La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2007 - 06
>>
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


山桜桃 二首
卯月、花の季節に詠む-

 うすらびに 照りて舞ひ散る 花ゆすら 

  紅き実待つは 亡き母に似て

               ――duo



FI2617723_2E_5.jpg

.
水無月、実の季節に詠む-

 想い出づ 紅き実に充つ ゆすら梅 

  実生の枝葉(えだは)に 古木を重ね

               ――duo



FI2617723_4E_5.jpg


阪神大震災の前の年、古い平屋建ての木造住宅を取り壊して新しく建て替えました。当時は広い庭にいろいろな生り物の樹木が植わっており、ユスラウメもそのひとつでした。

建て替える前のユスラウメはザルに何杯もの実が穫れ、母はそれで果実酒を作っておりました。

甘くて、色がきれいで、口当たりのとてもよい果実酒で、梅酒やレモン酒なども同時に作っていましたが、その中でも一番人気の高い美味しいお酒でした。

建て替えによって、庭の樹木は全部伐採されることになり、ユスラウメも例外ではありませんでした。

新しい庭はほんのネコの額ほどに小さくなってしまい、古い樹木を移し替えることができません。

それらの果樹の中で、実生(みしょう)で生えたまだ小さな蜜柑や柿、石榴など数種類の幼木がありましたが、そのうちユスラウメとモモの木だけを移植する事にしました。

そして震災から数年後・・・・・母は亡くなりました。

新しい庭で十数年の年月を刻み、今、ユスラウメもモモの木もまだ若木ではありますが、立派な花を咲かせ実を結ぶようになりました。


ユスラウメにしてもモモの木にしても、これらは母の愛した樹木の二代目ではありますが、あらためてその花や果実を見るたびに、今は亡き母と昔あった老木を想い出します。


 . . . ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

母の逝った日は5月2日。 母が好きだった真っ白なハナミズキがちょうど満開で、一枝手折って母の胸に乗せことを想い出しました。 

FI2617723_5E_5.jpg

そして今日6月2日は、たまたま祥月から一月遅れの月忌(がっき=月命日)です。 

この二首を亡き母に手向けて・・・ 合掌




スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。