La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2010 - 01
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「アバター」 観るのではない そこにいるのだ
              .
観るのではない そこにいるのだ
というキャッチフレーズに釣られて、話題に乗り遅れてはならじと、先週末にこの3D映画を観てきました。

映画のストーリーについては、多くの人があらすじや感想を述べておられますので、私は一言だけ――
「宇宙のかなたにある惑星を舞台に、主人公や生物学者ら一部の人間が先住民に化身して部族に入り込み、そこで得た情報をもとにその星を支配しようとする人間と先住民たちとの戦いを3DとCGの映像で見せるSF映画」
そして思わぬ展開があり・・・・・と書いておきましょう。

4

史上最高の興業収入18億4290万ドル(約1660億円)を誇った「タイタニック」のジェームス・キャメロン監督が12年ぶりに発表した3DとCGを駆使して創り上げた映像は、前作が1年半かけて達成した記録を、昨年12月18日の全米公開から1月25日の時点で18億5500万ドル(約1670億円)と僅か39日間であっさりと記録を塗り替えてしまいました。

現在110の国と地域で公開されており、まだ上映が始まったばかりなので記録はどこまで伸びるのか想像もつきません。日本でも26日現在の興業収入は70億円を突破したようです。

3

タイトルの「アバター」はヒンドゥー語が語源で「化身」という意味です。ヒンドゥー教の救済の神ヴィシュヌは人や動物など10の姿に化身しますが、この化身をアバターラ(アヴァターラ)と言い、英語表記したものがアバター(アヴァター)です。

余談ですが、ヒンドゥー教ではブッダ(釈迦)をヴィシュヌの9番目のアバター(化身)と見る説もあるようです。ブッディスト(仏教徒)はこれを否定しているようですが・・・。

さて、私が劇場に足を運んだ時間はお昼の12時過ぎ、3D字幕の次の上映は13時です。ところがこの時間帯のチケットはすべて完売で、その次の16時30分も前列4列を残すのみでした。聞くところによるとあまり前すぎては気持ち悪くなるし、またスクリーンをを見上げる感じになるので条件的には好ましくないらしいです。

やはり好条件で観たいということで、最終回の20時上映の一番いいと言われる正面中央の真ん中より少し前あたりの席を確保しました。

1 2

昔、立体映画と言われた頃、矢張りメガネを掛けて見たことがありました。片方のレンズが青、もう片方は赤でした。メガネを外すと像はブルーとピンクの二重となり、まったく見られたものではなかったことを覚えています。

当時は2台のフィルム映写機で上映していましたが、「アバター」はフィルムではなく、3D-DVD映写機1台での投影で、メガネもピンクのレンズはなく両眼ともグリーンです。ただ、このグリーンも左右多少の色差があるようです。

両レンズの真ん中に受光部があり、投影された画面から発信される信号をキャッチします。その信号により左右のレンズを特殊信号シャッターで左右代わりばんこに素早く閉じたり開けたりして映像を取り込むと聞きました。ですから、受光部を覆ったり、電池が切れたりすると3D映像にはなりません。

私が観たこの時も、観客の中には始まってすぐにメガネを取替に行った人や、終わってからメガネを返す時にスクリーンの画像が赤く染まってちゃんと観られなかったと苦情を言う人がおられました。

1 2 3
4 5 6
7 8 9
10 11 12

映像は3DとCGを駆使した圧倒的な技術の粋と言えるでしょう。3Dは昔の飛び出す映画というイメージよりも、むしろ奥行きが深いという印象を受けました。CGの人物の動きは俳優さんが実際に演技をし、その動きや顔の表情を特殊カメラで撮影して、それをコンピュータで描き出すという技法を用いていることから、動きや表情にぎこちなさや違和感は感じられませんでした。


オクチャマは絶壁に沿って急降下する場面などを観て少し酔ってしまい気分が悪くなるところもあったようですが、私はそんなこともなく娯楽映画として最高に楽しむことが出来ました。

料金は地域によって2000円~2100円と差があるようですが神戸は2100円です。私たちは50yrs夫婦割で観てきました。通常の映画では夫婦割は一人1000円なのですが、「アバター」は300円アップの1300円でした。


スポンサーサイト

新聞配達のおにいちゃんから
新聞配達員のおにいちゃん、夕刊を届けてくれて、なんだかお話しをしたそうな素振りです。

すると、もじもじと「実はボク、今月で販売所をやめることになりました」。

「ええ~、やめちゃうの? 淋しくなるねぇ。いよいよ家業を継ぐんだね」。

ご実家が新聞販売所を営んでおられ、現在は修行中の身なのです。

「いえ? まだ家業には入りません」

何か事情があるのか、あまり根堀り葉堀り聞くのもはばかれるので、それ以上は聞きませんでしたが、遠くへ行ってしまうわけではなく、この近くにいるということなのでまた街なかで会える機会はあるようです。

彼はとてもマジメな好青年です。2年間の間、一度たりとも休んで別の配達員と交代したことがありません。

「こんにちは」と挨拶をして中まで持ってきてくれるので、「ご苦労さま」と言って、暑い時には缶コーヒーをあげたり、節分には豆を、またお雛さまにはあられをあげたり・・・バレンタインの時には相手に負担をかけてはいけないので、家内は「あげっきりなんだからね。お返しはナシよ」と断ってチョコレートをあげたりしていました。もちろん彼だけではなく、他の新聞屋のお兄ちゃんにも宅配便のお兄ちゃんにも誰にでもそうしてきました。

ところが、上げ切りでお返しナシと断っているにも拘わらず、彼はホワイトデーには評判のお菓子を持ってきてくれて却って恐縮することがありました。 

そんな彼が、「いつもよくして頂いてありがとうございました」と言って後ろ手に持っていた紙袋を「御礼です」といって差し出しました。

ええ~。毎朝毎晩欠かすことなく配達してくれて、御礼を言うのはむしろこっちの方じゃないの、と言ったのですが、「バウムクーヘンなので冷蔵庫に入れておいて下さい」と言っておいて帰りました。


神戸では何と言ってもバウムといえば「ユーハイム」です。もちろん彼が持って来てくれたバウムも当然ユーハイム。それも神戸本店オリジナルのアッフェルバウム。本店限定商品でマイスターの手焼きバウムでした。

1

2 3

包みを開けると、中から真っ赤なリンゴが・・・。

4

アッフェル(=リンゴ)を模した赤い包装紙の中のまあるいバウムをカットすると中央にある丸ごと1個のりんごが幾重にも重なったバウムの層に包み込まれています。

4 6

ウチでは、ユーハイムのバウムはほとんどデパートで買って来るので、実は本店にこんな限定商品があるなんて知りませんでした。またしても彼に人気の商品を教えて頂くことになりました。

さっそく頂きました。甘酸っぱいりんごとしっとりしたバウムとのコラボレーションは実に絶妙でとても美味しいです。

ところで、頂きっぱなしではいけません。まだ数日は来られるので、その間に何かお餞別を考えなくっちゃ・・・。彼はまだ若いので、やっぱりお金が一番いいかなぁ?(笑)

遠くへ行くわけではないと言っておられたので、また近いうちに何処かでお会い出来るかもしれません。お元気にご活躍されることを祈っています。



バッテリー充電のために走ったのですが・・・
相変わらず忙しい毎日が続いています。

車もしばらく乗っていません。

ひょっとしたらバッテリーが上がっているんじゃないかと心配になりました。上がっていたら、またJAFさんのお世話にならないといけません。

おそるおそるエンジンを掛けてみました。

掛かりましたぁ~ピース

私の車では30分やそこら走るぐらいではまったく充電はできないと以前にJAFさんに聞いていたので、せめて1時間以上は走り回ることにしました。

で、阪神高速を西に向かって乗っかったのはいいのですが、ちょっと失敗をしてしまいました。途中から北へ進路を変えて六甲山の裏側を回ってぐるりと一周して来るつもりでしたが、オクチャマとのお喋りが過ぎ、北へ入るジャンクションを、ついうっかり通り越してしまいました。(汗)

高速を下りたら済むことなのですが、けったくそが悪いので、そのまま西へ西へと走り続け、とうとう岡山に入ってしまいました。(笑)

1

余談ですが、「けったくそ」は方言なのかと調べてみましたらちゃんと広辞苑に載っていました。「卦体糞(けたいくそ)」が転じたもので「けたい」とは、いまいましいこと、と出ていました。(ホッ)

話を元に戻します。

せっかくここまで来たので、瀬戸内海を渡って親しい四国の友人に会って行くべ(こっちの方が方言甚だしい=笑)ということになりました。彼女はご主人の都合で昨年の秋に神戸から香川県のご主人の実家に移り住まれたばかりです。

久し振りに瀬戸大橋を渡りました。

2

彼女のお家ではご主人もおられ、丁度1時間お喋りに花を咲かせ帰途につきました。

バッテリー充電のための小一時間、長くても2時間以内の走行のつもりでしたが、こんなに遠くまで来てしまい、忙しい、忙しいと言っているにもかかわらず、お昼すぎから7時間も遊んでしまいました。

それでも久し振りに友人に会えましたし、ドライブも楽しめましたし・・・、気分転換になってよかったかも。

片道換算で、阪神高速が350円、第2神明が300円、高速道路が1000円、瀬戸大橋が1000円・・・。片道210kmを30~40分のパーキングエリア休憩を入れて約3時間のドライブでした。



15年目を迎えた追悼の日
阪神・淡路大震災から15年の月日が流れました。

1 e

この日は私たち神戸市民にとって、癒えることのない鎮魂の日です。

2 3

神戸の各地ではさまざまな追悼式典が催されました。

4539_48

こちらは神戸駅前の地下街、DUO神戸の「震災15年 未来に伝えたい」の会場です。「安全に、安心に暮らすために」という副題のもと、震災当日の写真、復興中の写真を各地域ごとに展示しています。

4540_155    4553_155

その一角の兵庫県栄養士会のブースに「守る・備える~備蓄食品の展示」コーナーがありました。係の人もいず、覗いている人もいないひっそりとしたコーナーでしたが、積んであるパンフレットを頂いていると、いつのまにか係の人が現れて、美味しい防災食と銘打ったレトルト調理された筑前煮や梅がゆなどを下さいました。

4545_155 4543_235

こちら神戸文化ホール大ホールでは、第6回追悼コンサート「いのりのとき」が開催され、友情出演で駆けつけたNHKの村上信夫アナウンサーが司会をつとめ、伍芳(ウーファン)さんが中国古箏でゲスト出演されました。

伍芳さんは、選曲に散々迷ったようですが、阪神淡路大震災で亡くなられたお姉さんが大好きだった曲、「雪山春暁」を独奏されました。この曲は厳寒の雪山に春が訪れ、雪が溶けて川となり万物は再び蘇るという春を迎えるチベットの祭りをテーマにした作品です。

もう一曲はこのレクイエムプロジェクトで作曲家の上田益(すすむ)氏が伍芳さんのために作曲した新曲で本日初演の「星光(ほしあかり)」です。こちらは中国古箏と室内アンサンブルの共演でした。

4552_48

追悼コンサート「いのりのとき」は阪神・淡路大震災から10年目となる2005年から行われているコンサートですが、今年は15年目の節目ということで、神戸ルミナリエでもお世話になっている作曲家、上田益氏が、震災の記憶を風化させることなく次の世代へ語り継ぐこと、そして神戸や国内のみならず世界中の被災地への思いを神戸から発信することを目的として、一昨年から2年がかりで10部作の「レクイエム」(演奏時間35分)を作曲完成させたものです。

今回の初演発表では、ヴァイオリニスト森悠子さんが率いる長岡京室内アンサンブルが演奏、100名の追悼コンサートいのりのとき合唱団が参加しました。この合唱団は中学1年生から80歳までの被災者を中心とした方々で、それぞれの追悼の思いを胸にステージに立ちました。

黙祷から始まったコンサートはとても素晴らしいもので、おかげさまで今日のこの追悼の一日を有意義に過ごすことができました。
感謝。


2010年1月現在の阪神・淡路大震災の被害状況は――
死者6434人、行方不明者3人、重軽傷者4万3792人。
全壊家屋10万4906棟、半壊14万4274棟、一部損壊39万506棟。
合計63万9686棟

15年前のこの日の犠牲者のご冥福を祈ります。

また、先日12日(日本時間13日)に、阪神・淡路大震災の規模にほぼ近いマグニチュード7.0の地震(阪神・淡路大震災はM7.3)がカリブ海ハイチで発生しました。追悼日の4日前だっただけに身につまされる思いでした。

国連の発表によりますと、被災者数は約300万人。死者数は5万人とも20万人とも言われていますが、正確な数はなお不透明のようです。同国政府の発表によりますと、家屋を失った被災者は約30万世帯、約150万人に上るとの見方を示しております。(被災者数は1/20付日経調べ)

地球の裏側で被災され、犠牲となられた方々のご冥福をお祈りします。

合掌。



◆2007年の記事 1995年震災直後の手紙 クリック
  疎開先から皆さんに宛てた手紙(第一信 と 第二信)

◆2009年の記事(こちらからは下の①と②が両方一度に開きます) クリック
  阪神・淡路大震災 ① 語り継がなければならない記憶 クリック
  阪神・淡路大震災 ② しあわせ運べるように♪ クリック

              (この歌をご存じない方は是非・・・)


トップ4枚の祈りの写真は毎日新聞さまより拝借致しております。

宗清弘(Tb) 門下生ライブ
アロー・ジャズ・オーケストラ

今年結成51周年を迎える日本を代表するビッグバンドの1つ 「北野タダオ&アロージャズオーケストラ」


このジャズオーケストラの本拠地ともいえるライブハウス「Live Spot Arrow」では、アロージャズオーケストラはもとより、日野皓正氏(トランペット)、北村英治氏(クラリネット)、木村充揮氏(ボーカル)、また、ばんばん、坂本スミ子さん、岩崎宏美さん、渡辺真智子さん、阿川泰子さんら多彩なゲストを迎え、グレードの高いステージを繰り広げています。

logo2.jpg


我が社の取引銀行で在職中に懇意にさせて頂いていた支店長がいらっしゃいましたが、彼は定年を待たずに50の声を聞いてまもなく、お勤めしていたメガバンクを退職されてしまいました。

その後も個人的にずっと親しくお付き合いを続けさせて頂いておりますが、退職された理由は趣味のトロンボーンをやりたかったからとか。

その後、彼は趣味のトロンボーンに打ち込んでおられ、また日本のジャズの発祥地神戸を拠点にジャズを愛するミュージシャン、プロとアマチュア混成のメンバーで活動する「Pochi Jazz Club」に所属して活躍しておられ、宗清洋氏にも指導を受けておられます。


今回、宗清洋氏(トロンボーン)の門下生ライブがあり、行ってきました。

宗清洋氏は1969年シャープス&フラッツと共にアメリカ・ニューポート・ジャズ・フェスティバルにゲストとして参加。その実力を認められ、以後、バディ・リッチ・オーケストラ、ギル・エバンス・オーケストラ来日の際に参加するなど世界に誇るトロンボーン奏者で、74歳の現在も演奏活動を続けながらアロージャズスクール、大阪音楽大学の講師として後進の指導にあたっておられます。

       1_23

トロンボーン奏者の向かって右端が宗清洋氏です。後ろのドラマーは関西地方で開かれるNHKのど自慢大会の演奏者でもある澤雅一氏です。トロンボーン奏者残りの4人は門下生ですが、向かって左から2人目は学生さんで、最近なにやらすごい賞を獲得されたとか・・。

2_48

写真にはありませんが、アルトサックス、フルート、ヴァイオリンの奏者も含め、1stステージ、2ndステージを通じて全19曲、楽しいジャズライブの一夜を楽しんで参りました。



この証言でこの人の人生は終わったかも・・
小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入問題で、その資金の出所が、ゼネコン側からの裏献金であるのか、旧自由党解散時の未返還の政党交付金残金なのか、或いは小沢氏個人の裏金なのか、いずれハッキリする時が来るでしょう。

小沢氏の疑惑がどう展開するかは東京地検特捜部にまかせることにして、今回私が気になったのは不動産会社を経営するある男性(41)のことです。

この男性は、2008年9月から2009年7月まで、小沢氏の元私設秘書で特捜部から任意の事情聴取を受けた石川知裕衆議院議員の私設秘書でした。

14日、永田町の自民党本部で開催された勉強会に招かれて出席した男性は、昨年3月西松建設献金疑惑で家宅捜索が実施される直前に、石川氏から指示されて事件にかかわる資料を持ち出したと証言、既に昨年12月には検察当局に「証拠隠し」の上申書を提出していることをこの席上で明らかにしました。

小沢氏や石川氏の言動については今議論するつもりはありませんが、この男性の暴露証言については、善し悪しの分別はともかく、この行為により「この男はこれで終わったな」と思いました。


2009年7月に石川氏の秘書をやめた理由も、希望していた今年夏の参院選比例代表の候補になれないことが分かったからのようです。

その腹いせかどうか、それとも今度は自民党議員の秘書になって参院選に臨みたいからなのかどうかは知りませんが、憎しみや鞍替えのためにこんなに何でもかんでも軽はずみに喋ってしまう男は人格が疑われ、信頼を失います。こういう人は今度何かあった時には、それこそ今回と同じようにまたペラペラと喋ってしまうと見られてしまいます。

献金疑惑の中でこの人のとった行為が正しいことであったかもしれません。また叡智に長ける頭脳明晰な人なのかもしれません。しかし、いくら正しい行為であったとしても、また自分たちに都合のいい情報をもたらしてくれる人であったとしても自民党の議員さんは、おそらくこの人を雇ったり秘書にしたりはしないでしょう。なまじっか雇ったりすると、新しい火種で今度は自分が火傷を負いかねませんから。

今回の渦中の問題がどうであれ、人と人との信頼関係はそんないい加減なものではないということです。今回のこの男性の行動を見た彼の友人たちはどう思うでしょう。今までの旧い友人すら失いかねません。少なくとも私がこの人の友人であったなら身を引きます。この人は男を上げたつもりだったかも知れませんが反対に男を下げてしまいました。この人の薄福少徳の人生は、今後昇り方向に転ずることはないだろうなと、今朝の新聞を読みながら思いました。



草食男子と肉食女子
昨年暮にユーキャンが発表した流行語大賞の中に「草食男子」というのがありました。

協調性が高く、家庭的で優しいが、恋愛に積極的でないタイプ。

これって、まるで私のこと?

と思っていたら、20代・30代の世代限定らしいですね。

私は年齢的に当てはまらないようです。

そして、その草食系男子を攻略する肉食系女子が増殖中とか・・。

我が家の草食系女子たちも肉食系女子に変身して、早く片付いて貰いたいのですが・・・。


草食系おじんのぼやき(これも流行語大賞の1つでしたね)でした。(笑)



新型の出現で季節性インフルが消えた?
インフルエンザのシーズンに入る前にと、昨年11月はじめに季節性インフルエンザワクチンを接種して貰いました。

現在の季節性インフルエンザワクチンにはAソ連型、A香港型、B型の3種類の抗原が入っています。

新型インフルエンザのワクチンは量が足らないことから、重篤な病気を持っている人から順番に、妊婦や乳幼児、小学生とワクチンが接種されていますが、一般人の接種はまだ先の話です。

ところが、新型インフルエンザ以外でのウイルス検出は、今シーズン12月はA香港型、Aソ連型ともにゼロで、10月終わり頃に1件報告されて以降現在まで出ていないらしいです。

この現象は、1918年のスペイン風邪以降何度も繰り返されてきていることらしいですが、新たなウイルスが出現すると、それまでのウイルスが淘汰されてしまうようです。

なぜ淘汰されるのか、そのメカニズムはまだ分かっていないらしいですが、来シーズンのワクチン製造に向けてどの抗原を入れるかそろそろ決めなければならない時期でもあり、製造にも影響が出そうと新聞に出ていました。

今の新型インフルエンザは豚インフルエンザからの変異ですが、鳥インフルエンザから人への感染が起こるとこんなことでは済みませんでしょうね。おそらく世界滅亡の危機に瀕するのではと案じます。お~怖わぁ~~。


新聞記事はコチラから
    ↓
[続きを読む]

神仏を頼まず・・って、それは無理ですっ!
十日戎。
今年は宵えびす、本えびす、残りえびすが土日祝と重なったので少しは分散するかと思っていましたが、相変わらずの人出です。不況のどん底で、それだけ神頼みする人が多いっていうことですかね。
1
カメラの位置は毎年福男が走るコースの最初のカーブです。
本殿へはこの行列の先頭から左に折れます。

3 4 5
行列は拝殿に続きます。お祓いを受けて拝殿の門をくぐると・・正面に本殿があります。

    6
拝殿には本まぐろが奉納されていて、みなさん硬貨を貼り付けています。

7 8
拝殿を出ると御札や御守り売り場がならび・・さらにその先に福笹売り場が通りの両側に並んでいます。


13 12
相変わらずの見世物小屋や食べ物屋さん、射的場などが所狭しと並んでいて、どこも盛況です。おや、今年初めてお目見えしたお店がありました。コックさんでしょうか、インド人もいます。場違いな雰囲気がしないでもありません。そのせいなのか、ちょっと様子が変です。
        (14).jpg
人通りからはカレーのいい匂いが漂ってくるのですが、お客さんが一人も入っていません。数ある他の食べ物屋さんはどこも満席に近いのにどういうことなのでしょう。お姉ちゃん二人が懸命に大声を張り上げてパフォーマンスをしながら呼び込んでいるのですが・・・。この神社の境内でなかったらこんな風ではなかったのではと思うと、厳しさに身をつまされます。この後どうかお客さんがいっぱい入りますように・・・。


ところで、宮本武蔵の言葉に・・・
[続きを読む]

指宿土産
IMG_4474T_20100111172510.jpg ぷりんちゃんからお土産
[続きを読む]

正直・・・慌てました
昨年12月のドサまわりから帰って来た時、11月末に受けた健康検査の結果が出ていました。

ところが・・・・・。

何? これ。

マーカーでチェックを入れられた「↑」マークの項目がいっぱいあります。

特に「血糖値」と「中性脂肪」が、やばいです。

「血糖」の標準値が、70~109mg/dlであるのに対して、200もあります。

中性脂肪は、50~149mg/dlに対して、150です。

正直言って慌てました。

糖尿になったらえらいことです。美味しいものも食べられません。大好きなお酒も飲めません。ドサまわり中の不摂生で数値はもっと上がっているでしょう。

これは、もうガンバって運動と食事療法で自分で落とすしかありません。

で、最近の記事でお見せしているような粗食となり、運動のほうも仕事が終わってから毎晩(でもありませんが、ほぼ毎晩のように)自転車で約15km、自転車で走れない時は早歩きで約5kmの運動をしています。そして、お正月は少し飲みましたが、晩酌もやめました。

お正月には風邪気味となり、1週間ほど完全に休んでしまったので、また数値が元に戻ってはいないかとちょっと心配です。

そして昨日、おそるおそる再検査に行ってきました。

その結果です。
[続きを読む]

粗食に耐えて
1
夕べの粗食
[続きを読む]

これ以上ヘルシーな料理はないとか・・
1

今日のお昼ご飯。
にゅうめんとブロッコリー。車麩の酢の物に小松菜と油揚げの煮びたし。
いたってつつましやか・・・。

2

にゅうめん。
トッピングは頂き物ばかり・・・
北海道の長芋とろろ、福井の太白おぼろ(とろろ昆布)、三国産のわかめ、無農薬のネギとユズ。買ったのはブラックタイガーだけ。(笑)
自家製の七味を振りかけて頂きました。

3

ブロッコリー。
こちら無農薬のブロッコリーにぶっ掛けたものは・・・
マヨネーズじゃありません。
先月夜中の通販で買った下ごしらえ調理器を使って、お豆腐とオリーブオイルとノンオイルのシソドレッシングをミキシングしたソース。
とろとろになったものをたっぷりとのせてすりゴマをかけたもの。マヨネーズのように卵黄やサラダ油を使っていないいのでとてもヘルシーです。

私の健康に気を遣ってくれるオクチャマなのでした。いや、待てよ。ひょっとすると自分のためか?(笑)


テレビ・ショッピングの回し者じゃありませんが、夜中の通販で買ったこの下ごしらえ調理器は、なかなかのスグレモノですよ。
   ↓
[続きを読む]

すずな すずしろ・・・
いつもの朝食は、食パン半分、紅茶4~5杯、カスピ海ヨーグルト、それにサプリです。

サプリは朝食か? なんて、そんなかたいことは言わないで下さい。(笑)

今日は七草です。

で、パンはやめて、七草がゆ・・・。

kayu

と、言いたいのですが七草を買ってきていなかったので、取り敢えずあるものだけで・・。(笑)

日ごろ台所にあるものって・・・2つだけでしょう。あっても3つかな? 芹があればですが・・。

ですから、今日の朝食は粗食もいいところ――大根と蕪だけの二草粥です。

黙っていれば、写真を見ただけでは分からないっしょ。(笑)

もうバレてますって。 えっ? うっそぉ~~!(爆)



いただけない世界第2位・・借金大国 「日本」 
世界一の高さを目指した「東京スカイツリー」も4日に完成したドバイの「ブルジュ・ハリファ」にあっさりと抜かれてしまい、完成前に世界第二位に甘んじております。(笑)

ところで、こちらの世界第二位はちょっといただけない話です。

米中央情報局(CIA)が世界126カ国・地域の対GDP債務残高比率を調べたところ、日本は172.1%(2008年概算値)で世界第2位の「借金大国」なんですって。(日経)

1位はアフリカのジンバブエで265.6%ですが、これは最貧国というお国柄仕方がないでしょう。G7(主要7カ国)の中でみると、イタリアが最も日本に近い5位ですが、それでも105.8%。世界最大の経済大国である米国は37.5%で61位です。日本の比率の高さは先進国で突出しています。

債務残高の名目国内総生産(GDP)に対する比率が高いほど返済能力に問題があると見られているそうです。比率の高さが物語る財政の悪化は深刻な問題だと日経の記事は綴っています。

今は銀行預金を通して個人マネーが日本国債の安定消化を支えているが、社会の高齢化に伴い預貯金へ回るお金は減る。国債がさばけなくなれば、財政のやりくりは一段と難しくなると。また、鳩山政権下では、なにかと歳出拡大圧力が働きがちで、国債には増発圧力がかかることから、財政健全化の道筋は視界不良で「借金大国」の汚名は当面返上できそうにはなさそうとも。


オバマ大統領が来日した時には、大統領から世界第二の経済大国とおだてられたばかりなんですけどねぇ・・・。
世界第二の借金大国というところを言い間違えたのでしょうか。(笑)

デフレが宣言され、二番底の懸念ありと言われる厳しい経済下において、バラマキ政権と言われる現政権が先月25日に決定した2010年度政府予算案は新規国債を44兆3030億円発行するというものでした。これは2009年度より11兆円もの増加です。

どんどんと膨らむ一方の借金は返済を先送りするばかりで、果たしてこの先返せるメドはあるのでしょうか?

反面において、政権交代してまだ3ヵ月しか経っていない新政府ですから、今すぐどうこうしろと言ってもそれは無理な話です。そんなに短期間で50年にも亘って偏向してきた政治を変えられるわけもないでしょう。

だからと言って、破綻寸前の財政を時間を掛けていてはどうにもなりませんが、リーマンショック以来の世界の経済状況を見ても鳩山総理を取り巻く環境がとても厳しいことも事実です。ここはある程度時間が掛かることを理解しないといけないとも思います。

もう少し様子をみてみましょう。まったく血を見ない大手術はあり得ないことですし・・・。


そんな矢先・・・

鳩山政権の要、藤井裕久財務相(77)が5日、体調不良で通常国会の審議を乗り切れないことを理由に閣僚を辞任する考えを周辺に漏らしていることがわかり、鳩山由紀夫首相がこれを慰留しているというニュースが流れました。蔵相経験の手腕を期待した鳩山政権にとっては予算審議前に大きな痛手を被りますね。

さらに、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる問題で、東京地検特捜部が小沢氏に対し、近く任意の事情聴取に応じるよう要請する方針を固めたというニュースが同じ5日の日に流れました。本人が要請を拒むこともあり得るようですが、ここへ来て、また鳩山政権を揺るがす大きな山場となりかねません。

民主党も大変ですね。

宇宙人ジョーンズが缶コーヒーを飲みながら・・・「この惑星の住人は・・・いったい何処に向かおうとしているのか?」と、言ったとか言わなかったとか。(笑)



世界一の超高層ビル、テロの標的にはならないの? 
アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ首長国政府が、政府系持ち株会社の総額590億ドル(約5.4兆円)に上る債務返済の猶予を求めたことがきっかけで、世界の金融市場に衝撃が広がり、相場が大暴落したあのドバイショック。

建設ラッシュに湧いた砂漠の中に何十棟もそびえ立つ超高層ビルもバブル崩壊で半値以下に落ち込んでしまいました。

そんな中、4日夜にはドバイの象徴ともいえる世界一の超超高層ビル「ブルジュ(=塔)・ドバイ」(高さ828㍍)の完成式典が開催され、名称が突然「ブルジュ・ハリファ」と改称されました。

UAE大統領でアブダビ首長国のハリファ首長が、金融危機に苦しむドバイへ250億ドル(約2.3兆円)の支援をしたことを讃えての改称とか。

総工費15億ドルを掛けた160階建のドバイを象徴する「ブルジュ・ハリファ」は、1~37階はジョルジオ・アルマーニが手掛けたホテル、45~108階はやはりアルマーニが担当した高級マンションで、109階以上にオフィス街等が入る予定らしいですが、まだ半分以上売れていないらしいです。

アブダビ首長の名を冠し、世界一の最高層ビルと騒がれ、華やかな花火に包まれた完成式典が催されましたが、この後、採算ベースに乗らなかった時にはどうなるのでしょうね。その時はハリファ首長の名も失墜するからと、またまた改称するのでしょうかね?

世界一の建造物は、今までは「台北101」(508m)でした。建設中の仁川タワー(610m)や広州テレビ観光塔(610m)に対抗して、24mもかさ上げして世界一を目指した東京スカイツリー(634m)もこの「ブルジュ・ハリファ」の出現で、あのかさ上げは何だったのかと言われそうですが、完成を待たずしてあっさりと世界一を奪われてしまいました。

老婆心ながら、このビル、タリバンやアルカイダのテロの標的にはならないのかと、それも心配です。


その後こんなことがありました。1月9日のニュースです。
   ↓

[続きを読む]

仕事始め
今日から仕事始めです。

今年のモットー――(って、今思いついたところなんですが・・)

   仕事は、やる順番を決めて効率よくテキパキと片付ける
     いつまでもダラダラとやらず、時間外まで持ち越さず



出来ますかねぇ?特に2行目・・・ >_<




ああ、懐かしのギョウザ・パーティ・・・
我が家には、毎年1月3日に恒例の行事がありました。

1

妹夫婦の一族を招いてのギョウザ・パーティです。

2

これ、全部ギョウザです。両家族年々増えて20余人。準備するギョウザの数は800個・・・ハンパじゃありませんでした。

3

これら3枚の写真は過去のギョーザ・パーティの記事から転用したものです。

ところで、今年の写真は・・・・・
[続きを読む]

ああ、阪神タイガース
昨年のスポーツ界を賑わした話題――

ゴルフ界では、石川遼選手が18歳で世界史上最年少の賞金王になりました。すごいですね。はにかみ王子クン。(はにかみ王子って・・もう死語ですかね?)

大リーグでは、松井秀喜選手がワールドシリーズで最優秀選手(MVP)を獲得。またイチロー選手は9年連続200本安打達成。

・・・・・と、昨年末には華やかなニュースが流れました。

一方、私にとって一番のニュースは・・・何と言っても、城島選手が阪神タイガースに入団と発表された時でした。今年は寅年ですから、もう阪神タイガースが優勝するっきゃない(?) ということでしょうかねぇ。(笑)


そう思ってい矢先、私にとってもう一つ重大なニュースが飛び込んで来ました。

12月9日、赤星憲広外野手(33)の突然の引退表明が・・・・・・。(絶句)

9月12日の横浜戦(甲子園)でのダイビングキャッチで脊髄を損傷、いくつもの病院を巡った結果、医師から返ってくる答えは「今度やったら最悪命の危険もある」と。

この引退表明の直後、私の友人からは「城島の加入で盛り上がると思ったけど、これでいっぺんに風船がしぼんだ思い」とメールが入りましたが、これだけは仕方がありません。

まだまだこれからという年齢で、現役引退には早すぎますが、命と引き換えでは困ります。

毎年、盗塁の数だけ車椅子を寄贈し続けてきた赤星選手、今後はコーチとして阪神タイガースを引っ張っていってもらうことにしましょう。

この寅年、阪神タイガースには、赤星選手のぶんまで頑張って活躍して貰いたいものです。

虎を愛する阪神タイガースファンにとって、限りなく佳き年となりますように・・・。



duoさんちの年賀状で~す
毎年同じパターンで変わり映えしませんが・・・
今年のduo家の年賀状はこんなんでした。

     gajo
この日、近くの神社へお詣りに出たついでに私の年賀状にも登場した
「鉄人28号」に会ってくることにしました。
   
[続きを読む]

新年のご挨拶
       320

明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

本年も相変わりませずどうぞよろしくお願い申しあげます。



480

今年は美味しいお酒が飲める年でありますように・・・。

そして、この寅年・・・ 

天高く舞い上がる凧のように、

皆さまにとっても、duo家にとっても、

そして阪神タイガースにとっても(笑)、

限りない飛躍の年となりますように・・・。



     480

デフレの中、好景気にはほどほど縁が遠いこの年――そんな思い通りになるワケがないか・・・。

それに、この凧、「虎」じゃなく、「龍」なんだよね。(汗)
ちょっくら手を加えてでも「虎」に変えておくべきだったか・・。(笑)

でも私は、ブログのサブタイトルに――

 悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。
 人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!


と、書きました。

うん! せめて私たちのまわりだけでも、天高く飛躍を目指して佳い年にしてしまいましょう!


(写真はいずれも昨年暮れに焦りまくって入れ替えたショーウインドウのピックアップです)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。