La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2009 - 04
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


二度の入院ボイコット・・・
コメントを頂いた皆さま。長い間ご返事も差し上げず、まことに申し訳ありませんでした。すっかりご無沙汰してしまいました。

実は、4月9日(木)の高熱発症以来、少し落ち着いてきた事もあって花見に出かけましたが、その後また高熱がぶり返し、たまらず13日(月)に病院へ行ってレントゲン検査を受け、点滴と薬をもらったところまでは前のお花見の記事の [続きを読む]欄 クリック に書きました。

病院ではレントゲン写真にクモリ(陰)はないと言われ、今、一番心配していた世間をお騒がせしている結核疑念からも放免されホッとしたところでした。

この日、病院で頂いた薬は1週間分でマクロライド系の抗生物質も入っています。ところがその後、来る日も来る日も同じ状態が続き、毎日38・5度を超す高熱と咳に悩まされ続けました。

病院で薬を貰ってから5日経ち、結核ではないと言ってもらって一時は安心していたのですが、いつまでも下がらない熱と咳に、内心結核ではないにしても、ひょっとしたらマイコプラズマ肺炎ではなかろうかと疑っていました。マイコプラズマ肺炎は、高熱が続き、夜になるとより高くなり、風邪の症状はなく、しかし乾いた咳が続く――症状があまりにもよく似ているんです。

もしマイコプラズマ菌を持っているなら・・・大変困ったことになります。

というのも、実は東京にいる倅が4月の下旬から約2ヵ月間中国へ出張することになっており、その留守中にお嫁ちゃんが2ヵ月と2歳半になる孫二人を神戸に連れて来て、我が家で一緒に過ごしてくれると言うのです。

4月の終わりに家内が東京まで迎えに行く予定で新幹線の切符も手配済みです。もし来神までに完治しないと神戸に来させるわけには行きません。もしマイコプラズマ肺炎だとすると孫達が来る前に完治することは到底考えられません。


そんなことを心配して、孫達を神戸に来させないようにしたほうがいいから、お嫁ちゃんに連絡するようにと家内には伝えたのですが、家内はその前に担当医を変えるか病院を変えてもう一度詳しく診てもらったら?どっちにしてもこのままでは身体が衰弱して持たないだろうと言います。

そんなことで、18日(土)に再度病院へ行ったところ、その日はたまたま前回担当の先生は休診で別の先生に診てもらうことになりました。

一通り経緯をお話した時点で、すぐにレントゲン検査、血液検査、喀痰検査、尿検査などを指示され、点滴を受けている間に大至急検査結果を出してくれました。

先生にマイコプラズマ肺炎を心配していると伝えると、血液の陽性反応検査の結果、結核菌もマイコプラズマ菌も陰性であると断定してくれました。しかし、何もないわけではなく、気管支肺炎に罹っているとのこと。13日のレントゲン写真には陰は映っていなかったのですが、この日の写真では3~4箇所に花火のように白っぽいところがありました。

そういえば最近喉の調子が悪く誤嚥することが多くて、その事を先生にお話しすると、その誤嚥によって菌が気管支にはいった可能性も高いとのこと、口中は菌がすごく多いので、健常者でも常日頃から水でいいからグブグブとうがいをする習慣をつけた方がいいと仰います。そうすることによって口中の菌はかなり排出できるようです。

で、肝心の診断結果ですが―――

―すぐに入院の手続をしますから今日から泊まって行って下さい。

―ええ゛~~@o@// 入院ですか? 入院しないとダメですか?どのくらい?

―今日から10日間入院して、1日3回、朝昼晩と殺菌剤を点滴します。

―ダメです。仕事がありますから。

―仕事を離れるために入院するんです。

―それがダメなんです。通院にしてください。おとなしくしていますから・・。

―仕方がないなぁ。毎日点滴に通えますか?

―通います。

―じゃあ、3日間様子をみることにします。3日後にもう一度診察に来てください。


こんなことで、今までの内服薬も変え、また毎日半日がかりで病院へ通って点滴を受ける約束で、何とか入院だけは避けることができました。

992_5.jpg

そして3日め、熱も下がり、再度血液検査、レントゲン写真、CT検査などを受けたのですが・・・。

―今日のレントゲンでは前回に比べて白い陰が小さくはなっているけれど、陰が消えたわけじゃないし、相変わらず咳や痰が出ているから、やっぱり今日から1週間入院しましょう。

―熱が下がってきているので、方向としては、今の点滴と内服薬が効いているということなのでしょう?白血球数やCRP(炎症性疾患や体内組織細胞が破壊すると血清中に急激に増加するタンパク質)の炎症反応値も前回より下がってきているので、今までと同じように通院して、内服薬を出して頂いて、点滴を受けさせて下さい。入院しているのと同じようにお酒も飲みませんし、お利口にしていますから。(笑)


お医者さんよりエバっている困った患者です。(爆)

こうしてまた、2回めの入院要請も回避することが出来ました。

その代わり、ごり押しをした分、毎日半日がかりで点滴を受けに病院通いです。 6種類の薬も毎食後欠かさず服用しないといけません。仕事以外はパソコンも触りません。その仕事のほうも必要最小限で。もちろんブログは完全に無視しました。

気管支に入った口中の雑菌や風邪などの原因菌はともかく、気管支肺炎自体は人にうつる病気ではありません。しかし、夜中にはげしい咳が出てうるさく、家内も寝られないと言って家出、いや寝室を出て別の部屋へ移りました。家庭内別居です。(笑)

977_5.jpg

そして今日27日、いよいよ3回目の検査です。

努力の賜物で、今はもう熱も全然ありませんし、咳も治まりました。

4度目のレントゲンを撮り、血液検査もして・・・。

そして診察の結果、晴れてお医者さんからほぼ完治の診断を頂きました。3度目の入院要請はありませんでした。やっと点滴からも抗生剤の薬からも解放されました。次回は念のために2週間後に事後経過を診ましょうとのことでした。思えば発症からなんと3週間ぶりです。

つける薬はないと言われるおつむの病気(笑)以外には今まで病気らしい病気をしたことがなく、ましてや入院をするような大病を患ったことはありませんでした。しかし、最近は歳をとるごとに怪我や病気の治りの遅いことをつくづくと思い知らされます。

皆さまにも大変ご心配をお掛けしてしまいました。

メールを頂いても私からはご返事を差し上げず、家内からご返事をさせて頂き失礼を致しました。申し訳ありませんでした。どうしても外せない大事な仕事だけはしましたが、それ以外は入院しているのと同じ状態で過ごしました。もう少しの間大人しくしていたいと思っておりますが、身体の方はお陰様でもう大丈夫です。ご心配を頂き本当にありがとうございました。

家内は・・・入院してくれていたほうが、食事の心配もいらないし、なによりも入院保険が下りるので、その方がずっとよかった・・・なんて打算的に申しております。病いで落ち込んでいるんだからウソでもいいから、お父さんが入院せずに傍にいてくれてよかったわ・・・ぐらいのことを言ってくれたら可愛いんですが。(アンチクショウメ=笑)

   在宅病院食(笑)024_25.jpg

いよいよ明日28日は家内が早朝から東京へ孫二人とお嫁ちゃんを迎えに出発します。夕方には孫達を囲んでさぞ賑やかになることでしょう。

ギリギリ間に合ってよかった~~。


0976_5.jpg






スポンサーサイト

加古川あたり① 日岡公園
4月11日、12日の土・日で今年のサクラも見納めであろうと思い、加古川の日岡公園に行って、最後の「桜のトンネル」をそぞろ歩く計画を立てていました。

"いました"――というのは、9日から38.5~39度に近い高熱(私の平熱は36度です)が出てしまったのです。喉の奥に炎症を起こしていて生つばを呑み込んでも痛いのですが、鼻水が出るとか咳が出るという風邪の症状はなく、金曜日になっても、土曜日になっても高熱は下がりません。病院へは行っていませんが、以前にもらった風邪薬や消炎・沈痛・解熱剤などは飲みました。

日曜日の午前中にはやっと37度くらいに下がってきたので、加古川へ電車で出掛けることにしました。

目的は、JR加古川から北へ入る加古川線の2駅め、神野駅から「神野町の菜の花祭り」、手前の日岡駅の「日岡公園のさくらのトンネル」、そして加古川駅近くの「かき庄」さんに隠岐の岩牡蠣が入荷したというので、これもついでに食べてこようと・・・。

893_5_3.jpg
先ずは加古川駅でイコカの使えない加古川線の下車駅までの切符を購入。最初の駅「日岡駅」は無人駅です。単線を走る1両編成のワンマン電車はバスのごとく運転手さん自らが乗車券の回収です。

895_5x3_20090414063611.jpg
新聞で見つけた神野町の「菜の花祭り」は出掛ける時に記事が見つからず、うろ覚えのままです。神野駅に着けばなんとかなるでしょう。記憶では確か12日には菜の花の天ぷらを無料で配るとか。(左上は昨年の菜の花祭り=神戸新聞) 

神野駅に向かう電車の沿線にも菜の花や桜が・・・。そして神野駅。ここは無人駅ではありません。 早速「菜の花祭りへはどう行けばいいのでしょうか」と駅員さんに尋ねました。「菜の花祭りって聞いたことがありませんが」。 「えぇ~~っ、バスもあるように聞いたのですが」。 「ここにはバスはありません」。 これには参りました。神野町の後の字名がわかりません。 何かの記憶で神野小学校の近くというのがインプットされていて、推測でそこに向かって歩くことにしました。

途中の神野町の一番の繁華街にあるAコープで、巻き寿司などを買い込んで、「神野小学校はどっち方面へ行ったらいいのでしょうか」と、聞きました。「陵北小学校じゃないですよね?神野小学校まで歩かれるのですか?」 陵北小学校なら近くにあるようですが、神野小学校まで歩きだと結構距離があるらしいです。時間が掛かるということで、タクシー会社の電話番号を教えて頂き、Aコープのある信号まで来てもらいました。

まもなく到着した播州交通のタクシーの運転手さんに「菜の花祭りの会場へ行きたいんですが」と言うと、「そんなお祭り聞いた事がありません」。 やっぱり・・・。 とりあえず神野小学校まで連れて行って貰い、付近を回って探して貰いましたが、菜の花畑はありますが、どこでも見かけるような小さな畑で、お祭りをやるような規模ではありません。 いさぎよくでもありませんでしたが、もうあきらめることにして、次の目的地、「日岡公園」まで走ってもらうことにしました。 (後でわかりましたが、神野町石守公園という場所でした)

hioka3
「日岡公園の桜のトンネル」。こちらはすべり込みギリギリセーフでした。新聞で見たサクラのトンネルの風景には時期的に少し劣りますが、時折吹く強い風が、はなびらを雪のように舞い落とし、これはこれでなかなか風情があるものです。4~5日前に えみちゃんが当地を訪れた時 クリック あたりが一番の満開時だったのでしょう。

909_5_2.jpg
早咲きのサクラはもうすでに散っていて一部葉桜に代わっています。人の足が踏み入れられていない花壇などは雪が積もったようです。

910_5.jpg
散ったサクラの花びらで敷き詰められた絨毯もそれなりにキレイなものだと自分で自分をなぐさめながらの花見です。なぐさめながらと書きましたが、私はそれなりに花びらの絨毯も大好きなのです。 

話は少し逸れますが、3年前に姫路城へ出かけた時の私のお気に入りの花びらの絨毯の写真は こちらクリック に掲げております。

912_5.jpg
中には、今が盛りの遅咲きのサクラもあります。青い空に薄ピンクの花を広げ黒い枝がアクセントとなり、見る者の目を楽しませてくれます。

922_5.jpg
こちらは、公園内に一本だけ植えられているピンク色が少し濃いめの枝垂れ桜です。この枝垂れ桜もちょうどこの日が満開でした。

932_5.jpg
この日の気温は24度。歩いていても汗ばむ陽気です。花見客は公園内のサクラではない大きな常緑樹の下に日陰を求めて集まっています。(笑) 私たちも日陰に入り、さっき神野町のエーコープで買ってきた巻き寿司を頂きました。

930_5.jpg
神野町石守公園の菜の花畑は見られませんでしたが、散り際寸前の日岡公園の桜のトンネルを楽しんで参りました。




加古川あたり② 常楽寺と日岡神社
904_5.jpg
一通り日岡公園の遊歩道を往復散策し、今年最後の桜を楽しみました。


942_5.jpg
帰路に着き、途中で見つけた石段とその先の山門。 寶生山常楽寺と書いてありました。


946_5.jpg
階段を上がると立派な本堂が正面にあり、サクラが満開です。 高野山真言宗のお寺でした。


948_5.jpg
元の石段には戻らず、本堂横の道を左へ入っていくと、播磨国、式内社「日岡神社」に続きます。 立派な拝殿です。拝殿の前には大きな絵馬が据えられています。日岡神社の祭神、天伊佐佐比古命が祖神に景行天皇皇后の安産祈願をしたことから、安産の神として信仰されるようになったそうです。因みにこの時、景行天皇皇后は双子の皇子を出産し、その1人がヤマトタケルです。


    951_5.jpg
境内から続く道の近くにある真っ白なのサクラが満開でした。サクラだと思うのですが、白い大輪の花と大木であることから「太白桜」ではないかと思うのですが・・・。かなりいい加減かも。(笑) ご存知でしたら教えてください。


953_5.jpg
そしてその道の先、日岡駅に向かう途中で見つけた飾り瓦。白い土塀の角の部分にチョコンとたたずむカラス(?)です。いや、カラスなのでしょうか? 家内はカラスだというのですが・・・。(笑)


954_5.jpg
やっと日岡駅にたどり着きました。 4時30分発の電車が出たばかりで、30分近く待たないといけません。どんな時間帯でも5分か10分で電車がくる神戸市内に住んでいると、待ち時間30分はさすがに長く感じます。

この頃からまた熱が出てきたのか少し調子が悪くなりフラフラしてきました。 この後、加古川市内の「かき庄」さんで隠岐の岩牡蠣を食べて帰るつもりをしていましたが、今回はやめて帰ってきました。
美味しいもの、食べはぐりました。(笑)



[続きを読む]

いかのおすし
神戸市のある公共施設の鍵を預かっています。

昨日のことです。

その建物に付属している駐車場を、「朝9時頃から2台分貸してください」と、警察から電話がありました。

この日は神戸市の小学校の入学式です。

近くの小学校の新入生の安全のためにおまわりさんが出て交通整理をしてくれるんだ。

はい。入学式で「イカのおすし」を配りたいんで・・・。

はぁ~~あ? 

イカのお寿司を配る? 

小学校の入学式で?


今は入学式でイカのお寿司を配るんですか? 

それも警察が? 


そんな話、聞いたことがありません。 

何でイカのお寿司なんですか?

言いませんでしたが、イカのお寿司だと喉を詰まらせたらいけないから、マグロのほうがいいんじゃないの、と思いましたが・・・。(笑) 

学校の先生やPTAの親御さんはみなさんご存知なので・・・と。

説明はありませんでした。

どうやら、みなさん知っているらしいんです。

知らないのは、私たちだけ???

これはもうパソコンで検索するっきゃない。

何かヒットするかも・・・。

googleさんに聞きました。

すると・・・

何かヒットするどころではありません。

警視庁のHPをはじめ、腐るほど出てきました。(笑)

全国規模で、いかのおすし・・・のことが。

この日、おまわりさんたちは、「いかのおすし」を配りながら、小学校の正門前で交通整理をしていました。

ごくろうさまでした。

ふぅ~~。(笑)


こちらはまぐろのおすし 誰も知ってるって(笑)
    
IMG_3538_3.jpg

いかのおすしはこちら
   
[続きを読む]

麻布十番 手づくりひもの「あん梅」
土曜日の朝に生放送で放映される毎日放送全国ネットの『知っとこ!』。

「これぞ絶品!お取り寄せアツアツごはんの友」のコーナーで紹介された、 一流の料理人もほれこむという麻布十番「あん梅」さんの最高級ひものを早速お取り寄せ、今日届きました。
79x3_5.jpg

東京、麻布十番。一流の料理人もこぞって訪れるという干物のお店『あん梅』の店内にずらりと並ぶのは、全国で水揚げされる魚の中でもそれぞれ一級品ばかりを使って作られた干物。

天気が良い日は、太陽とにらめっこしながら、1枚1枚丁寧に干物を作るそうなんですが、この干物を干す場所は?というと…なんと東京タワーがすぐ近くに見えるビルの屋上!!

「とにかく美味しい干物を作りたい!」そんな思いで築地に毎日足を運び新鮮な魚を仕入れているんです。

本当に美味しい干物作るためには、刺身で食べられるほど新鮮な魚を使うことが、その絶対条件!

そして、魚の種類や大きさによって塩をする時間を変え、さらに天日にさらすときは、魚が乾きすぎないよう細心の注意が必要なんです。

素材選びから製造工程に至るまで、すべてにこだわり抜いて作られた『あん梅』の干物は、なんといっても香りが違います!これさえあれば、ごはんが何杯でも食べられる!

魚好きにはたまらない!一度は食べてみたいアツアツごはんの友です。

                               (知っとこ!より)


anbai.jpg
通販で注文できるひものセットです。(他にも単品があります) 
6枚の写真の順に・・・
   ひめあん梅セット             花あん梅セット
   味あん梅セット              あん梅セット
   焼あん梅セット              焼ひめあん梅セット



83_5.jpg
刺身で食べられる新鮮な魚を使って、東京の空の下、ビルの屋上で干したという「あん梅」さんのひもの。
この中で私が注文したのは、「あん梅セット」
あじ2枚・さば2枚・さけ1枚・じゃこ山椒・さけハラス1枚・銀だら西京漬2枚が入って5,250円。送料945円と代引手数料315円を加算して6,510円でした。

63_67_74_5_5.jpg
今夜はこれで晩酌を飲り、あつあつのご飯に載せていただくことにしましょう。楽しみです^^


75_T56.jpg
【干物 あん梅(有限会社 夢や)】
住所:〒106-0045 東京都港区麻布十番2-19-2
電話:03-5439-6937
営業時間:11:00~23:00 定休日:日曜
ホームページ: http://www.e-anbai.co.jp/ こちらからどうぞ クリック  




親子で一緒に
「育ててくれてありがとう」。
「これからは両親を支えられるように頑張ります」。
会場のスクリーンには家族写真が大映しになり、
「感謝」としたためた色紙を両親に贈ると、
こみ上げた思いで声は詰まり・・・。
家族も思わずハンカチを目に当てた。
両親は子供の晴れ姿に熱い視線をむけて
そして、みんなの前で答辞の挨拶をする・・・。


結婚式の披露宴での泣かせる場面が目に浮かびますねぇ。

いえ、いえ。結婚式じゃないんですよ。

実はこれ、広島のオタフクソースの今年の入社式の風景なんです。

25人の新入社員に19人の親。我が子を見守る両親がずらり。社会人としての門出なのに親との食事会や会社見学ツアーまで。

新入社員の3割が入社3年以内に退社する昨今、「新人が働く事に迷った時、親が会社を知っていれば、子の考えをうのみにせず助言してもらえる」と会社側。採った人材にはしっかり育ってもらわないと困ると、離職の歯止め役を親に期待する。(日経新聞)

   静岡銀行グループの入社式20090406e3e0301m06nikkei.jpg日経新聞提供
               出席した新入社員と保護者(1日、静岡市)

一方、静岡銀行グループの入社式でも新人261人に対し両親約140人が平日にもかかわらず出席し、新入女性行員の母親は「満足。職場を見ておきたかった」と、その反応は上々だったようです。

時代は変わりましたね。

私たちの時代は、大学はもとより高校の入学式でさえも、格好悪いからついてこないで、と言ったものですが・・・。それが、こともあろうに社会人としての門出にまで親が付き添う時代なのですか?

野生動物であっても、自分で狩りができるようになった時、親は子を突き放します。

狩り(稼ぎ)が出来るようになっても親離れしない子。そして過保護の親・・・。

日本はこの先どうなるのでしょう。






阪急沿線をぶらぶらと① 夙川さくら道
5日の日曜日、前日の雨も上がり、午前中は曇っていてものの午後からは陽が射して来ました。

暖かい花見日和となり、夙川沿いのサクラ道へぶらりと出かけて来ました。

817_5b.jpg

803_5.jpg

818_5.jpg

814_5b.jpg




阪急沿線をぶらぶらと② 阪急西宮ガーデンズ
JR神戸線のさくら夙川駅から阪急夙川駅までサクラ道のほんの一部分を歩いただけで、電車の乗って一駅先の阪急西宮北口駅までやってきました。

819_5.jpg

元阪急ブレーブスのホームグラウンド、旧西宮球場跡地約9haに昨年11月、ショッピングモール「阪急西宮ガーデンズ」がオープンしました。まだ一度も行った事がなかったので、今日初めての見学です。(笑)

820_5.jpg

核テナントは、阪急百貨店(面積:25,000m² )とイズミヤ(10,000m² )、シネマコンプレックス(12スクリーン 20,000m² )。総店舗数は約268店で規模としては西日本最大級、全国でも3位ということです。

825_5.jpg

取り敢えず、グルッと一回り。

一回りしだけで駅にもどり、帰ろうかと・・・。ん? 待てよ。ここから特急に乗ると一駅で十三(じゅうそう)じゃん。

そんなことで、十三になにがあるわけでもなかったのですが、そちらに向かって電車に乗りました。

あのチケットレスのICOCAやPITAPAってやつは便利ではありますが、行き先を決めて切符を買うでもなく私のようにフラフラとあてなく動いている者には無駄使いするきらいがありますね。(笑)

828_5.jpg


阪急沿線をぶらぶらと③ ネギ焼き(十三、やまもと)
十三――

といえば、有名なお店がここ。 「ねぎ焼きのやまもと」さんです。

838_5.jpg

まだお腹がすいてはいないのですが、ここまで来てネギ焼きを食べないわけにはいかない。(笑)

そんな早い時間だったのが幸いして、すぐに入れました。 20数人入れるお店ですが、それでも満席です。

833_5.jpg

お願いしたのは、スジコン入りのネギ焼きと、肉とシーフードの入ったデラックス焼きそば。

美味しく頂いて、〆て2200円也でした。

837_5x2.jpg


阪急沿線をぶらぶらと④ みたらしだんご(十三、喜八洲総本舗)
阪急十三駅前。

「十三本一商店会」って本通り1丁目? 本町1丁目?
839_5.jpg


なんて、言いながらここから駅まで50~60メートルほどの商店街の中ほどに、みたらし団子のおいしいお店「喜八洲」さんがあります。 突き当たりが阪急十三駅です。
a830_5.jpg


ちょっと形の変わった円柱状のみたらし団子を目の前で焼いて、焼き上がったらとなりの四角いウオーマー鍋のタレにチャポンとつけて・・・
b843T_T5b.jpg


注文をすると焼き加減を聞いてくれます。焦げ目を強くつけるのか、普通の焼き加減でいいのかと。
844TAB_5x.jpg
タレに串を差し込んでも倒れません。 沈みません。 そんな濃厚なタレです。 でも、甘ったるくもなく、しょっぱくもなく、ちょうどいいあんばいです。


そのタレもチャポンとつけて容器の中に本数のみたらし団子を並べるだけなのですが、団子にからまったタレは容器の中にたっぷりと入っています。チャポンとつけて・・と書きましたが、濃厚なタレなのでトプンとつけて・・と表現したほうが合ってるかもしれません。

私は元来団子ぎらい、餅ぎらいなのですが、ここ喜八州さんのみたらし団子だけは別格です。美味しいと思えるのは、やはり秘伝のタレにその答えがあるのでしょうね。

この日は5本入りを2箱買ってきました。一箱400円、2箱で800円です。家に帰ってもまだ温かさが残っていて早速一箱開けていただきました。 おいしい~~!
d859_5.jpg


王子動物園 夜空に浮かぶサクラのトンネル
4月2日、3日、4日と王子動物園の桜の通り抜けが始まりました。

今年はここに来て花冷えが続いており、5分咲きということでしたが、昨夕行ってきました。

夕べは気温があがり、暖かい夜でした。

動物園の入り口。
06+92_5.jpg
着いたのは6時半、まだ空は明るいです。左は到着時、右は帰る時。


門をくぐるとフラミンゴの池が。なにしろ動物園ですから・・(笑)
09+10+14_5.jpg
園内の通り抜けの入り口で募金箱に1人100円の桜募金を入れて・・・。


最初のサクラのトンネルを抜けるとアミューズメントコーナーに・・。
27+25_5.jpg
小さい子供たちがライトアップされた遊具で楽しんでいます。


売店で売っているパンダ肉まんとパンダあんまん。人気です。
15+16+21_5.jpg
黒い部分はイカスミで色づけしてあります。鼻は金時豆でした。


桜のトンネル。 トンネルは数カ所あります。 
52+38+42+66_5.jpg
5分咲きということで、まだツボミがかたい木も・・・。


ここからは、お気に入りの写真です。ライトアップされた夜桜。
36_5.jpg

85_5.jpg

54_5.jpg
74_5.jpg
北野異人館から園内に移築された旧ハンター邸もライトアップ。

90_5.jpg
夜桜に浮かぶ観覧車。帰りがけに動物園の塀の外から撮りました。

2時間の通り抜け。 夜桜のトンネルを楽しんで来ました。




世界自閉症啓発デー
昨夕遅く、ウォーキングに出たついでに途中で食事をして帰ってきました。

帰宅後テレビをつけるとNHKの「ニュースウォッチ9」で、「自閉症の子の育児に理解を・・・孤立する母をどう支える」という番組が流れていました。

番組の途中から観たテレビでしたが、私の自閉症に関する知識が間違っていた事を思い知らされました。

この日は4月2日。私は知らなかったのですが、平成19年12月の国連総会において、毎年4月2日を「世界自閉症啓発デー」(World Autism Awareness Day)と決め、世界各地において自閉症に関する啓発の取り組みが行われているそうです。

この日のNHKの特集番組はこれを受けて放送されたものでした。

私は・・・自閉症とは、人にいじめられたり、親に冷たく育てられたりして、世間との関わりを上手に行えなくなってしまい、自分の殻に閉じこもってしまった鬱の状態・・・と、今まで思っていました。

ところが、これは間違いでした。

普通の人は、社会参加に必要な言動や常識が自然に身につくけれど、自閉症の人は、この過程の発達が極めて遅い状態にあり、人との関わりがうまくできなかったり、自分の気持ちや感情をうまく伝えられなかったりします。

同時に他人の言葉の意図がわからなかったり、また社会の規則がなかなか理解できなかったり、或いはひとつのことにこだわりすぎたりすることがあるなど、精神的にアンバランスな発達が見受けられることもあります。 

その反面、とても純粋で、自分が感じたままに話したり、行動したりもしますし、なかには感覚や記憶がずばぬけて秀でている人もいます。


この自閉症の人たちの立場に立って、その行動や態度や意味を理解し、この人たちが多くの差別を受けているということに気づいてほしい、というメッセージが世界自閉症啓発デーの公式サイトにもありました。

  写真:共同通信20090118相生カキ祭り (2)

「世界自閉症啓発デー」のこの日、故ジョン・レノンさんの妻で芸術家のオノ・ヨーコさんが製作した壁画「約束」がニューヨークの国連本部で公開されました。

作品の「約束」は高さ2.1mの壁面にジグソーパズルのようにアクリル製の67個のピースが組み合わされて青空と雲が描かれていますが、2個のピースが抜けていて、治療法がみつかっていない現状を表しているということです。

67個のピースは世界で苦しんでいる自閉症の患者の数6700万人を表現しています。

ピースごとにインターネットで最低入札価格1ピース千ドル(約10万円)で競売にかけられ、売上金は自閉症への支援団体に寄附されるそうです。



カレーの木と日本産のスパイス「カレーシード」              4月1日
日本人が老若男女を問わずカレー好きであることは誰しもが認めるところですよね。

にも関わらず、日本のカレー業界をリードする○スビーさんも、○ウスさんも、日本産の原料を使用したカレー粉は作っておりません。

カレー粉の原料になるスパイスは「カレーシード」(カレーの木の種子)です。 この実がなる「カレーの木」が、今まで日本では植えられていなかったのがその理由です。 現在「カレーシード」は全てインド、スリランカ、インドネシア方面の熱帯地域から輸入されています。

          250_25.jpg

何故日本に「カレーの木」がないのか? その理由は熱帯性のカレーの木は日本では寒い冬を越す事が出来ないからです。その上、「カレーの木」は乾燥地帯を好み日本の梅雨の季節も嫌います。

海外から苗を持ってきて育てようとしても大抵は1年以内で枯らしてしまいます。それほど日本には馴染まない木なのですが、これを和歌山の南端、古座川の近くで栽培されている方がいらっしゃいます。

そんな日本の気候に合わない木をどうやって枯らさずに育てているのか、気になりました。

東牟婁園芸センターのNさんは、元来ミカン農家の方ですが、農協の職員が持ち帰ったカレーの木が蜜柑科であることからセンターの温州ミカンの木に接ぎ木をしてみました。ところがこれは枯れることなく育ったのですが、採種した「カレーシード」にカレー独特のピリッとした風味が出ず、残念ながら失敗に終わってしまいました。

しかし、カレーの木を日本の気候に耐え得る木に接ぎ木をすれば枯れない事が分かり、Nさんは今度は山椒の木に接ぎ木をして試されたそうです。

野生で香りのないイヌザンショウをはじめ、中国で花椒(ホアジャオ)と呼ばれる華北山椒、有名な朝倉ザンショウに、大粒の房状に実のなるブドウザンショウなど数種類の木で試験栽培を試みました。その結果、朝倉種の雌木に接ぎ木をしたものが、海外から輸入された「カレーシード」よりはるかに日本で市販されているカレー粉に近い風味があることが分かったそうです。

          697T_25.jpg

今では農園の一角を「カレーの木」の専用農場にして栽培し、そこそこの収穫量を上げていると言います。Nさんは、いずれはこのカレー粉を使ったカレーライスを和歌山県の名産品として育てあげようと努力し、県の協力もすでに取り付けてあると言っておられます。

日本産のカレーの木から採れたカレーシード。この国産原料のスパイスで作られる日本人向きのカレーライスを、カレー大好きな私は一日も早く味わってみたいと楽しみにしています。


疑問点があればクリックして下さい。
   ↓

[続きを読む]



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。