La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 11
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


柊の字のごとく冷たい節分です
4637t16_1

節分――季節を分ける日。

正しくは季節が始まる日の前日を言います。だから本当は春夏秋冬、年に4回あります。立春、立夏、立秋、立冬の前日の日を表すのですが、江戸時代以降は立春の前日を表す言葉に特化しています。

この日、鬼が入って来ないように柊や鰯の頭を戸口に挿して豆を撒いて鬼を退散させます。

今年はじめて節分の日に家内が不在となり、豆まきをしませんでした。

その代わりに鬼のお面と節分豆を玄関に飾りました。これで邪気払いができればいいのですが・・・。

柊の枝が手元になかったので、楠の葉をヒイラギ風にカットして代用しましたが、これでは鬼はスッキリした楠の匂いに逆に集まって来てしまいますかねぇ。(笑)


4643t16_1

一夜明けると立春です。

木に冬と書く「柊」から、木に春と書く「椿」に・・・、そして鬼のお面をお多福に代えて我が家の玄関飾りは立春を迎えます。


暦の上では冬から春へと季節の移る日ですが、今年の節分はとても風が冷たかったですね。

立春も寒い日となるのでしょうか。




スポンサーサイト

duoさんちの年賀状で~す
毎年同じパターンで変わり映えしませんが・・・
今年のduo家の年賀状はこんなんでした。

     gajo
この日、近くの神社へお詣りに出たついでに私の年賀状にも登場した
「鉄人28号」に会ってくることにしました。
   
[続きを読む]

新年のご挨拶
       320

明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になりました。

本年も相変わりませずどうぞよろしくお願い申しあげます。



480

今年は美味しいお酒が飲める年でありますように・・・。

そして、この寅年・・・ 

天高く舞い上がる凧のように、

皆さまにとっても、duo家にとっても、

そして阪神タイガースにとっても(笑)、

限りない飛躍の年となりますように・・・。



     480

デフレの中、好景気にはほどほど縁が遠いこの年――そんな思い通りになるワケがないか・・・。

それに、この凧、「虎」じゃなく、「龍」なんだよね。(汗)
ちょっくら手を加えてでも「虎」に変えておくべきだったか・・。(笑)

でも私は、ブログのサブタイトルに――

 悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。
 人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!


と、書きました。

うん! せめて私たちのまわりだけでも、天高く飛躍を目指して佳い年にしてしまいましょう!


(写真はいずれも昨年暮れに焦りまくって入れ替えたショーウインドウのピックアップです)



やっと新年を迎えられそうです
前回の記事のコメントにも書きましたが・・・
今まで後回しにしてきた仕事のツケがまわってきて、記事の書き込みも、又ご訪問もしばらくご無沙汰しておりました。 すみませんでした。(ペコリ)

年内の仕事を来年に持ち越してはいけない、今年の内には終わらせてしまいたいとクリスマスもそこそこに、そしてせっかく来神している孫たちも放ったらかしにして最後の追い込みに明け暮れていました。

お陰様でやり残していた会社の仕事をやっと片付けることが出来ました。ショーウインドウもクリスマスが終わっていつまでもサンタさんやクリスマスイルミネーションを飾っていては笑われますので、仕事を一時お預けして大急ぎでお正月バージョンに変えました。時間に追われるものは焦ります。(汗)

そんなわけで、ようやく明日は佳きお正月を迎えられそうです。

みなさまには今年一年大変お世話になりました。来年も懲りませずどうぞよろしくお願いいたします。

どうぞ佳いお年をお迎えになられますよう・・・。

480
   ウインドウのアンパンマンは季節の飾り付けに関係なく、どうしても外せないアイテムです。(笑)



師走とはよく言ったものです
          1

カレンダーはいよいよ最後の1枚を残すだけとなりました。

1年で一番大変と思うのは、やはり12月です。師走とはよく言ったものだと思います。先生でなくても走り回らないと片付きません。

とにかく忙しい月です。 

       2

写真は先月半ばに飾り付けた我が家のウインドウの一部です。毎年変わり映えがしません。(笑)  

奥にある絵は下の娘が中学生時代に描いた油絵です。枯れ木のにぎわいでこんなものまで飾っています。(笑)

1年をしめくくる最後の月・・・今月もどうぞよろしくお願いします。
[続きを読む]

免許証の更新
昨日、免許の更新に行ってきました。

昨年4月の出張中にヨーグルトとトマトジュースを買いにコンビニへ入った時に運悪く(笑)、おまわりさんに遭遇したった2分の駐車違反 クリック で切符を切られてしまいました。

これさえなければゴールド免許だったのになんとも残念なことでした。過去5年間の軽微な違反が1回――ということで、講習時間は1時間です。

相変わらずの教則本の数々。途中で捨てていく人が多いのか、「必ず家まで持って帰って下さい」と。(笑)

    1

最初の30分は、講習者を飽きさせないための作戦か、高座に上がった噺家が落語調でまとめたビデオ講習。孫子の兵法「彼を知り、己を知れば、百戦して危うからず」になぞらえて、馬の時代を現代の車社会に置き換えてのお話でした。

30分弱のビデオ講習が終わり、引き続き法改正を中心に講習テキストによる30分の講義を経て、新しい免許証が交付されました。

免許証と一緒にこんな紙切れが渡されました。

    2

「更新処分通知書」。いかめしい名前がついていますが、要は、あなたは違反があったので優良運転者としてのゴールド免許証はあげませんよ。文句があるなら、警察へ文句を言うか、裁判を起こしなさい、というもの。

たった2分の駐禁で逃したゴールド免許証、腹立たしい限りですが、違反は違反、身から出たさびですから仕方がありません。はい、訴えたりしませんから・・・。(笑)

免許証の写真は一発勝負で選べません。だいたいにおいて変顔となるのが相場ですから、少しでも穏やかないい感じにと、斜め45°まではダメですが、片耳がなんとかギリギリ見える程度のハスに構え、口角を上げるようにして撮して貰いました。

出来上がった免許証、見て笑いました。しっかりヘン顔です。まじめ(?)な本人らしからぬ、まったくニヤケた女たらしの顔がそこにありました。(爆)

これから5年間、この写真のお方とお付きあいしていきますデス。はい。(笑)



身慎莫
先日の文化の日は、それまで汗ばむような暑い日が続いていたのに、一転して震え上がるほどの寒波と木枯らしで冬物もまだ準備していないと慌てたものでした。

今日は立冬。立冬とは言っても名ばかりで、今日、明日の天気予報では、いい季節を逆戻りしてまた暑くなるようです。インフルエンザが猛威をふるい始めたこの季節、こう極端に寒くなったり暑くなったりでは身体がついていけません。皆さんも風邪など召されませんようにご注意下さい。

ところで、今日の日経新聞の「春秋」にこんな記事がありました。 「身慎莫」。 読めますか?

一部を書き写します。

 みじんまく。漢字で身慎莫と書く。最近はあまり見ないが、身じまいと身支度が混じってできた語ともいう。だから普通は身じまい、身支度の意味で使う。きょうは立冬。全国的に秋晴れの予報だが、さあ、寒さに向けた身慎莫である。

 そんな使い方からの連想だろう。この言葉には「自分のことを自分できちんと処理すること」という意味がある。もう一つ、不思議なことに「金銭などを隠して貯(たくわ)えること」の意味にもなる(日本国語大辞典)。

春秋はこの後―― 

いま、それやこれやの身慎莫が問われている人は、と言えば、まず鳩山首相の名を挙げねばならない。

と、つながって鳩山首相の話になるのですが、それはさておき、「身慎莫」という漢字を読めませんでした。さらにこの「みじんまく」という言葉の意味も知りませんでした。

この歳になっても知っていることなんて、たかだかしれています。例えば漢字ひとつをとってもまたその意味にしても、生まれたばかりの赤ん坊の一握りにも及びません。こういう記事を書ける新聞記者さんの語彙の豊富さにあらためて敬意を表します。


さてこれから、身慎莫・・・いえ、身支度をして某自動車会社の新車展示会に行ってきます。

乗り換えるのか・・・ですって? いいえ、そんな余裕はどこにもありません。せこいですが、来場記念品だけを貰いにです。(笑) 今回はエコバッグとか。

また後で、この記事の後ろにでも写真を載せます。玄関でオクチャマが「まだ~?」と言って待ってます。取りあえず・・・記事をアップして・・・。

それでは、行ってきま~~す。

   ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ただいま~。 出掛けたついでに、ちょっとあちこち寄って、最後に食事をして今帰ってきました。

で、頂いて来たエコバッグはコレです。

1 2

以前はキャスター付きキャリーバッグだのエナメルバッグだの、或いは傘や帽子やパーカー、コーヒーカップから時計までと、ほとんど毎月のように結構いい物を頂いたのですが、最近は以前に比べるとちょっとショボいかも。(笑)

エコバッグ、タダでもらって文句を言っていてはいけません。(笑) エコ時代だからこれもまたいいか。そこそこ容量が大きくて、しかも小さくなって、左の写真のようにバッグの中央についているポケットの中に裏返して入ってしまいます。 軽くて使い勝手もよさそうだし・・・うん、これは、なかなかいいかも。(笑) 私のバッグの中に忍ばせておいて、買い物をした時に便利に使わせて貰うことにしましょう。



11月1日
1 2

いよいよ11月になりましたね。

この季節になると、年内残す月は12月だけ・・・と、仕事のはかどらなさにどんどんと焦りが募ってきます。やらないといけないことが山積して貯まる一方・・・。

郵便局が民営化されて以来、年賀ハガキの発売も早まり、ますます気持ちは焦ります。お尻に火がついてしまい、それこそボチボチやって・・・なんて悠長なこと言っておられません。

それでも今年はいまだに暑い日があります。季節のギャップに戸惑いさえ感じます。

取りあえず(笑)・・・今月もどうぞよろしくお願い致します。


11月の 今日は何の日  

11(いい) 
1日(日)大安 犬の日 自衛隊記念日 灯台記念日
2日(月)赤口 阪神タイガース記念日
3日(火)先勝 文化の日 文具の日 ハンカチの日
4日(水)友引 ユネスコ憲章記念日    
5日(木)先負 縁結びの日 電報の日
6日(金)仏滅 お見合い記念日
7日(土)大安 立冬 鍋の日 
8日(日)赤口 いい歯並びの日 刃物の日
9日(月)先勝 換気の日 119番の日
10日(火)友引 トイレの日 ハンドクリームの日 断酒宣言の日
11日(水)先負 介護の日 鏡の日 おそろいの日
12日(木)仏滅 洋服記念日 育児の日
13日(金)大安 うるしの日 いいひざの日
14日(土)赤口 アンチエイジングの日
15日(日)先勝 七五三 蒲鉾の日 着物の日
16日(月)友引 幼稚園記念日 いい色の日
17日(火)仏滅 将棋の日 いなり寿司の日
18日(水)大安 土木の日 カスピ海ヨーグルトの日 
19日(木)赤口 緑のおばさんの日
20日(金)先勝 ピザの日 
21日(土)友引 同窓会の日 早慶戦の日
22日(日)先負 小雪 いい夫婦の日 回転寿司記念日
23日(月)仏滅 勤労感謝の日 外食の日
24日(火)大安 東京天文台設置記念日 オペラ記念日
25日(水)赤口 OLの日 ハイビジョンの日
26日(木)先勝 いい風呂の日 ペンの日
27日(金)友引 ノーベル賞制定記念日
28日(土)先負 税関記念日
29日(日)仏滅 いい肉の日 議会開設記念日
30日(月)大安 本みりんの日 シルバーラブの日

 

ん? なんだ? この「シルバーラブの日」ってのは・・・。

シルバーラブの日――1948年(昭和23年)のこの日、歌人の川田順が弟子の大学教授夫人とともに家出したことに由来する。68歳の歌人の熱烈な恋愛行動に、人々は老いらくの恋ともてはやしたという。

老いらくの恋と言えば、小説の中の話ですが、渡辺淳一さんが日経に連載してその後ベストセラーとなった長編不倫小説「愛の流刑地」(通称 愛ルケ)の主人公も、この歌人、川田順さんほどのお歳ではありませんでしたが決して若くはなかったですよね。それでもこの主人公は親子ほども歳の違う人妻と熱烈な恋に落ちました。

私も・・・まだ・・・決して、捨てたもんじゃないかも、と・・・・。(ウヒヒ)

いや、仕事がたまっていて、こんなこと言っている場合じゃなかったんだ。(汗)


ああ、ドジ。 お墓参りでハチに刺され・・・
お盆に入りました。

夕べは、東京の娘と大阪の娘、2人が帰ってきました。倅たち家族は、倅の海外出張に合わせお嫁ちゃんと孫たちが4月から6月に掛けての約2ヵ月間、こちらに来ていたので、今回は東京のお嫁ちゃんの実家のほうへ行っています。

東京の娘が夕方に帰省、駅まで迎えに行って、その足でお墓参りに行って来ました。お寺さんの在家参りは、もうすでに9日、お盆前に済んでいますので、迎え火が後先になってしまいました。

お墓は六甲山の麓にあり、眼下に神戸港が眺められます。自宅から近い場所でもあり、貿易商を営んでいた父には港がながめられるので打ってつけと思い、この場所を選びました。この写真ではちょっとわかりにくいですが、山の端が下がったところに海が広がり、港にはガントリー・クレーンが見えます。よく晴れて澄み切った日には、この大阪湾の対岸に関空から和歌山までが遠望できます。

     002_003x80T


墓石のうしろの角に実生の楓の木があります。カラスが種を落としていったのでしょうか、邪魔にならない場所なのでそのままにして形よく刈り込みをしていました。今では背丈近くまで大きくなっています。今回は春のお彼岸以来お参りに来ていないので、かなり枝葉が伸び、お隣の区画に入っていたので早速剪定をしました。

ところが、アシナガバチが枝の中に巣をつくっていたようです。それに気がつかず、見栄えよく刈り込んでいたら蜂を怒らせてしまったようで、数頭の蜂に襲われました。追い払ったのですが、敵も必死、とうとうそのうちの1頭に黒いTシャツの上から胸部を刺されてしまいました。

ああ、なんとドジなこと・・・・・。 

スズメバチだったら大変でした。刺されはしましたが、比較的おとなしくて働き蜂の頭数も少ないヤマトアシナガバチだったことと、Tシャツの上からだったので多分針が深く刺さらなかったことで、痛みも我慢できないほどではなくホッとしたところです。

お墓だけに殺生はどうかとも思いましたが、他の墓参の方々にご迷惑をお掛けしてもいけませんので、可哀想でしたが、このあと丁重に(笑) 駆除させていただきました。




そろそろ梅雨入り?
12_13_5.jpg
夕方、西の空の雲が切れて太陽が顔を出しました。
そして、南の空からまだ曇っている北東の空に架けて120°にわたって弧を描いた大きな大きな虹がかかりました。

201_5.jpg
太い虹の外側にもう一つ。二重のアーチです。
時々雨がぱらついて・・・。
甲子園球場もオリックスとの交流戦が雨の中で始まりました。

93T_5.jpg
そろそろ梅雨に入るのでしょうか。
昨年は早く、近畿地方の梅雨入りは5月28日でした。
平年値は6月4日。 今年はまだ発表がありません。




我が家のウインドウを飾るお雛さまたち
IMG_0162x500_20090303144742.jpg

和紙に色鮮やかなお雛様

IMG_0268x500.jpg

ショーウインドウの床を飾る小さなお雛さまたち

IMG_0167x500.jpg

ちりめんタペストリーの壁掛けお雛さま

IMG_0164x500.jpg

佐賀を訪れた時に買い求めた有田焼のお雛さま

IMG_0165x500.jpg

こちらもその時に買った有田焼飾り皿の中のお雛さま

IMG_0166x500b.jpg

小風呂敷のお雛さま

IMG_0269_Tx500.jpg

山口県の郷土人形、大内人形のお雛さま
山口県防長の領主、大内弘世は陽緑門院三条という美人の奥方を迎えた時、京都河原町の御所人形職人を呼び寄せ、奥方のために御所人形を作らせました。「御所」の事を「大内」とも言っていたので、この地域では大内氏の名によせて大内人形と呼ばれるようになり山口防長の郷土民芸として親しまれています。

IMG_0157x500.jpg

奈良、手向山八幡宮の土鈴雛
手向山八幡宮は東大寺大仏建立のため、九州豊前国(大分県)宇佐八幡宮より東大寺守譲の神として迎え祀られた神社です。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。