La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 07
>>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


八朔の雪
8月下旬の新聞下欄に、全紙の3分の1を使ったこんな広告が載せられました。
 622_T168c.jpg
R-40本屋さん大賞文庫本部門 堂々第1位。 全国書店員さんから涙と感動の反響続々!!・・・と。



時代背景は1802年7月1日、大坂で淀川が決壊したときの回想シーンから 1814年の正月まで。今からおよそ200年ほど前のお話・・・。

と、書くと、これはもうテレビや映画の時代劇を想像しますが、史実に基づく歴史小説でもなく、腰に刀を差したお侍さんの剣豪小説でもなく、また十手取り縄の捕物帖でも、次郎長や忠治らの任侠本でもありません。

大坂から とある理由で上京した奉公人の娘が、江戸で繰り広げる人情小説であり、また料理手帖でもあります。巧みなストーリーの展開と人物構成、それにしっかりした時代考証と東西の味の違いなどが、きめ細やかに説明されており、ストーリーの展開もさることながら、思わずこれを食べてみたい・・と、楽しめる1冊です。


作家さんは兵庫県宝塚市生まれで、1993年に集英社のレディースコミック『YOU』に漫画原作者として初デビュー。その後、2008年に『出世花』(祥伝社)で時代小説の世界へと作家デビューを果たしたばかりの新進作家さんです。

2作目となるこの『八朔の雪』は今年5月に文庫本書き下ろしを発表して以来1ヶ月で13万部の大ヒットとなりました。7月には14万部を突破したと聞いて、新書発売から4ヶ月も経ってから、遅ればせながら求めた一冊です。 

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

   『八朔の雪』 みをつくし料理帖 
     ――高田郁 ハルキ文庫(580円)


故郷の大坂で、少女の頃に水害で両親を失い、天涯孤独の身であった主人公の澪。大坂の食通に愛された名料理屋「天満一兆庵」の女将に拾われますが、板場で修行中に火事で焼け出され、江戸に出てきます。その江戸で、今度は娘を亡くした蕎麦処「つる家」の主人に拾われ、娘のように可愛がられます。調理場で腕を振るう澪は、大坂と江戸の味の違いに戸惑いながらも、天性の味覚と負けん気で日々研鑽を重ね、人気の創作料理をつぎつぎと発表していきます。そんな中、彼女の腕を妬み、非道な妨害を受け・・・。

全編を通じて、困難に遭うたび涙をこらえて前向きに進んでいく澪の一途な姿、澪を取り巻く運命的な縁、深い絆、そして優しい人々の人情・・・気がつけば涙が滲み出て止まりません。


     duo1

八月朔日(ついたち)、通称「八朔」は、吉原の遊女が揃って白無垢を着て客を迎える紋日(行事の日)で、『新吉原年中行事』には、「此日中の丁へ出る女郎は、皆々上着まで白無垢を着す、故事なり」と書かれてあります。まだまだ残暑の厳しい8月1日ではありますが、吉原では、花魁達が白無垢を着て吉原の中心部、仲の町へ道中をする習わしとなっており、白無垢姿の情景を雪に見立てて、『八朔の雪』と呼んだようです。

吉原俄(よしわらにわか)という遊女や幇間(ほうかん)らによる俄狂言や踊りを、遊女を買う気も買う銭も持たない素見の客がこの8月だけは吉原廓の仲の町で見物することができ、澪がそれを見に行った事と、澪がつる家で作った心太(ところてん)に掛けられた真っ白な砂糖が青白い月の光に照らされて雪のように映ったのを見て、つる家の主人が時季外れの「八朔の雪」と呟いたこと、この2つの話を絡めたところから、この小説のタイトルが『八朔の雪』と名付けられています。


duo-3
ストーリーは、「狐のご祝儀――ぴりから鰹田麩(かつおでんぶ)」、「八朔の雪――ひんやり心太(ところてん)」、「初星――とろとろ茶碗蒸し」、「夜半の梅――ほっこり酒粕汁」の4篇から成り、巻末付録として、それぞれの料理の作り方を収録しています。


続編、『花散らしの雨』は、10月15日の発売予定とのこと、早く続きを読みたくて、心待ちにしているところです。



スポンサーサイト

新型クーペ発表展示会
後から               前から
1 2




上から               横から
4 3




神戸の夜景をバックに
600




先日の新型クーペ発表展示会で頂いたマウスでした
7






織部の焼酎コップ
丁度1年前に織部と黒織部の焼酎コップをペアで親しい人に差し上げました。

そのコップは、その時展示していた中で一番気に入ったものでした。

 (※この写真のコップはその時のものとは違い、今回買い求めたものです)
IMG_0286x500.jpg

その後、自分でも欲しくなってデパートを訪ねるたびに和陶器コーナーを覗いていましたが、同じものはいつ行っても展示されていません。

たまたま先日出掛けた時には販売員のおねいさんが隣に付いてくれたので、実はこんな形の織部の焼酎コップを以前買ったことがあるのですが・・・、と詳しく説明をして尋ねて見ました。

すると、おねいさん「はい、はい、はい、はい。ありましたよね~。私も好きだったのでよ~く覚えていますよ。織部と黒織部のどちらも八角形の同じ形をした焼酎コップでしたよね?」と言ってカタログリストから、絵はありませんでしたが、たしかコレだと言ってその商品を見つけ出してくれました。

他人には差し上げたのですが、自分でも欲しくなったのでと説明をして取り寄せてもらうことにしました。

そして昨日デパートから入荷したとの電話を頂きました。しかし、入荷はしたのですが、黒織部の方の柄が少し違うように思われると言います。今は黒織部の方はこの柄しか製造していないらしく、見て頂いて私が言っているものと違うようなら返品してくれて構わないと言って下さって、さっそく今日見に行ってきました。

う~~ん・・・
記憶はもう一つ定かではありませんが、私の記憶でも黒織部の市松柄の部分が織部のほうの網代編み柄(格子柄?)じゃなかったかなと思います。

IMG_0287x500.jpg

すると、一緒に見に行ったオクチャマ、隣から「織部の柄と黒織部の柄とが違っている方がそれぞれ趣きも異なるからそれなりにいいじゃないの。ヴィトン柄もステキじゃない」って。

ん?  ヴィトン柄?
確かに私が小脇に抱えているヴィトンのセカンドバッグと同じです。(笑)

そうですね。オクチャマが言うように織部のほうは唐草模様と網代編み柄(格子編み柄?)、黒織部のほうが麻の葉模様とヴィトン柄・・・あっ、いや、市松模様で、これはこれなりにステキです。

ペアで買って来ました。

さあ、今日は・・・このコップで・・・飲むぞぉ!(笑)

                                      .



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。