La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2009 - 09
>>
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


みんなでやろうぜ
みんなでやろうぜ――みんなでやるなんて、すごくいい響きですね。

でも、自民党の場合はどうなんでしょうか?

昨日、自民党は総裁選で党首に谷垣禎一氏(64)を選出しました。

投票の結果は、総票数499票のうち、谷垣禎一氏300票、河野太郎氏144票、西村康稔氏54票で、6割超の票を谷垣氏が獲得しました。(議員票に無効票1)

この新しい総裁の谷垣氏のスローガンが「みんなでやろうぜ」でした。

これに対し、対立候補の河野氏は、「みんなでやってはいけない」と主張してきました。

河野氏は自民党は変わらないといけない。そのためには派閥を解消し世代交代をして若返らなければならない。だから、みんなでやってはいけないのだと。

しかし、森喜朗元首相らを名指しで批判してきた事から反発もあり、今回の国会議員票に至っては、120票という圧倒的な票が谷垣氏に集まった一方、河野氏は西村氏の43票より少ない35票しか獲得出来ませんでした。

これでは、生まれ変わるどころか党刷新のイメージも影が薄く、今後も引き続き派閥や族議員の支配下にどっぷりとつかった今までの自民党となんら変わりはなさそうに思えます。

今の自民党は、来年の参院選、4年後の次期衆院選を見据えて、現与党に対抗する具体的な戦略政策や論戦を、外に向けてどんどん発信していかないといけない野党の立場であるにも拘わらず、党内部のことばかりに終始していて、いまだ与党気分で、与党時代の体質が抜けきっていないようにも見受けられます。

谷垣氏の政治信条である「絆」もいいですが、人事における舵取りを一歩間違えると分裂の危機さえ表面化する恐れがあり、それこそ自民党をぶっつぶすことにもなりかねません。

谷垣氏は、かつては登山に熱中し、東大を8年かけて27歳で卒業、司法試験も8度挑み34歳の時にやっと合格して弁護士になったというユニークな経歴の持ち主ですが、その翌年元文相であったお父さんが急逝したことから政界に担ぎ出されて政治家の道を歩み始めます。

2000年に森内閣に退陣を迫ったいわゆる「加藤の乱」では、加藤紘一元幹事長が内閣不信任案採決で賛成票を投じるために参院本会議に出席しようとしたところを泣いて引き留めた谷垣氏ですが、この時のひ弱なイメージをどこまで払拭できるか、これからがいよいよ正念場ですね。


スポンサーサイト

チケットを頂いたので、ちょっと京都まで・・・
久し振りに京都へやって来ました。
1 2


目的はこちら。何度か観ている劇団四季の「美女と野獣」ですが、福井の友人が行けなくなったからとチケットを送ってくれました。
5 6
リピーターを飽きさせないためか、毎回舞台装置が少しずつ変わっています。もちろん配役も。でも前回の公演のほうがよかったかな・・・。


終わって外へ出ると、まだ4時前。せっかく京都まで来ているので、駅から一番近いお東さん(東本願寺)にちょっとだけ寄ってきました。
7 8
9 10
2011年の親鸞聖人七百五十回忌に向けて2010年まで修復工事中ということで、阿弥陀堂にはシートが掛かって足場が組まれていましたが、御影堂の方はもう終わったのかシートも掛かっていませんでした。


お東さんにお参りをして、駅に向かって歩いていると、ミラー張りの伊勢丹デパートの外壁に複雑な出っ張りが目に入りました。どうなっているか分かりますか?出っ張りの一部がミラーに映り、まるで、だまし絵のようです。
3 4
だまし絵と言えば、余談ですが、神戸の兵庫県立美術館で開催されているだまし絵展にまだ行ってないので、11月3日の閉幕までに忘れずに出かけなくっちゃ。(笑)


駅ナカの京都劇場で公演が始まる前に、先ずは腹ごしらえをと、駅地下の北側に隣接するモール、「ポルタ」のレストラン街の中にある京料理「萬重ポルタ店」さんで昼食を頂きました。
北野天満宮の近くにある西陣の老舗料亭「萬重」さんの支店ですが、こちらポルタ店は本店に比べ、お値段もリーズナブルです。
a b
店長さんおすすめの「せいろ弁当」をお願いしました。揚げ物を天ぷらと揚げ茄子のどちらかから選べるようになっています。オクチャマとそれぞれ一膳ずつお願いして両方を味わせていただきました。(写真中段一枚目と二枚目) 
2 3 7
5 8 6
4 9 1
湯葉をはじめ、炊き合わせ、味噌田楽、松茸の土瓶蒸し、そして笹にくるんだちまき風の麩饅頭にと、4種類ものお料理に使われた生麩には、さすが京料理を感じました。生麩の味噌田楽のお隣にあるのは滋賀県の近江八幡市の特産品の赤こんにゃくです。土瓶蒸しには何処産かはともかく(笑)、しっかりと松茸がはいっていましたよ。デザートにはマンゴーゼリーがついていて、どれもとても美味しく頂きました。



「知っとこ!世界のしあわせごはん」+「彩り弁当」 = 自家製「お留守番弁当」
毎週土曜日の朝7時半から、オセロの二人が司会する「知っとこ!」という番組がMBS制作・TBS系列で関西方面限定(?)で放映されています。この中に、「知っとこ!世界の朝ごはん」という世界の新婚さんがご主人のために作るお国柄の朝ごはんをレシピ付きで紹介するコーナーがあります。


料理が出来上がると、新婚初々しい奥さんがご主人を起こして食べさせてあげるという設定ですが、「君が作る朝ごはんはとても美味しいよ。僕は君と結婚出来て最高に幸せだ」とかなんとか歯が浮くようなセリフを並べて、
ブチュッと 090919_02.jpg キスをする・・・。(写真TBS)
こんな番組ですが、朝早い番組なので朝ごはんとは言っていますが、毎朝ここで紹介される朝ごはんを作っていたら、時間が掛かって会社には間に合わないし、こんなのを朝っぱらから食べていたら、それこそメタボどころではなくなることでしょう。(笑)


毎回番組の中でも試食会をしていますが、なかなか好評を博しているようで、実はここに取り上げられた各国のお料理の一部をチョイスして、少しずつ10品を盛り合わせて、サークルKサンクスで9月末まで共同開発商品として販売しています。
1-1 1-2


「知っとこ!世界のしあわせごはん」という名称で、都市名(国名)と料理の名前、それにそのお料理に関するコメントを印刷した紙が入っています。
     2


何度も試行錯誤した末にやっと商品として売れるように作り上げることができたという「知っとこ!世界のしあわせごはん」、その中身はこんなんです。お値段以上に美味しかったですよ。
3


   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

話は変わりますが、先日シルバーウィークに東京へ出かけました。そして、帰りに、駅前の大丸東京店へ寄ってお弁当と焼酎、氷、水を買って新幹線に乗り込みました。


その時のお弁当がコレ。美味しさ沢山9つの「彩り弁当」。お値段は 924円。先程の「世界の朝ごはん」と同じで、トレーが9つに区切られており、それぞれに3種類のご飯とお総菜が品よく盛られています。ロックフィールド(RF-1)さんの提供するお弁当で、なかなかいいお味でとても美味しく頂けました。
4


   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

さてさて、前置きが長すぎましたが、ここからが、本日のメインテーマです。(笑)

実は、昨日は、オクチャマ、神戸市の○○委員の総会とやらで、朝から会場のホテルへ出かけました。

で、私はというと、いつものごとく、お昼はお弁当と相なったわけですが、先日から、「知っとこ!世界のしあわせごはん」やら、新幹線の車中で「彩り弁当」など、小さな枠の中にいろいろな味を盛り込んだお弁当を楽しんだこともあって、今回オクチャマが作ってくれたランチは、先日のサークルKサンクスで買った「世界のしあわせごはん」の容器を再利用して、コチョコチョと9品を盛りつけたお弁当でした。
6


この自家製「お留守番弁当」、一品一品は少量なのですが、その9つに仕切られたマスの中に、おこわが1ヶ所、十五穀米のご飯が2ヶ所(本当はそのうちの1つはチャーハンかビーフンにしたかったらしい)に入っていて、おかずは、ちょっと統一性がありませんが、シャケに、崎陽軒のシュウマイ、スパゲティサラダ、イカの天プラ、カボチャの煮物、小松菜とアブラアゲの煮浸しに、お味噌汁とピオーネ3粒のデザートつきでした。(笑) 少量他品種ですが、結構お腹がいっぱいになります。
5


因みにオクチャマがお召し上がりになられたホテルのランチは、フレンチのフルコースとかで、前菜、スープから始まって、魚ありステーキありのすばらしいメインディッシュ、他にも何品か出て、最後のデザートに至るまで、豪華な事この上もなく、飲み物もワインや、ビール、ウイスキー、焼酎と種類も豊富で、とても美味しく頂けたそうです。お腹いっぱい堪能して、みんなして家に帰ってからは夕飯はもう食べなくていいねと語り合ったと言います。

それに引き替え、一人でむなしく食べる私は・・・。いえ、いえ。朝から出掛けるのに時間がない中、私ごときのために時間を割いてお作り頂いているのですから、ぜいたくを言ったらバチが当たります。(笑)

余談ですが・・・、夕食は・・・私の分だけ用意して、オクチャマは本当に何も食べませんでした。よっぽど大ごちそうだったんだと、あらためて確信した次第です。(笑)



ウェスターン・リーグ閉幕  ある選手の引退
ウェスターン・リーグ最後の試合、阪神対ソフトバンク戦を昨日甲子園球場で観てきました。

リーグ公式戦と違い、この素っ気のないチケット。グリーンシートであろうと料金は一律500円です。そして公式ファンクラブの会員はその半額です。せめて連れ一人分くらい、同じにしてくれたらいいのにねぇ。
        1


当然のことながら観客は全員阪神ファンです。グリーンシートと1塁側内野席は満員ですが、ご覧のように3塁側と外野席は空っぽです。
2-1 2-2


葛城、林、バルディリス、秀太・・、新聞やテレビ、ラジオで聞き慣れた名前がズラりと並んでいます。8回裏には、前期まで大活躍をしていたこんな大物ピッチャーも登板しました。(写真右)
3


おなじみJFKの一人、久保田投手です。今季はとうとう2軍でシーズンを終えることになってしまいましたね。(笑)
後ろの席のカップルの会話――(投球している姿を見て)
 女「故障は治ってるのに、どうして1軍で投げへんの?」
 男「打たれとるからや。抑えられへんと上げてもらわれへん」
ごもっともです。(笑)
4


ウェスターン・リーグの試合は今日が最終日です。試合終了後、トラッキー君もラッキーちゃんも一列に並んで、選手一同・・・挨拶っ!
5

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

今日はもう一つ、阪神ファンにとって意味のある日でした。

1軍では代走に、守備固めにと起用され、縁の下でチームに貢献した秀太選手の引退試合でもありました。今日の観客席は、『秀太』 『田中』と書かれたユニフォームを着ているファンがウロウロ・・・、秀太のユニフォームを持っているファンの多い事にあらためて驚きました。
6-1 6-2


試合終了後、対戦チームのソフトバンクから花束が。そして、今は残念ながら2軍落ちしている同級生の福原投手から阪神タイガースを代表しての花束を。最後に秀太選手の奥さんと3人のお子さんたちから3つめの花束が手渡されました。
7-1 7-2 7-3


思えば阪神一筋15年。624試合に登場し、200安打、38盗塁の成績を残しました。2007年からは、ヒジの痛みと闘い続けており、後ろから追い上がってくる若虎との生き残り合戦に、手術をして休んでいる余裕はないと、痛み止めを飲みながらも1軍を目指して頑張っておりました。
そして、先日18日の引退会見では、「限界を感じた。もう厳しいかな・・・」と、今季限りでユニフォームを脱ぐ決意をしたと語っていました。
8-1 8-2 8-3


21日付のデイリースポーツ紙、「タテジマ見聞録」のコーナーで、阪神担当・松下雄一郎記者は次のように書いていました。(一部)

 先輩には弟のように可愛がられ、後輩には兄貴のように慕われた。そして同級生の赤星、福原、新井、金村暁は自らを『秀太世代』と名乗り、その集まりは『秀太会』と呼ばれた。誰からも愛された。新井、金村暁が引退会見に駆けつけたことが、その事実を雄弁に物語っている。
 「早よやめろよ」
 新井から届くメールには、いつもこんな"エール”が添えられていた。しかし、引退を決意したことを告げると、すぐこんなメールが返ってきた。
 「まだ早いよ・・・」






電車の座席で・・・
敬老の日の日経新聞の『春秋』欄に、優先座席に1人だけ座れたご夫婦の話が書いてありました。


  夜の地下鉄で座れずに立つ婦人の姿を見かけた。
  年齢は70代か。きちっとした身なりで背筋を伸ばし、
  優先席の前で立っていた。1人だけ座れたご主人が
  見上げていた。拉致問題で奮闘を続ける、
  横田早紀江さんと滋さんの夫妻だった。

   優先席は少し前まではシルバーシートと呼ばれた。
  白髪を思わせる名はどこか高齢者を遠ざける響きがあった。 
  今は体が不自由な人や妊娠している女性にも席を譲る
  ことになっている。なってはいるが強制はできない。
  お願いするばかりの車内放送は虚(むな)しい。
  誰も顔を上げないから横田さんだと気づく人もいない。



ところで、この『春秋』のお話を二日間の小旅行の帰宅後に読んで、私たちがこの旅の道中で遭遇した電車でのことが想いだされました。

私たちは、東京にいる娘の舞台公演の観劇に、家内と二人で20日早朝に東京へ向かいました。
a c
新幹線で日帰りの予定だったのですが、千葉にいる孫が22日に3歳の誕生日を迎えることと、またお嫁ちゃんの誕生日がちょうどこの日であったことから、せっかくだから会っていってお祝いをしてあげようと直前になってから計画を変え、一泊して帰ってくることにしました。行った日はホテルの近くのお店で食事をし、翌日孫の家でお昼過ぎまで一緒に過ごして帰って来ました。


実は、この東京圏往復中に電車での話題が5つもありました。

◇◆先ずは20日、娘の舞台が終わって孫に会いに行く途中、上野から常磐線快速電車に乗り、途中で普通電車に乗り換えたところ空いている座席がなく、家内と二人で乗降口横のポールに掴まっていました。
すると、ポール横の座席に座っていた60歳前後の方が、「次で降りますから」と言って、孫のプレゼントを抱えている家内に席を譲ってくれようとしました。「私たちも○○駅までですから」と、丁重にお断りをして席に戻って頂きました。でも、その方が降りられた駅は次の駅ではなく、私たちと同じ駅まで乗っておられたのです。
次の駅で私たちも座ることができ、お声を掛けて下さったご親切に感謝をした次第です。



◇◆翌日敬老の日、朝食後ホテルを出て、孫の家へ向かいました。
道中の武蔵野線は混んでいて、私たちを含め、立っている乗客が大勢いました。その中に少し先の方に赤ちゃんを抱っこして吊り革に掴まっているお母さんがおられましたが、前に座っている誰もが、最後まで席を譲ってあげようとはしませんでした。
前に座っている若者達は誰も携帯のメールに夢中になっていて気がつかないのか、それとも目を合わせるのを避けて下をむいているのか・・・。


孫の家では、デコレーションケーキに3本のキャンドルを立て、楽しいお誕生日の一時を過ごしました。
   1



◇◆そして、孫の家を後にして東京へ向かう総武線で、優先座席ではありませんでしたが、途中私たちの隣の座席が空きました。その向こうに20代後半の女性が一人座っていて、その先の座席も空いています。
そこに乗り込んできた20代前半の若いカップル、男性が前に座っている女性の前で無言で手を右から左へ勢いよく振りました。手を振られた女性は、咄嗟のことでワケが分からなかったのだと思います。反動的に席を移動されました。
この移動させた男性も、連れの女性も「ありがとう」「すみません」の一言も言わず無言のまま並んでそのつながった空席に座りました。移動させられた女性は、その後、降りるまでこの二人の顔を呆れ顔でずっと眺めていました。
私たちもその光景を見ていて、アゴで「どけっ!」と促したのとなんら変わりがないと驚いてしまいました。手振りで促すのではなく「すみません、連れがいますので、隣の席へ1つ譲っていただけませんか?」と声を掛けるべきでしょう。
この女性も状況を察して自ら移動してあげるべき点はあったでしょうが、あまりの唐突さにその気があったとしても、指図されたのが気がつく前だったのか、或いは余りにも咄嗟のことで間に合わなかったのかもしれません。



東京駅では途中下車をし、丸ビル、新丸ビルに寄り、ウインドウショッピングをしてきました。丸ビルのMARUCUBEイベント会場では、1階はもちろんのこと、2階、3階、4階と吹き抜けのガードフェンスを囲んで大勢の人が誰かを待っています。
2 3

そのうち、キャーーッという声とともにライブ演奏が始まりました。どうやら、お目当ての人は、歌手の藤井フミヤさんだったようです。丸ビルで行われている「アニバーサリーイベント」に出演して新アルバム「F's シネマ」(30日発売)のPRを兼ねたイベントライブを行ったようです。ヒット曲「TRUE LOVE」など全8曲を熱唱し、大きな拍手を浴びていましたが、4階のガラス越しにその演奏姿をチラッと見ましたが、余りにも遠くて、顔の表情どころか、誰なのかさえも分かりませんでした。私のカメラには15倍の望遠で撮した決して若くない47歳のオジサンが写っていました。(笑)
    4



◇◆さて、夕方7時過ぎ東京駅発の新幹線のぞみで帰路につきましたが、予約した列車が新大阪泊まりであったことや、連休の中間日であったことも幸いして座席はガラガラでした。
どこもかしこも空席だらけのガラガラの車両にも拘わらず、何故か偶々、私たちの前の座席に赤ちゃん、幼児、小学生を連れたご家族が新横浜駅から乗り込んできました。早速前々席のシートの向きを変え対面席にし、二人の男児をそこに座らせ、30代半ばと見られるご両親は私たちの前の席に座られました。
お子さん連れなので賑やかなのはこの上なく、そして、しばらくした後、いきなりリクライニングシートをいっぱいまで倒されました。私たちはテーブルにお弁当を広げ、焼酎の水割りなどを飲んでいましたので衝撃に慌てましたが、倒す前に一声掛けるのが礼儀ではと困惑した次第です。

子どもさんがおられるので、どうしても騒がしくなるのは仕方がありません。でも、京都で降りられるまで、必要以上に騒がしく、それをいさめるでもなく、ご主人も、子どもさん二人も、隣の空いている3人掛けのほうへ移動してみたり、そちらの座席のシートを倒したり、その席のテーブルを出して細い支柱が曲がるんじゃなかろうかと思うほどに、その上に赤ちゃんを乗せてユサユサと遊ばせたり・・・。揚げ句、帰りには自分たちの席を含めどの席のシートも元の位置に戻さずそのままにして降りて行きました。
途中、子どもさんたちが落としたジュースやお茶のボトルやキャップが何度か転がってきて拾ってあげたりしたので、帰り際には無言で軽く会釈だけはして行きましたが・・・。



◇◆新幹線で新大阪まで帰って来て在来線に乗り換えました。
座った席の隣りの席が空いていました。その向こうに40代の男性が座っており、その先の席も1つ空いています。そこへ乗り込んできた20代前半の若いカップル。ここまでは昼間の東京の総武線の時と全く同じロケーションです。
男性は連れの女性に、私たちの隣の席に座るように促し、自分はその女性の前に立っています。その後電車が動き出しても中年男性の1つ先の席は空いたままです。若者も1つ譲って下さいとお願いもしませんでしたが、この中年男性も最後まで席を譲ってあげようとはしませんでした。


今回私たちが遭遇した5つの出来事に、我が家の場合を重ね合わせてみると、親バカかもしれませんが、ウチの3人の子供たちとお嫁ちゃんは、どの子も十分に気配りが出来ると思いますし、また反対の立場の時はお礼も言えると思います。そして、子どもを連れているような時には、必要以上に騒がないようにと子どもを諫め、それでも騒ぐ時は、周りの人に「申し訳ありません」とお詫びを言って、すぐにデッキなど迷惑が掛からない場所に移ると思います。今回のように目を覆うようなことは考えられないね、と帰ってから二人で話したものです。

今回遭遇した若者達がこんなふうなのは、矢張り彼らの親の躾けに問題があると思う・・・とオクチャマは言います。

なんだか、淋しくなりますね。

因みに7人掛けの座席でも8人座れるようにしてあげたいと思っているウチのオクチャマです。窮屈で誰も座りたがらないでしょうが・・・。(笑)


   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

春秋(9/21)全文
 夜の地下鉄で座れずに立つ婦人の姿を見かけた。年齢は70代か。きちっとした身なりで背筋を伸ばし、優先席の前で立っていた。1人だけ座れたご主人が見上げていた。拉致問題で奮闘を続ける、横田早紀江さんと滋さんの夫妻だった。
▼優先席は少し前まではシルバーシートと呼ばれた。白髪を思わせる名はどこか高齢者を遠ざける響きがあった。今は体が不自由な人や妊娠している女性にも席を譲ることになっている。なってはいるが強制はできない。お願いするばかりの車内放送は虚(むな)しい。誰も顔を上げないから横田さんだと気づく人もいない。
▼横浜市の市営地下鉄は6年前にシルバー席を廃止した。「全座席が優先席」という、人の善意を信じる考え方である。当時の中田宏市長は「お互いが譲りあえる社会を作っていく大実験」と語った。その夢が実現するのはいつの日か。「以前に比べて席を譲ってもらえなくなった」と嘆く高齢者の声が寄せられる。
▼必死に求人誌を読む中年男性。疲れた顔のスーツ姿の女性。寂しげに携帯を眺める若者。立てない理由は頭の中に山ほどあるだろう。横田さんだから席を譲るべきなのではない。全席が無理ならせめて優先席では思いやりを忘れたくない。毎日が無理なら、せめて敬老の日には人生の先輩への敬意を思い出したい。


今日の甲子園
.

球場内野席通路のお弁当屋さん。ネーミングも凝っています。
2

オーロラビジョンのアナウンス2つ。
4

ライナービジョン
3

1塁側スタンド。応援にも力が入ります。残暑厳しく生ビールの売れゆきも最高、おねいさんも大忙しです。
5

で、肝心の試合・・・広島戦です。3位と5位とはいえ、ゲーム差がほとんどありません。 がんばらなくっちゃ・・・。
1

結果は・・・負けました。ヤクルトも負けたので、0.5ゲーム差で3位にしがみついています。 明日に期待しましょう。
7


八朔の雪
8月下旬の新聞下欄に、全紙の3分の1を使ったこんな広告が載せられました。
 622_T168c.jpg
R-40本屋さん大賞文庫本部門 堂々第1位。 全国書店員さんから涙と感動の反響続々!!・・・と。



時代背景は1802年7月1日、大坂で淀川が決壊したときの回想シーンから 1814年の正月まで。今からおよそ200年ほど前のお話・・・。

と、書くと、これはもうテレビや映画の時代劇を想像しますが、史実に基づく歴史小説でもなく、腰に刀を差したお侍さんの剣豪小説でもなく、また十手取り縄の捕物帖でも、次郎長や忠治らの任侠本でもありません。

大坂から とある理由で上京した奉公人の娘が、江戸で繰り広げる人情小説であり、また料理手帖でもあります。巧みなストーリーの展開と人物構成、それにしっかりした時代考証と東西の味の違いなどが、きめ細やかに説明されており、ストーリーの展開もさることながら、思わずこれを食べてみたい・・と、楽しめる1冊です。


作家さんは兵庫県宝塚市生まれで、1993年に集英社のレディースコミック『YOU』に漫画原作者として初デビュー。その後、2008年に『出世花』(祥伝社)で時代小説の世界へと作家デビューを果たしたばかりの新進作家さんです。

2作目となるこの『八朔の雪』は今年5月に文庫本書き下ろしを発表して以来1ヶ月で13万部の大ヒットとなりました。7月には14万部を突破したと聞いて、新書発売から4ヶ月も経ってから、遅ればせながら求めた一冊です。 

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   『八朔の雪』 みをつくし料理帖 
     ――高田郁 ハルキ文庫(580円)


故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった主人公の澪。大坂の食通に愛された名料理屋「天満一兆庵」の女将に拾われますが、板場で修行中に火事で焼け出され、江戸に出てきます。その江戸で、今度は娘を亡くした蕎麦処「つる家」の主人に拾われ、娘のように可愛がられます。調理場で腕を振るう澪は、大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚と負けん気で日々研鑽を重ね、人気の創作料理をつぎつぎと発表していきます。そんな中、彼女の腕を妬み、非道な妨害を受け・・・。

全編を通じて、困難に遭うたび涙をこらえて前向きに進んでいく澪の一途な姿、澪を取り巻く運命的な縁、深い絆、そして優しい人々の人情・・・気がつけば涙が滲み出て止まりません。


     duo1

八月朔日(ついたち)、通称「八朔」は、吉原の遊女が揃って白無垢を着て客を迎える紋日(行事の日)で、『新吉原年中行事』には、「此日中の丁へ出る女郎は、皆々上着まで白無垢を着す、故事なり」と書かれてあります。まだまだ残暑の厳しい8月1日ではありますが、吉原では、花魁達が白無垢を着て吉原の中心部、仲の町へ道中をする習わしとなっており、白無垢姿の情景を雪に見立てて、『八朔の雪』と呼んだようです。

吉原俄(よしわらにわか)という遊女や幇間(ほうかん)らによる俄狂言や踊りを、遊女を買う気も買う銭も持たない素見の客がこの8月だけは吉原廓の仲の町で見物することができ、澪がそれを見に行った事と、澪がつる家で作った心太(ところてん)に掛けられた真っ白な砂糖が青白い月の光に照らされて雪のように映ったのを見て、つる家の主人が時季外れの「八朔の雪」と呟いたこと、この2つの話を絡めたところから、この小説のタイトルが『八朔の雪』と名付けられています。


duo-3
ストーリーは、「狐のご祝儀――ぴりから鰹田麩(かつおでんぶ)」、「八朔の雪――ひんやり心太(ところてん)」、「初星――とろとろ茶碗蒸し」、「夜半の梅――ほっこり酒粕汁」の4篇から成り、巻末付録として、それぞれの料理の作り方を収録しています。


続編、『花散らしの雨』は、10月15日の発売予定とのこと、早く続きを読みたくて、心待ちにしているところです。




待っていても・・・風は吹きません。雲も光りません。
下の記事、「風も吹くなり 雲も光るなり」の記事に寄せて、ぷりんちゃんからこんなコメントをいただきました。

   辛い事ばかりではないと・・・
   人生辛い事、嬉しい事、
   比べたらちょっと幸せと思える事が多いと信じてます。
   実際には辛い事が多くても、
   その中で幸せと大きく感動出来たら、
   辛い事を乗り越えられると思ってます。


底抜けに明るいぷりんちゃんらしいですね。

そんなぷりんちゃんにもいろいろと悩みや辛いことがありました。
一時は手術も考えられたご自分の股関節のご病気のこと。遠い島に一人暮らしをしておられるご主人の年老いたお母様のこと。

股関節は相変わらず痛むようですが、ずっと続けてジムでの水中ウォーキングやその他のエクササイズ、また自転車でのリハビリと、精を出しておられます。

お義母さまのことは、悩まれた末のことだったのでしょうが、ご家族、ご兄弟でご相談されて、離れづらい生まれ育った故郷の島から、説得して太宰府の天神さんの近くにおられるお義兄さまのところに移り住まれることになりました。

このたび手術を受けられて快方に向かっておられる広島のお兄様のことから、昨年は、毎週のように福岡から広島までお見舞いに通われたご病気の義妹さん、一生懸命励ました甲斐あって元気になられたことなど、辛いことを乗り越えて幸せをを感じていることが沢山あったことでしょう。

持ち前の明るさで、それらを乗り越えて、つらい中に幸せを見つけることを心掛けておられます。


どんな人生にも、辛いことや苦しいことはつきものですよね。それがあるからこそ、その反面に嬉しさや楽しさが感じられ、そして、それを感じた時に幸せと思えるのでしょう。

挫折しそうになった時、その辛いことを乗り越えられるかどうか・・・。

風が吹くのを待ちましょうか。それとも雲が光るのを待ちましょうか。

いや、闇の遠くに、ぼぉーっとしか見えない、今にも消え入りそうな僅かな灯りを何としてでも自分で見つけ出さないといけません。そして見つけた時には、そこに向かって自分の足で踏み出さなくてはいけません。

待っていても風は吹きません。雲も光りません。

・・・私はそのように思っています。

そして、ぷりんちゃんを見習わなくてはとも。




風も吹くなり 雲も光るなり
1

尾道市ゆかりの作家・林芙美子は1949年から1951年にかけて、長編小説 「浮雲」を執筆しました。この小説を映画化した「浮雲」に、この『花の命は短くて苦しきことのみ多かりき』の言葉が出てきます。また、初期の自伝的小説 「放浪記」では、女優の森光子さんが舞台「放浪記」で、冒頭にこの一節を朗読しています。

そんなことから、この言葉は、「浮雲」や「放浪記」の中の一節と思われていますが、どちらの原作にもこの文言は出てきません。 ただ、新潮文庫の「新版放浪記」のカバーに、林芙美子が直筆でしたためた色紙が印刷されているだけなのです。

芙美子が晩年好んで色紙などに書くようになった文言だといわれていますが、詳細は不明で、原作にない言葉であるため、今まで原典が謎とされていました。

今回、生前の芙美子と交流があった「赤毛のアン」の翻訳で有名な故村岡花子さんの遺族宅の書斎で額に入れて飾られている直筆作品が見つかり、森光子さんが朗読する文章とほぼ一致しているということです。

3

    風も吹くなり
    雲も光るなり
    生きてゐる幸福(しあはせ)は
    波間の鴎のごとく
    漂渺(*)とたヾよい

    生きてゐる幸福(こうふく)は
    あなたも知ってゐる
    私もよく知ってゐる
    花のいのちはみじかくて
    苦しきことのみ多かれど
    風も吹くなり
    雲も光るなり


      (*) 文中 漂渺とありますが、
         多分、縹渺(ひょうびょう)の間違いでしょうね。


400字詰め原稿用紙に万年筆で書かれた12行の詩が、昨日から、ふくやま文学館で開催されている「福山地方の詩と童謡」展で展示が始まりました。(12月13日まで)

ところで、下に掲げた日経の春秋にあるように、確かに『花のいのちはみじかくて……』と唱えれば、『苦しきことのみ多かりき』と、自然と口をついて出てきます。

しかし、この言葉に続けて、今回見つかった原稿の2行を付け加えると、その内容は180度反対の意味になります。

晩年、色紙を前にした時、『・・・苦しきことのみ多かりき』と、ここで締めくくり、最後の2行を書き加えなかった芙美子は、この時どんな心境だったのでしょう。

もう風も吹かなければ、雲も光らないと、あきらめの境地にあったのでしょうか。



   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

関連した記事が、今日の神戸新聞の「正平調」欄と、9日の日経新聞の「春秋」欄にありましたので転載いたします。


■正平調(2009/09/12)一部
 たわわに実った果実のような、内面の成熟を感じさせる文字が原稿用紙に刻まれている。きのう、広島県福山市のふくやま文学館で公開が始まった作家林芙美子の未発表の詩稿だ
◆12行の中に、これまで原典が分からなかった有名なくだりが、したためられている。「花のいのちはみじかくて/苦しきことのみ多かれど/風も吹くなり/雲も光るなり」。女優の森光子さん主演の舞台「放浪記」でも最初に朗読される、あの一節だ
◆書かれた時期ははっきりしないが、地元紙によると40歳代の可能性が高いという。47歳で亡くなった作家の晩年にあたる。苦しみの多い人の生ではあるが、時に風が吹き、時に雲が光ることがある。ささやかな幸せにふと気づき、心震わせる。浮き沈みを重ねて激しく生きた末、たどり着いた境地を見る思いだ


   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■春秋(2009/9/9)全文
 花のいのちはみじかくて……と唱えれば、続く言葉が口をついて出る。「苦しきことのみ多かりき」。ため息まじりのつぶやきが似合うだろうか。作家の林芙美子が愛誦(あいしょう)し、好んでしたためた名文句だ。世に知られて半世紀にはなろう。
▼若いときに苦労を重ねた芙美子ならではの慨嘆だと思っていたら、ちょっと見方を変えそうな発見が報じられていた。作家直筆の未発表の詩が見つかり、こういうくだりがあるという。「花のいのちはみじかくて/苦しきことのみ多かれど/風も吹くなり/雲も光るなり」。これこそ原典ではないか、とのことだ。
▼「矢でも鉄砲でも飛んでこい」とか「ヘエ、街はクリスマスでございますか」とか、かの「放浪記」を読むとこの人の突き抜けた明るさに感じ入る。周囲に迷惑もかけたというが、天性の体当たり精神だろう。新発見の「花のいのち」にも、辛酸のなかで決して希望を忘れぬ思いがこめられているのかもしれない。
▼本当のところは泉下の芙美子に聞いてみないと分からない。それでも47年の生涯を急ぎ足で駆け抜け、今も若い人に読み継がれる作家が残した言葉の、なかなかの味わい深さだ。「苦しきことのみ多かりき」。こう言い切りたいときもあるけれど、人生は「風も吹くなり/雲も光るなり」。少しばかり勇気がわく。




今日のお昼ごはん
今日のお昼ご飯。
重陽の節句は、栗の節句とも言われますから、栗ご飯です。

0-48

栗はcherry☆momさんからの頂き物。 みそ汁のイリコはぷりんちゃんからの頂き物。 冷や奴の薬味、ネギとミョウガは明石の友人からの頂き物。 燻りがっこは、五反田の横手屋さんからの頂き物。
キスとゴーヤのかき揚げでは、ゴーヤは自家栽培ですが、元はと言えば奈良の友人から頂いたゴーヤの種から栽培したもの。

どの一品にも頂き物が入っています。(笑)

0-320

こちらは、「つるてん」のうどんを記事にしたえみちゃんのブログを見て、オクチャマが食べたくなったと言って急ごしらえしたぶっかけうどん。

このぶっかけうどんは上の写真の定食(?)に飛び入りで追加されましたが、今日のお昼は、こんなんでした。

どれも美味しく頂けました。 ごちそぉさまでした。



重陽の節句  菊の節句  栗の節句
1・3・5・7・9――中国では奇数は縁起のよい陽の数とされています。中でも、一番大きな陽の数字は「9」で、縁起も一番よいとされています。「重陽」とは、この一番縁起のよい「9」の数が重なる事を意味し、中国では旧暦の9月9日を節句のひとつとしてきました。

wikiには、『奇数の重なる月日は陽の気が強すぎるため不吉とされ、それを払う行事として節句が行なわれていたが、後、陽の重なりを吉祥とする考えに転じ、祝い事となったものである』とも記されています。

中国では、菊の花びらを浮かせた酒や香りを移した菊酒を飲んだりして邪気を払い長寿を願うという風習があり、「重陽の節句」は、「菊の節句」とも言われています。

しかし、旧暦の9月9日というと現在では10月にあたり、農山村では作物の収穫期でもあることから「栗の節句」とも呼ばれており、栗ご飯などで節句を祝ったということです。

旧暦から新暦にこよみが移り、菊や栗の盛んな時期からは少しずれてしまいましたが、我が家では一昨日cherry☆momさんから贈って頂いた立派な栗があります。この今年初物の栗で「栗ご飯」を炊き、また、夕べ、大きい粒を選んで「栗の渋皮煮」を作りましたので、これで「重陽の節句」を祝うことにします。

残念ながら、酒に浮かせる食用菊が手に入らないので、ここは菊酒の代わりに、正宗で茶を濁す・・・いや、酒を濁すことにしましょうか。(笑)


1-235 2-235
写真右の渋皮煮は、砂糖や塩で煮含めた後、バットにあげたところです。

渋皮煮の作り方はコチラ クリック に詳しく掲載しております。下処理に手間暇が掛かり、作るのに面倒ではありますが、とても美味しいですから、大きめの栗が手に入ったら是非お作りになってみては如何でしょう。



残暑と、秋の気配と・・
今年の夏はエルニーニョ現象の影響を受けて、冷夏や天候不順が続き、西日本の各地では大雨や洪水による大きな被害が続出しました。特に兵庫県の西播磨や但馬地方は豪雨による河川の氾濫で浸水被害が集中しました。作用町では増水した作用川が氾濫し、町に流れ込んだ鉄砲水は大勢の人を呑みこみ、住宅は泥流に埋まり土石流に押しつぶされる大惨事となりました。

全国的に雨の日が多く、日照時間が短くなり野菜の価格も高騰しました。太陽がじりじりと照りつける暑い夏をずっと待っていたのですが、日頃、朝早くからシャンシャンとうるさく鳴くクマゼミのうんざりとする大合唱もいつしか気がつかないうちに聞こえなくなっていて、短い夏はいつの間にか終ってしまいました。

反対に残暑は意外と厳しく、朝晩は秋の気配を感じるのですが、日中は今頃になってうだるような暑さが続いています。この思いがけない強い日射しに野菜や果物の生育が順調となり、冷夏に悩んだ農家の方たちはひと安心していると聞きました。

天高くさわやかな秋空はもう、すぐそこまで来ています。 二・三日のうちには日中の気温も下がり、しのぎやすくなるでしょうとお天気キャスターが伝えていました。 



   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


そんな中、今日はcherry☆momさんから秋の便りが届きました。

1_23 2-23


栗です。

cherry☆momさんの記事に、やっと近所の八百屋さんにも少しだけ並ぶようになったようだけれど、日照不足と長雨の影響で栗のイガがまだ青いうちに落ちてしまうと書いてありました。でも、ご覧のように頂いた栗はとても立派です。

3-48


2袋頂いたので、1袋はモチ米を少し混ぜて栗ごはんにしましょう。 

そして、もう1袋は、手間暇掛けただけその成果が現れる渋皮煮を作ることにします。

cherry☆momさん、どうもありがとうございました。



メロンパン と サンライズ
こうめいさんの記事からTBさせていただきました。

メロンパンって、食べた時、そんなにメロンの風味もしないし・・・メロンのジャムも入ってないですよね。
では、なぜメロンパンと呼ばれるかと言うと、パンの表面の格子状の模様がメロンに似ているからとか、表面の生地にメレンゲを使用していることから、メレンゲが転じてメロンになったとか言われてます。
真相は分からないようですが、最近、あまり食べてないなぁ-



神戸では、こうめいさんの言う「メロンパン」は、「サンライズ」という名称で呼ばれています。そしてコープこうべでは、今でもこの「サンライズ」の名称で売っています。

sunrise

世間で、「サンライズ」が「メロンパン」と呼ばれていることを初めて知ったのは、私が結婚した頃で、北関東地方からお嫁に来た家内がサンライズのことをメロンパンと言うのを聞いてからです。

これはメロンパンではなく、サンライズというのだと、家内に教えたものですが、神戸で長く育った私としては、みのもんたさんの『ケンミンショー』ではありませんが、今から思うと井の中のかわず状態で、この頃すでに「サンライズ」と呼ぶのは神戸市民だけだと知って驚きました。

なぜ同じ商品なのに、呼び名がいくつもあるのでしょうか?

melon2

コープこうべによると、、明治の頃にはメロンの一変種であるマクワウリがメロンとして売られており、このアーモンド型というか、ラクビーボールのような楕円形が、「メロンパン」のルーツとなったという説が有力とされています。

一方、白いパン生地にビスケット生地をのせて、日の出の形を真似た「サンライズ」も、「メロンパン」が売り出された前後に誕生しました。

その後、海外からマスクメロンが日本に輸入されるようになった頃、マスクメロンに形がにている「サンライズ」が全国的には「メロンパン」と呼ばれるようになっていったようです。

coopkobe

コープこうべの「メロンパン」製造中の写真です。白あんにマーガリンを加えた洋風餡をソフトなパン生地で包み、和洋をうまく調和させているところから、ちょっとレトロな感じで「神戸ハイカラメロンパン」と名付けられました。そもそも、このアーモンドのような形は、当初洋食でチキンライスを成型する金型にパン生地を流し込んで焼き上げたことから、こういう形になったと言われています。


もうひとつ、神戸新聞に掲載されたという「神戸はじめ物語」の記事をお借りして、「メロンパン」の項を転載します。

メロンパン(神戸新聞「神戸はじめ物語」より抜粋)
 ラグビーボール型に白あんが入っている
 メロンパンは広島県のパン屋が発祥の地だが、
 パン工場で大量生産を開始したのは
 コープこうべがはじめて。
 ちなみに、他の地域で言う半球型のメロンパンは
 神戸では「サンライズ」とも呼ばれる。




こうめいさんも、最近あまり食べておられないようですが、私も、3年前にドサまわりの途中、海老名サービスエリア下り線で、テレビにも登場した「ぽるとがる」のメロンパンを家内に頼まれて買って帰ったのが最後 クリック でしょうか。それ以来、サンライズ型のメロンパンも、アーモンド型の「神戸ハイカラメロンパン」も久しく食べていません。


ebina1_235 ebinba2_235



「居酒屋 虎」でゲンなおし・・・。
昨夜は、3位のヤクルトに、勝てば2ゲーム差、敗けると4ゲーム差の大事な試合でしたが、これを落としてしまい、やけ酒でもありませんが、虎ファンが集まる「居酒屋 虎」に寄って、一杯引っかけて帰ることにしました。 

1-48
横から見ると上から下までタイガースの看板がビッシリ。だんだんと近づいてお店の前まで来ましたが、今日は入れるかな? 阪神ファンなら知らない人はいないこのお店、阪神が強い時には、とてもじゃないけれど満員で入れません。 でも4位や5位を低迷していて、それも負け試合でしたから空いていました。


2-235 3-235
お店は長いカウンターと後ろの壁に沿ってベンチがおいてあります。カウンター越しには、語呂遊びでタイガースの選手に因んだメニューや、敵のチームをたたくメニューが並び、後ろ側には旗や写真などがビッシリ所狭しと飾られています。


4-235 5-235
テレビでもお馴染みの名物マスター。それにタイガーマスクをつけたスタッフさんも。


6-235 7-235
箸袋には「巨人ファンおことわり」の文字が・・・。巨人ファンでなければ、セ・リーグ他の4球団のファンでもいいんかいな。(笑)

お願いしたのは、「奇跡! 逆転CS」。 最近の新しいメニューとかで、3種類のカツが盛ってありました。そのほか、「何しとんねん、藤本」は、明石出身だからと「明石蛸のお造り」、何の語呂合わせだったか忘れましたが、「伝説の男檜山のお造りの盛り合わせ」などをお願いしました。写真は撮り忘れて食べてしまいました。(笑) 

最近、今岡のメニュー「三冠王今岡、ウインナーの三種類盛り」は、今岡が出て来なくなって全然売れなくなったとマスターは言っておられました。お客さんはホント、現金なものですね。 因みにオットコマエの真弓監督は、「横顔ステーキ」で、盗塁王の赤星は、「馬刺し」とか・・・。

今日はテレビ局某チャンネルが待機していたようですが、江草が投げ始めた途端、帰ってしまったそうです。わかるなぁ・・・。前回に続いてフォーボールで歩かせ、押し出しの点を与えるようでは、もうクライマックス・シリーズもどんどん遠くなってしまいますものね・・・。

       32
帰りがけに自分たちが使ったお箸の袋を大事に持って帰ると言ったら、「家で使って」といって、マスターは新しい箸袋をバサッと30枚程持ってきてくれました。 箸は入っておらず、袋だけでしたが・・(笑)

いえ、箸なんかどうでもいいんです。ただの割り箸ですから。それよりも、この名(迷?)文句入りの箸袋さえあれば、それでもう十分に満足です。欲を言えば、他にも何パターンか作ってくれたらもっと嬉しいのですがね・・・。(笑)




クライマックス・シリーズはまだまだ遠い・・・
ここへ来て、少しは面白くなってきた甲子園球場へ行ってきました。
1-480


3位のスワローズを追っかけて、一時は13.5ゲームもあった差が、昨日は3ゲーム差まで追い上げて来ました。今日勝てば2ゲーム差となり、クライマックス・シリーズも視野に入って来ます。
2-48


しかし、この日の阪神は打てません。ラッキーセブンに風船飛ばしの景気づけをしたいところですが、今は新型インフルエンザの影響でそれも出来ず、応援旗の下、「六甲颪」を歌うのみです。
3 3-235


9回裏は打順よく、赤星、平野がノーアウト1塁2塁と出て盛り上がりかけたのですが、3番鳥谷のダブルプレーで一瞬にして2アウトになってしまいました。最後のバッター金本の打球も冴えず、結果はご覧のとおり。2ゲーム差を期待したのですが、逆に4ゲーム差に広げられてしまいました。
5-23 6


前回は、雨で流れるし、今回は負けるし・・・まったくいいところがありませんでした。




仲間やブレインが、いるかいないかで大違い・・・
こういうのを負け犬の遠吠えというのでしょうか。

「選挙の時期は間違っていない・・・」。

自民党惨敗を喫した麻生首相は記者会見でこう語り、その席で総裁辞任を正式に表明しました。また、自民党の首班指名については、今の段階では(出馬するかしないかは)まだ考えていない、と曖昧な表現も。はっきり言わないってことは、この期に及んでまだ未練があるのでしょうか?

一方、新人議員143人を含む308もの議席を獲得した民主党は、これだけ大量の新人を抱えて果たして国会を乗り切れるかと、逆に勝ちすぎに困惑気味です。

4年前に新人83人を選出した小泉自民党。今回はこのうち65人が小選挙区に立候補しましたが、再選された10人のうち小選挙区ではたったの3人しか再選を果たしていません。

小泉チルドレンの二の舞にならないようにと、鳩山代表は「数のおごりを捨て去らなければならない」と、新しい政権を担う党の代表として気持を引き締めます。

アメリカのオバマ氏は、スローガン「Change」を掲げて今の大統領の地位を確立しました。民主党も「政権交代」を唱え、同じ「Change」にチャレンジし民意を反映して得票数を伸ばしました。

今後、民主党は 民意をどこまで汲めるか、期待するところです。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ところで、そのオバマ大統領には、スピーチライターとして陰でオバマ氏を支え、ともにホワイトハウス入りをした若きブレイン、ジョン・ファブロー氏がいました。(2009.1.13付 拙記事 クリック

時の要人には、それを支えるブレインが必ずいますね。 遠く中国の三国時代では、蜀の国の劉備を支えた諸葛孔明はあまりにも有名です。NHK大河ドラマでも話題になった「風林火山」で武田信玄を支えた山本勘助、同じく「天地人」で上杉景勝を支えた「直江兼続」もしかりです。

どんな英雄も一人では戦えません。支持者、支援者に加えて、多義にわたって知恵や理論、交渉などを担ってくれる仲間も大事ですし、また肝心要めなところで適切なアドバイスをしてくれるブレインの存在は、その要人にとって切っても切れない女房役と言えるでしょう。

残念ながら、先の自民党党首には、このブレインがいませんでした。同じ党内でも右を見ると敵ばかり、左をみると足を引っ張ろうとする魑魅魍魎、こんな連中に囲まれて、たった一人ぼっちの世界で、自分の意見すら通させてもらえず、例えば一旦公表した政策も上からの圧力で途中で内容を変えざるを得ず、揚げ句、「ぶれる」と言われ続けて・・・、考えようによってはかわいそうな首相でもありました。

こんな麻生首相とは反対に、鳩山代表には党の顔として表立っては出てこない裏方のブレインがちゃんといるのです。

その人は平野博文役員室長。

自らして名前をもじり、「私は、”裏の博文” ですから・・」と語る平野室長。 オバマ氏の27歳の若きブレインとは違い、こちらは百戦錬磨の60歳。いつもピッタリと鳩山代表に張りついていて、女房といる時間よりも長く一緒にいると、鳩山代表に言わしめるほどに裏方に徹してアドバイスを送っている人物です。

時には、「あまりだらだらと長く喋るな。喋るとその部分を突っ込まれ、余分な弁明をしなければなくなる」と忠告もします。

「官僚とどう向き合っていくか」

脱官僚の3文字が、これからの政策の最重要ポイントになると思いますが、平野氏はその脱官僚対策について「手の内は明かさない。官僚のほうが賢いから」と、秘策を明かしません。

一方、マスコミが取材したところによると、国土交通省、経済産業省、防衛省の官僚のトップ連中は表向きは一様に政権に従うと発言していました。しかし基本的には、「時の政治家に左右されたくない」というのが官僚たちの本音でしょうね。

さて、その官僚たちの牙城を鳩山政権は、どれだけ崩すことができるのでしょうか。

今回の政権は官僚との闘いでもありますね。


余談ですが・・・、
参議院議員 民主党 蓮舫 (レンホウ )さん。ここのところ、あまり姿を見なかった私の好きな蓮舫さんが、よくテレビ出演するようになりました。(嬉)

もうひとつ・・・
オクチャマ、この記事を読んで、
私duoには、いいブレインがついていてよかったねって。
いいブレインって・・・誰のこと?
えっ? あっ、はい。その通りでごぜえますだ。(汗)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。