La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2010 - 09
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


無理が通れば道理が引っ込む・・ではいけません
尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船との衝突事件については連日報道がなされ、かまびすしく意見が交わされております。

中国側が世界へ向けて道理に合わない滅茶苦茶な発信をして日本を非難しているのに対して、日本側はやることなすことすべて後手後手に回り、海外メディアに対するアピール度は完全に遅れをとっています。

中国漁船の船長を無意味に釈放したことでは、この船長は英雄扱いとなり、中国政府は尖閣諸島が自国の領土だから当然のことと主張し、外務省は謝罪と賠償を要求する強行姿勢を崩しません。

事を穏便にと考え中国との友好関係を保つために拘留した船長の処分留保を考えたのであるなら、船長のおばあさんが亡くなった時点で、「不本意ではあるが人道的立場を優先して」と強調して身柄釈放すれば良かったのに、この時期を逸してしまいました。中途半端な釈放は中国側に対し逆に日本に非があるが如く言いたい放題の拍車をかけさせることになってしまいました。

仙石官房長官は「政治判断は検察が独断でしたこと」と言って政府の関与がなかったとしていますが、逆にこのスタンスを主張することは中国を逆撫ですることなくこれからの日本の立場を正当化するに好都合ではありませんか。

というのは、この発言により今回の釈放が国の本意ではなかったと言えるからです。政府としては「日本の領土内で起きた事件は日本の法律に則って粛々とやるべき処、一地方の検察が勇み足で政治判断にまで介入して、単独でマチガイを侵してしまった」と強調すればスジも通ると思うのですがねぇ。

野党は「検察の独断で政治判断まで踏み込んだとは考えられない」として与党を責めていますが、そんな事は言わない方が得策でしょう。それに今は与党の不備を責めている場合ではありません。ここは与野党協力して可及的速やかに良い解決方法を模索して行かなくてはいけません。

ニュース番組やワイドショーのコメンテイターも同じです。日本人であるなら日本が不利になるようなコメントはするべきではありません。下手なコメントは逆に中国の思うツボとなりますから。



正当な権利のある日本でありながら、日本の漁業関係者は漁場の操業が不安と訴え、釈放された中国人船長は機会があればまた同じ場所で漁をすると言っています。

そして今は中国の監視船が尖閣諸島周辺の海域を航行しているそうです。日本側は中国の監視船に海域から離れるよう申し入れているようですが、今となっては尖閣諸島周辺海域の警備は海上保安庁だけでは無理ではないでしょうか。自衛隊が出て行って警戒する必要性もあるでしょう。

そもそも尖閣諸島には中曽根政権の時にヘリポートまで作ったにも拘わらず、そのまま放置され活用されなかった経緯があります。

問題が起こってから及び腰で物事に臨む弱腰日本の態度は奥ゆかしさでも何でもない、むしろこの煮え切らない態度がベトナム、フィリピン、マレーシア等南シナ海で中国との領有権で揺れている6カ国にまで不安を募らせる結果となっています。

主張すべきところはハッキリと主張する、日本がアジアのイニシアチブを取るにはこうした毅然とした態度が大事です。

アジアの各諸国が、そして世界各国が事の成り行きを見守っています。やっぱり日本は大人だね、先進国だね、と世界に納得させる対応を期待しています。



スポンサーサイト

ボストン美術館「浮世絵展」
     1
神戸市立博物館で8月14日から開催されていた浮世絵展がいよいよ明日26日で最終日というので慌てて行って参りました。


2
アメリカ東海岸の港町ボストン。版画5万点、肉筆画700点の浮世絵をを収蔵しています。
3
このうちほとんどが日本初公開となる秘蔵の名品約140点が展示されています。
4
本展の出品作品は地元ボストンでも今後5年以上展観されることはないそうです。



役者似顔絵でデビューした後、美人画や子供絵に転じた鳥居清長。
5 6
左は、墨摺の背景に浮かび上がる月とその下の漁火を眺める遊女を描いた「美南見十二候 九月」。 右は童子画「子宝五節遊 重陽」。


美人画の一時代を築いた喜多川歌麿。
7 8
左は「青楼仁和嘉女芸者 茶せん売 黒木売 さいもん」。 右は「青楼遊君合鏡 丁子屋 雛鶴 雛松」。


役者似顔絵をデフォルメして個性的に描いた東洲斎写楽。
9 10
左は「四代目岩井半四郎の乳人重の井」。 右は、俗に「赤襦袢」と呼ばれている「市川男女蔵の奴一平」。


美人大首絵の歌麿のライバル的存在で、理想化された全身像美人画で人気を呼んだ鳥文斎栄之。私の好きな浮世絵師です。
11
この作品は「茶屋娘見立雁金五人男」。


長時間にわたり食い入るように作品を鑑賞したためか、見終わった後は足腰がことのほか疲れ、ロビーでしばし休憩をとりました。

時代を超えたすばらしい世界へいざなってくれた2時間あまりの至福の観賞タイムでした。




検察に騙されるなんてとても怖いことです
障害者団体向け郵便料金割引制度を悪用して虚偽有印公文書作成の罪に問われた厚労省元係長の上村勉被告(41)が「村木局長から指示があった」と証言したことから、厚生労働省元局長の村木厚子被告(54)が逮捕・起訴されたことが発端でした。

その後、この偽造の実行役である元係長の公判がありましたが、拘置中に弁護人から差し入れられた「被疑者ノート」が法定で公開され、村木被告の関与が覆されて無罪判決を言い渡されました。

このように密室で冤罪へと導かれていくシナリオについては今年の2月26日に「厚労省公文書偽造事件――密室の取り調べをあばく被疑者ノートとは」 というタイトルで記事を書きました。  

そして、今日大変なことが起こりました。この事件に絡んで一人の大阪地検特捜部主任検事が逮捕されました。

大阪地検特捜部前田恒彦主任検事(43)。起訴不起訴を決める立場の人です。
 
この主任検事は自分が作文したストーリーにおいて証明書の日付が事実とつじつまが合わなくなり、押収したフロッピーディスクのデータの日付を2004.6.1から2004.6.8.に改ざんして証拠隠滅を図りました。 文書をねつ造したのです。冤罪なんていうものは、結局このようにして始まるのでしょうね。

「データと遊んでいて、間違って日付を書き換えてしまった」

なんですって? 証拠品として押収した大事なフロッピーディスクで遊んでしまった? バカも休み休み言いたまえ。ふざけんじゃないですよ。検事ともあろう頭脳の持ち主がそんな口から出まかせ的なことをいうと、却って自分の立場を追い込み、自分で自分の首を絞めることになりますよ。

それに最高検の伊東鉄男次長検事、「控訴を断念し上訴権を放棄する・・・」と。この期に及んで「断念」と言う言葉を使いますか? 断念とは、思い切ること、あきらめること、と広辞苑にあります。証拠を改ざんして明らかに冤罪を図っておいて、控訴断念という言葉使いはどう考えてもおかしいでしょう。「検察による偏った捜査に迷惑を与え、控訴を考えることすら間違いであると認識する」とでも言うべきでしょう。

だから言われるのです。他に関与している検事がいるのではないかとか、特捜検察への信頼が根本から崩れ、組織的隠蔽の疑いが持たれるとか・・。これでは検察に対する信頼性が根底からゆらぎます。今まで公正であると信じて来たのはいったい何だったのでしょう。

過去の冤罪事件を鑑みるに今回の検事の作文は氷山の一角というものでしょう。新聞の記事にもならない小さな事件では、おそらく星の数ほどのねつ造事件があるのでしょうね。だって、一時が万事って言うじゃないですか? 

身内が身内を捜査することになるようです。これは同じ穴の狢(ムジナ)と言って、一見別に見えても実は同類であり、別の目で見る本当の捜査にはならないということです。

今後は密室での取り調べを可視化するためにビデオ撮影を義務づけるべきですね。

上村被告は弁護人に「検察に対して恐怖心を覚える。こんなことが当たり前になれば、誰でも逮捕されてしまう」と話し、村木元局長は記者会見で「大変恐ろしいことだが、担当検事の個人的な行動として済まされるんじゃないかと心配している」と話しているそうです。

押収資料を検察の都合のよいように改ざんするなんて絶対許されることではなく、検察当局の中だけで調べるのではなく、外部からも取調官を入れて本人だけではなく組織も含めて徹底的に検証し解明しなければ国民は納得しないでしょう。

大体、占領下で旧日本軍が貯蔵していた隠退蔵物資を摘発してGHQの管理下に置くことを目的に設置された「隠匿退蔵物資事件捜査部」が特捜部の前身であり、今さら検察の中にこんな特殊部門を置いておく必要性もないでしょう。もうさっさと解体して一般の検察がすべてを担えばいいのではないでしょうかねぇ。



収穫の秋
アツイ、アツイと言っていたのに、そして今も暑いのに、季節はしっかり移ろいでいます。

日中の温度はまだまだ30℃を割り込みませんが朝晩はとても涼しくなりました。夕暮れ時にウォーキングに出かけると草むらからは虫の声が聞こえてきます。

もう秋なのですね。



4
7
福井の兼業農家の友人から新米が1俵(60kg)届きました。1袋(30kg)が玄米でもう1袋は白米です。

0
時を同じくして、今度は茨城の親戚からも新米(白米)が到着です。いっぺんにお米大尽になりました。(笑)

5
福井の白米のほうをさっそく小分けして子供たちに送りました。


ブログで親しくして頂いてる友人からも秋の味覚を頂きました。

     1
     チェリー☆さんから栗を贈って頂きました。

2 3
立派な大きな栗です。
大変でしょうに毎年贈って下さり、感謝感謝です。

さっそく、新米と栗で、栗ご飯をいただくことにしましょう。

みなさん、ありがとうございました。



エコ・カー減税のあとは 環境自動車税の創設とか・・
経産省の5800億円のエコ・カー減税で9月末の補助金期限を待たず予算残高がオーバーしてしまったことで9月7日に打ち切られてしまい、掛け込みで申し込んだけれど車を買い替えられなかったという人たちが大勢おられましたね。

今日の新聞に総務省が環境自動車税を創設し、2011年度の税制改正に政府税調に提案することを検討しているという記事がありました。

従来の自動車税は都道府県税で、自動車重量税は国税ですが、重量税の税収のうち4割は市町村に譲与税として配分しています。

この自動車税と重量税を一本化して都道府県税とし、譲与税分については都道府県から市町村に交付金として配分することとし、そして新たに環境自動車税を創設し、車の排気量とCO2排出量の2段階で従来の税金とは別に上乗せ課税するというものです。

エコ・カー減税と銘打って車を買わせておいて、その後こっそりこの新税を創設し、知らず知らずのうちに減税分で拠出した補助金以上の税収を諮ろうとは・・・。

騙されたような気分になりませんかねぇ。

それに・・・新車取得時には自動車取得税が掛かります。この自動車取得税は民主党が野党時代に廃止を求めていたものですが、こちらも当面はそのまま維持するという見解が示されたようですよ。





あの時は民主党が良かったからというわけではありませんでした。そして今度も菅さんがいいからというわけではないのです。
管さんが総理大臣の要職について3ヶ月のあいだ、大事な国内・国外の政策は何もなされず、この間、普天間の問題はこじれ、「円」に至ってはついに83円を割り込む事態にまで来てしまいました。

8月20日には政府の大使人事で、昨年末に厚生労働省を懲戒処分された渡辺芳樹・元社会保険庁長官をスウェーデン大使に起用する閣議決定がなされたと知り、これには管さんは一体何を考えているのだろうかといささか驚いたものです。

思えば自民党から民主党へと政権が移った時、民主党が素晴らしいから民主党に政権を委ねよう、という考えから与野党が逆転したわけではありません。自民党に失望した反自民党の流れが民主党に票を集めただけなのでした。

先の参議院選挙では管さんの消費税発言問題を含め、総理としてのなすべき仕事が何もなされていないことから、党首としての力量・裁量を問われ今回の代表選挙に至りました。

確かに経験的な観点から見れば小沢さんのほうが日本を建て直す力を持っているかとも思うのですが、それよりも2006年以降日本の国家党首は年替わりで、この頻繁な首相交代に誰もが嫌悪感を持っていました。それと同時に小沢さんには自民党が嫌われている理由の一つと同じ「政治とカネ」の問題がどこまでもつきまとっています。

今回の代表選挙では党員・サポーターの圧倒的な票が管さんに流れましたが、これはなにも菅さんがいいからというのではなく、上に書いたように頻繁な首相交代を嫌ったことと、「政治とカネ」の問題を抱えた小沢さんを嫌って、反小沢派という観点からたまたま反対側にいる管さんに何の期待もなく流れただけのことだと思うのです。

「政治とカネ」の問題では、一年前にやっと自民党のイヤな政治からやっと離れられたところなのに、小沢さんを選べばまたぶり返されることになるのではないかという懸念を嫌った国民的観点の現れでしょう。ちょうど代表選挙直前に受託収賄・あっせん収賄・政治資金規正法違反・議院証言法違反の4件の有罪判決を上告していた鈴木宗男議員が最高裁から上告を棄却され、実刑が確定して収監されたばかりでもありましたし・・・。

国会議員の票については菅さん、小沢さんとの票は真っ二つに割れましたが、これには双方の獲得票に政治信条や期待感などはなく、小沢さんの票には選挙で世話になった連中、特に小沢チルドレンの一年生議員さんたちの票が入り、獲得数を押し上げたのではないかとも思え、反面、管さんの票の中には3年間衆院選をやらないとする発言から獲得票の中には安泰を求める議員さんたちの票が数多く含まれていたのではないかと思われます。従ってこれらの議員さんの票は国民の意見を反映しているとはどうしても思えないのです。

それはともかく、結果として菅さんが再選されたのです。今、ここでウダラクダラ言っていても始まりません。もう決まった事ですから。それよりも再選された管さんは代表選を制した喜びに浸っている場合ではありません。本当は喜びの挨拶はほどほどにして、あの会場で、上がり放題の強い「円」に対する解決策を、間髪を入れず即発表して貰いたかったと思いました。

エヘラエヘラ笑っている場合ではないのです。組閣も大事でしょうが、先ずは早急に円売りに介入して急騰している「円」を引き下げる施策をとって下さい。



ハンドベル コンサート
1
頌栄短期大学OGにより結成された「ベル・グローリー」の第24回ハンドベルコンサートが9月12日夕方5時より日本キリスト教団神戸教会で開催され、友人のガールフレンドが出演するとのことで聴きに行って参りました。

2
教会の天井は高く、礼拝堂の正面にはパイプオルガンが据えられています。今日はその重厚な演奏を聴くことはできませんでしたが、その天井にまで届くパイプオルガンの奏でる音色はきっとチャペル全体を荘厳な雰囲気に包み込むことでしょう。

3
さて、お話をハンドベルにもどしましょう。頌栄短期大学は保育科のみの短期大学で日本最古の歴史を有する保育者養成機関です。大学でハンドベルに出会い、そしてハンドベルに魅せられた卒業生たちが保育の仕事や我が子の育児に勤しむかたわら週に一度集まって練習して来たそうですが、現実は全員が一同に揃うこともままならない状況だったようです。

それでもハンドベルの楽しさと美しさに魅了されたOGたちの熱意が今回第24回目のコンサートを開くに至りました。

     4
今日のコンサートは入場無料でしたが、教会での催しということで帰りに献金をさせて頂きました。この日の献金は阪神淡路大震災育児育英基金「くすのき基金」と、重度の知的障害者施設「止揚学園」へ寄附されるということです。


ところでハンドベルとは、もともとは教会の塔に取り付けられた音色の違う数個から数十個の大きな鐘の音程を、予め手元で組み合わせてテストするために考案されたものでした。

楽譜はピアノと同じ記譜法で、その中から自分の担当する音だけを拾い出して演奏するため協調性が何よりも大事で、ハーモニーを崩さないためにも集中力やリズム感が強く求められます。

ベルの数も2オクターブでは25個、3オクターブは37個、4オクターブは49個、そして5オクターブとなると61個となり、それぞれ曲によって使用するベルの数が変わり、また奏者の人数によって1人あたりのベルの使用数が振り分けられるそうです。

ベルは高音部のものは220g程、低音部のもので4kgあるといい、特に大きいものでは量った事はないけれども6kgほどあるのではないかと指揮者で頌栄短期大学学長の阿部恩氏は言っておられました。

5 6
この素晴らしい演奏をお届けできないのが残念ですが、透き通った音色に酔いしれた2時間弱の心地よい一時でした。

ベル・グローリーの今後の活動は12月12日(日)18:00よりここ神戸教会においてクリスマスコンサートを、そして年が明けて2011年1月16日(日)15:00から頌栄短期大学チャペル(大講義室)で「阪神・淡路大震災16年メモリアル ハンドベルコンサート」を企画しております。



一・十・百・千・万・億・京・垓・・・那由他      そして・・・不可思議
助産師が新生児へのビタミンKを投与せず死亡させた事件は耳新しいですが、最近何かと話題に上がるホメオパシーなる代替医療法は200年以上もの歴史があるのですねぇ。

特にイギリスではこのホメオパシー代替医療の人気が極めて高いと聞きました。

ある病状を引き起こす成分をそのままでは有毒であるので水で100倍に希釈する作業を30回ほど繰り返し、それを砂糖に染み込ませて飲む・・・。

ふぅうん。

100倍に希釈する作業を30回ほど繰り返す――これは10の60乗で、百・千・万・億・京・垓・・・と繰り上がって行った先にある「那由他」(なゆた)という単位であると先日新聞で学びました。

ふぅうん。

新聞には「那由他」のもっと先の単位は10の64乗で、これを「不可思議」というと書いてありました。

ふぅうん。

凡人にはホメオパシーなる代替医療にもついていけませんが、那由他や不可思議という気が遠くなるような数字の世界にもついて行けません。

ふうぅぅ・・・。




もう少し・・私が私であり続けられそうです(笑)
   1
   台風一過、昨夕の神戸は夕焼けがきれいでした。
   この後、中部から関東にかけては大変だったようですね。
   被害に遭われた地域の皆様の御見舞を申しあげます。


私ごとですが、しばらくブログを放置して遠ざかったままになっています。
ブログをのぞいて下さっているであろう皆様には本当に申し訳ありません。
取り敢えずは元気にしておりますので他事ながらご休心下さいませ。


ところで今回記事をあげておりますがここに帰って来たわけではありません。

実はぷりんちゃんからギフトが届き、贈って頂いたものの一つが過去に書いた記事 とも関連があることから御礼を兼ねて記事にあげました。

             2
孫が喜ぶものと、オクチャマが喜ぶもの、そして私が飛び上がって喜ぶものを贈って下さいました。



                 先ずは孫が喜ぶ「飾り切り」の本。 
                 3
       4
食卓のディッシュをかわいい野菜やウィンナで飾れば孫が大喜びすることでしょう。一般に市販されていない本だということで貴重です。早速お嫁ちゃんに送る事にしましょう。


   シャネルのケースです。何が入っているのかと開けてみると・・
   5
   シャネルは箱だけ ―― 中の包装袋にはFrancfrancの文字が・・(笑)
                 6
   袋の中身はスパンコール製の小銭入れでした。
   オクチャマにということでぷりんちゃんとお揃いのようです。
   リボンがとても印象的でカワイイですね。



             こちらは私にと――
             7
   8
               ええっ? 
   廃盤になったグッチの ENVY for MEN じゃないですか。

今年はじめにデパートとメーカーにそれぞれ1個ずつ残っていた最後の商品を取り寄せてもらい、これを使い切ると私が私でなくなると大騒ぎしたオードトワレです。

よくぞ覚えていてくれましたね。そして見つけてくれてありがとう。ぷりんちゃん、大好きですよ~ン!! これはちょっと問題発言?(笑)

高価なものをどうもありがとうございました。

おかげ様でもうしばらくの間、私が私でいられそうです。大事に使わせて頂きます。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。