会葬御礼」のハガキです。

喪主である東京の息子さんに代わって、水戸のデパートから発送手配をしてくれた娘さん。冒頭にも書きましたが、家内にしてみれば、昔、姉妹のように育った娘さんだったので、ありきたりの印刷された御挨拶状だけではなく、「ご無沙汰しています」だけでもいい、なにか一筆、書いてくれたら気持の伝わり方が違うのにと、外装のヒドイ荷姿と合わせて、そちらのほうでもガッカリしていました。



この記事に対するコメント
ひどい
チャランポランな私の発送する荷物よりひどいですね。
香典返しとわかっていてこの包装ではお店の雰囲気、社員教育が想像できますね。
きっちりの箱がなかったら少し大きめでパッキンをすると思いますが、ひどいですね。
それにしても色々入ってますね。
実家の親戚では2~3年前から
香典返しは商品券です。
それも5万したら、お返しは25,000円の商品券。
3万したら15,000円の商品券でした。
5万なら3万、3万なら2万で返したねと話しましたが、最近はそんなものでしょうか。
確かに半返しですが・・・なんだかねぇ。

それにしてもこれはひどい。
箱はおつまみですか~~
手紙も付けて香典を頂けば、
お礼の言葉を1言添えて送りたいですね。
余計なお世話ですがこれでは益々疎遠になりそうですね。


【2009/06/11 23:14】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

奥さんの叔父さんならduolavieさんから見れば微妙な距離ですが、奥さんから見たら関係は近いですね。
【2009/06/12 01:19】 URL | 筑紫平野 #- [ 編集]

おはようございます。
う~ん!
これは酷すぎますね。
送り主がデパ-トですからねぇ。
一社員の問題ではないですよね。
【2009/06/12 09:11】 URL | こうめい #- [ 編集]

◆ぷりんちゃん
ぷりんちゃん、こんにちは。
> ひどい。チャランポランな私の発送する荷物よりひどいですね。
でしょう?ぷりんちゃんの発送・・・えっ?
いや、ぷりんちゃんのはちゃんとしてます、してます。(汗)

香典返しですが、最近はこちらでは半返しか1/3返しが多いようです。
驚くのは、福祉機関や施設へ寄附したわけでもないのに、
まったく返って来ないのがあります。
忘れているのではなく、同じ香典をついた人に聞いても
返って来ていないって。
別に香典返しを欲しいわけではありませんが、
ご遺族の常識を疑われるかもしれませんね。
【2009/06/12 12:06】 URL | duolavie #- [ 編集]

◆筑紫平野さま
筑紫平野さん、こんにちは。
> 奥さんの叔父さんならduolavieさんから見れば微妙な距離ですが、
> 奥さんから見たら関係は近いですね。

そうですね。私からは少し遠く、
家内も父方の叔父さんということであまり接点もなく、
娘さんともお互い結婚して以来、
ん十年もの長期にわたってお付きあいはないので、
現在の関係はそれこそ微妙です。
【2009/06/12 12:12】 URL | duolavie #- [ 編集]

◆こうめいさま
こうめいさん、こんにちは。
その通りなんですよ。
相手が大手の一流ではないとしても三流以上、
二流程度のデパートですから、ちょっとビックリしました。
デパートに電話をしたのですが、ご本人はお休みで上司の方に、
あまりにもみすぼらしい包装でデパート全体の品位が問われるし、
受け取った側は不愉快で、何をおいても
贈り主さんに大変失礼ではないでしょうか、とお話をしました。
上司の方、まったくその通りで、恥ずかしい次第だと・・・。
本人だけでなく、全員に啓蒙するために送り返して欲しいと言われ、
中身が傷んでいたわけではないので、空き箱だけを
当方の新品のダンボール箱に入れ越しをして送り返しました。
ちょっとイヤミなduoさんです。(笑)
> 一社員の問題ではないですよね。
これは日ごろからの上司の監督不行届きであって、
こうめいさんが仰るように担当者だけの問題ではありませんね。
ありがとうございます。

【2009/06/12 12:20】 URL | duolavie #- [ 編集]

流石duoさんですね
流石duoさんですね~~
デパートの事を考えてあげてますね。
私ならこれから利用しない店なので無視ですが、
こんな風に言って貰えとありがたいでしょうね。
事後処理がどうなったか知りたいですね。
届いた時の写真は送って差し上げたのででしょうね。
【2009/06/12 17:46】 URL | ぷりんちゃん #- [ 編集]

自分の時はちゃんとするように、連れや娘にあてて、覚え書きをしたためておくことにします。
「気持ち」の問題ですもんね。
デパートも地に落ちました。「千葉といえば京成」なのにねー。
【2009/06/12 23:29】 URL | emichan/su #- [ 編集]

◆えみちゃん
えみちゃん、こんにちは。
遺された身内の者が、どんな対応をしているのか、
本人はその時点で知るよしもありませんものね。
覚え書き・・・これは、またソツがありませんね。(笑)
日頃から、気がついたことを自分の胸の内にしまっておくのではなく、
つれあいや子供のいるところで、常日頃から語り合っていることが、
自分の考えている「気持ち」を、自然のウチに相手に伝えることに
なるのでしょう。
そういう意味で、ウチでは、気がついたこと、気になったこと、
なんでも子供たちの前で、自然のウチに身につけて貰いたいと
思って話題にしています。
【2009/06/13 15:27】 URL | duolavie #- [ 編集]

こんばんは
ぷりんちゃんのおっしゃるように
さすがduoさんですね
私もこんな店2度と使うもんかって無視します
苦言を呈してくださるお客様は企業にとっても宝ですよね
それにしてもひどすぎます ぷんぷん。

【2009/06/14 02:59】 URL | みん #- [ 編集]

◆ぷりんちゃん
みんみんさんからのコメントのお返事を書こうとして、
ぷりんちゃんにお答えしたご返事が消えていることに
気がつきました。 ぷりんちゃん、ごめんなさい。
もう一度書き直しました。
   ----------------------
写真もつけて送りました。
昨日、上司さんから電話があり、
 「確かにこの空き箱を見るとひどいです。
 duoさまがご気分を害されるのはごもっともです。
 本当に申し訳ございませんでした。
 受け取られたお客様のことも考えずに、
 香典返しを【おつまみ】などと書かれた
 古い箱に包装すること自体、
 百貨店がする仕事ではありません。
 送って頂いた空き箱の写真を使わせて
 頂くことをお許し頂いて、
 これを送った本人に限定することではなく、
 社員全員に対して、
 『この状態でお荷物が届いたら、
 お客様はどう思われるでしょうか?』
 と、社内の掲示板に張り出して
 社員全員に問わせて頂きたく思います。
 大変不愉快な思いをさせてしまい、
 心からお詫び申し上げます」

と言っておられました。
「その前に、日頃からの上司さんの
教育に問題があるのでは ないでしょうか?」
と、喉元まで出かかったのですが、 そこはグッとこらえ、
「三流のデパートじゃないのですから、
先ずはお客さんを第一に考えるデパートになって下さい」
と、いい格好をして美辞麗句を並べてしまいました。(笑)
【2009/06/14 13:52】 URL | duolavie #- [ 編集]

◆みんみんさま
みんみんさん、こんにちは。
関東の一部の地域だけにあるデパートなので、
私もここで買い物をすることはありません。
デパートのことを考えて・・・なんて、
そんなご奇特なduoさんじゃありませんが、
正直言って、注意をしないと気が収まりませんでした。
これが本音です。(笑)
それほどひどかったものですから・・・。
【2009/06/14 13:53】 URL | duolavie #- [ 編集]

おはようございます。
>当方の新品のダンボール箱に入れ越しをして送り返しました。
さすがですね。
まったくイヤミでは無いですよ。
デパ-ト側も喜んで居られると思います。(笑顔)
【2009/06/15 06:22】 URL | こうめい #- [ 編集]

◆こうめいぶるさま
こうめいさん、こんばんは。
> デパ-ト側も喜んで居られると思います。
確かに上司の方は、電話では社員全員が
ややもすると同じようなことをしかねないので、
みんなにこの梱包材を見せることで
気を引き締めさせたいというようなことを
言っておられました。
単純な私は、この上司さんの言葉を
すべて真に受けています。(笑)
でも、新品の箱に入れ越したことには、
やっぱり一方ではしっかり私のイヤミな気持ちも
入っています。(笑)
ありがとうございました。
【2009/06/15 21:56】 URL | duolavie #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバックURL
→http://duolavie.blog117.fc2.com/tb.php/108-665b58ee



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。