La Vie
悔やんでばかりいても人生、豊かに生きても同じ人生。人生は一度だけ。どうせならプラス思考でいきましょうよ!
カレンダー

 Top Page  ログイン
<< 2017 - 03
>>
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
     
LOG OUT        



カテゴリー



ブログ内検索



Access

現在の閲覧者数:



最近のコメント

 Top Page  ログイン
--------------------------- ------------------------
     
LOG IN  
     
LOG OUT        



最近のトラックバック



FC2カウンター



リンク

このブログをリンクに追加する



プロフィール

duolavie

Author:duolavie
 Top Page  ログイン
---------------------------

La Vieal denteはなれ でしたが 母屋 に昇格しました

La Vie の 旧宅
「アル・デンテ al dente」
は Doblog 村にありました

そのちいさな ドブログ村が、 2009年2月、ダムのどん底に沈んでしまいました

そんなわけで新しい地に旧家を移築し、現在は、旧宅の壁に掛かっていた絵をもう一度かけ直しているところです

        

旧家の移転先:
  duologue

   (一部画像を修復中)


------------------------
      LOG IN  
     
LOG OUT        



月別アーカイブ



RSSフィード



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


愛用の香水が廃盤・・
グッチのENVY と聞くと、「ああ、あの真四角の細長い瓶に入ったオードトワレね」という答えが返って来ます。

間違いありません。それは女性用で、あまりにも有名で人気の高い香水ですよね。

     envy


でも、今日、私が言うグッチのENVY は違います。

GUCCI ENVY for MEN なのです。

3

実はこの ENVY for MEN が、昨年廃盤になってしまったのです。

女性用は今までどおり残るようですが、こうも違うかと思うほど男性用とは香りの質が違います。

私は、ん十年もこの香水を使い続けています。夜の街に出かけても duoさんの匂いと言わしめるほどに、私の匂いはこの香水の香り・・いや、この香水は私の匂いなんです。(笑)

GUCCIに表彰してもらえるのではないかと思うほど、そんなに愛して使っていた香水なのに、廃盤と聞いて残念でなりません。

いつもはデパートで100mlの瓶を買っていたのですが、こちらはもう既に売り切れてないらしく、小さい50mlの小瓶ならお店のほうに1本だけ残っていて、メーカーにも1本あるといいます。100ml一本買うより5割ほど割高になるのですが、そんなこと言っておられません。早速取り寄せて貰いました。

1

でも、これを使い切ると、私は私ではなくなってしまいます。ちょっと大げさかな。(笑)

GUCCI ENVY for MEN ――これに似た香りを使い切るまでに探しておかなくっちゃあ・・・。

ふうぅぅ~~。

2





スポンサーサイト

ニアミスがなくてよかった・・
自動操縦中の操舵室内に副操縦士がデジタルカメラを持込み、乗務中に巡行中の機内外の撮影を繰り返し、機長や客室乗務員を撮影。機長も後ろ向きになって客室乗務員と記念撮影・・・。

このことが公になって関係者14人が降格や減給の処分を受け、この副操縦士は、諭旨退職となりました。

国交省は同社からの報告に調査の不備が目立つことから、11日、スカイマーク本社に対して航空法に基づく立ち入り検査を実施しました。


こんな事件を起こしたばかりのスカイマークですが、今度は管制塔の指示よりも、約1800メートルも高い高度を飛行していたことが判明しました。

11日午後、札幌発羽田行きのSKY機の羽田空港着陸に向けて、管制官は茨城上空で高度を約4000メートルで通過するように指示を出しましたが、このSKY機は、その前の標識で設定した5800メートルのまま通過しました。

マニュアルでは、管制官から指示を受けた高度を機長が副操縦士に命じて、副操縦士が設定、その後2人で確認をすることになっているらしいですが、その手順が守られていなかったようです。

前原国交相は、「近くを飛ぶ成田空港発着機とのニアミスの可能性がある。重大なミスであり、安全そのものの根幹に関わる問題」と話しています。


副操縦士が乗務中に操舵室でデジタルカメラ撮影をしたり、機長と副操縦士が揃って高度設定のミスをしたり、機長が「非常時の誘導に支障がある」として体調不良の客室乗務員の交代を指示したところ、これを社長と会長が認めず逆に機長を交代させて運航を強行したりと、ここのところトラブルが絶えないスカイマーク。

前原大臣を始め国交省幹部は「たるんでいると言わざるを得ない。事故が起こってからでは遅い」として、「特別安全監査」を実施すると発表、15日から監査に入りました。本社から空港施設、機内に乗り込んでのチェックと運航から経営、整備の全般について3週間にわたる立ち入り検査です。


来月、4月16日からは先日オープンしたばかりの茨城空港へ国内定期便として唯一乗り入れることになっているスカイマーク機です。茨城空港には定期便SKYの格納庫もなければ整備士もいません。茨城空港に整備士を常駐させず、定期便に整備士を乗せて機体とともに飛んで行き、現地で整備をさせた後、また同じ便に乗せて帰ってくるということらしいですが、これって大丈夫なのでしょうか? 

社長にも、会長にも、機長にも、副操縦士にも問題があるとなると、考えたくはないですが整備士に対しても不安になりますよね。


茨城県出身のうちのオクチャマは、帰省には茨城空港が便利と、SKY機に乗る気まんまんでいるのですが、・・・・・大丈夫かなぁ。

飛行機ぎらいのduoさんと致しましてはちょっぴり、いやいや、たいそう心配なのであります。(憂鬱)



いただけない世界第2位・・借金大国 「日本」 
世界一の高さを目指した「東京スカイツリー」も4日に完成したドバイの「ブルジュ・ハリファ」にあっさりと抜かれてしまい、完成前に世界第二位に甘んじております。(笑)

ところで、こちらの世界第二位はちょっといただけない話です。

米中央情報局(CIA)が世界126カ国・地域の対GDP債務残高比率を調べたところ、日本は172.1%(2008年概算値)で世界第2位の「借金大国」なんですって。(日経)

1位はアフリカのジンバブエで265.6%ですが、これは最貧国というお国柄仕方がないでしょう。G7(主要7カ国)の中でみると、イタリアが最も日本に近い5位ですが、それでも105.8%。世界最大の経済大国である米国は37.5%で61位です。日本の比率の高さは先進国で突出しています。

債務残高の名目国内総生産(GDP)に対する比率が高いほど返済能力に問題があると見られているそうです。比率の高さが物語る財政の悪化は深刻な問題だと日経の記事は綴っています。

今は銀行預金を通して個人マネーが日本国債の安定消化を支えているが、社会の高齢化に伴い預貯金へ回るお金は減る。国債がさばけなくなれば、財政のやりくりは一段と難しくなると。また、鳩山政権下では、なにかと歳出拡大圧力が働きがちで、国債には増発圧力がかかることから、財政健全化の道筋は視界不良で「借金大国」の汚名は当面返上できそうにはなさそうとも。


オバマ大統領が来日した時には、大統領から世界第二の経済大国とおだてられたばかりなんですけどねぇ・・・。
世界第二の借金大国というところを言い間違えたのでしょうか。(笑)

デフレが宣言され、二番底の懸念ありと言われる厳しい経済下において、バラマキ政権と言われる現政権が先月25日に決定した2010年度政府予算案は新規国債を44兆3030億円発行するというものでした。これは2009年度より11兆円もの増加です。

どんどんと膨らむ一方の借金は返済を先送りするばかりで、果たしてこの先返せるメドはあるのでしょうか?

反面において、政権交代してまだ3ヵ月しか経っていない新政府ですから、今すぐどうこうしろと言ってもそれは無理な話です。そんなに短期間で50年にも亘って偏向してきた政治を変えられるわけもないでしょう。

だからと言って、破綻寸前の財政を時間を掛けていてはどうにもなりませんが、リーマンショック以来の世界の経済状況を見ても鳩山総理を取り巻く環境がとても厳しいことも事実です。ここはある程度時間が掛かることを理解しないといけないとも思います。

もう少し様子をみてみましょう。まったく血を見ない大手術はあり得ないことですし・・・。


そんな矢先・・・

鳩山政権の要、藤井裕久財務相(77)が5日、体調不良で通常国会の審議を乗り切れないことを理由に閣僚を辞任する考えを周辺に漏らしていることがわかり、鳩山由紀夫首相がこれを慰留しているというニュースが流れました。蔵相経験の手腕を期待した鳩山政権にとっては予算審議前に大きな痛手を被りますね。

さらに、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる問題で、東京地検特捜部が小沢氏に対し、近く任意の事情聴取に応じるよう要請する方針を固めたというニュースが同じ5日の日に流れました。本人が要請を拒むこともあり得るようですが、ここへ来て、また鳩山政権を揺るがす大きな山場となりかねません。

民主党も大変ですね。

宇宙人ジョーンズが缶コーヒーを飲みながら・・・「この惑星の住人は・・・いったい何処に向かおうとしているのか?」と、言ったとか言わなかったとか。(笑)



防犯ビデオ ・・・ え~~?映っていないじゃん
防犯ビデオなんて、なにかあった時にしか見ません。

ちょっと、出入りをした人の確認をしたいことがあって、テープを巻き戻してみました。

ん??? 

映っていません。というか、テープが動いていません。映像に残っている日付は大方半年前のものです。その後なにも記録されていなかったのです。あ~~怖わっ。なにも無かったからいいけれど、何かあったら大変でした。
1
あれこれ触ってみましたが、どうも今ひとつ調子が悪く、修理に出そうかとも考えました。修理に出してもこういう特殊なビデオは結構掛かります。それにビデオテープ方式で繰り返し録画も少なくとも1年ごとには新しいテープと取りかえなければいけませんし、アナログゆえに画像も悪いです。



2
そんなことで、1テラ(1000ギガ)バイトのハードディスクを備えたデジタルビデオレコーダーに買い換える事にしました。カメラも今までは4台しか接続できず、4分割機も必要でしたが、デジタルになると分割機も必要ありません。その上、今度買った新しいDVRはカメラを8台接続できます。今のところカメラは4台しかありませんが、必要に応じて追々増やして行くことができます。



3
設置完了です。

さあ、我が家の防犯対策、これで安心。

・・・・・かな?



一旦帰ってきましたが、また・・・
出張から帰ってきたところです。
明日は、また夜明け前から次の出張に出かけます。

1

台風が直撃しそうな気配です。
台風と一緒に走る事になりそうなので
道路が封鎖にならなければいいのですが・・・。

仕事のあと、週末には東京でオクチャマと落ち合って
姪っ子の結婚式に参列してから神戸に帰ります。

しばらくの間、ブログる時間がなさそうです。(汗)



静かな有事――脱少子化の道険し
『出生率低迷4つの理由』という記事が日経新聞にありました。

 ①男性の15.9%が生涯未婚
    2005年の生涯未婚率(50歳時点での未婚の割合)です。
    女性も7.2%に上るようです。

 ②女性の41%が出産で退職
    2000~04年に第1子を産んだ女性の41.3%が出産退職。
    出産か仕事かの二者択一を迫られるようです。

 ③夫の家事時間が短い
    日本男性の仕事が多忙なこともありますが、
    育児・家事に関わる時間が欧米諸国に比べ短いようです。

 ④大学まで 1人3000万円かかる
    1人の子どもを育てる費用は大学まで公立だったとしても
    3000万円(2005AIU調べ)も掛かるので、少なく産んで
    大切に育てようとする心理が働くようです。


1947~49年には団塊の世代である第1次ベビーブームの時には合計特殊出生率(1人の女性が生涯に産むと推定される子どもの数)が、4.5を上回っていましたが、1949年の人口問題審議会で産児調節の推進を答申した後、その翌年から5、6年の間に出生率は急激に下がり、とうとう2ポイントを割り込んでしまいました。

1971~74年には団塊ジュニアによる第2次ベビーブームが訪れ2ポイントを少しは上回りましたが、それもこの期間だけのことで、その後も更に下降線をたどり2005年にはとうとう出生率は戦後最低の1.26を記録することになります。

昨年は1.37と少しは戻しましたが、日本の少子化と高齢化は想像を絶するスピードで進んでいます。

日本経済新聞によると、今15歳未満の子どもは総人口の13%、これが2055年には8%に激減し、その時の高齢者は41%と推定しています。

ところが、それに先駆けて、15年後には団塊の世代が後期高齢者となり、現役世代の納税者、生産者、消費者の人口が大幅に減少することになります。

そうなると、2055年を待たずに、国内総生産(GDP)は下がり、その結果、年金や医療、介護制度を継続させるために国や行政は国民にさらなる高負担を強いなければ成り立たないことになります。

若い夫婦は子どもを産み育てる必要経費を考え、そして、いずれその子どもたちにつけ回しされるであろう経済負担を考え、その結果、2人目、3人目を出産する危険な賭けには出ないというのが現状です。

現時点においてさえ、このように厳しい状況下にある子育てなのに、この先はさらに、1人も子どもを産める環境ではなくなりそうです。完全に悪循環のスパイラルにあるといって過言ではないでしょう。


今、この危機を回避するためにはどうすればいいのでしょうか?

答えは簡単です。子どもを産み育てる金銭的負担を若い夫婦に掛けさせないようにすればいいのです。


答えは簡単なのですが、これが難しい。国や行政は、どこにそんな資金源があるのかと言います。

しかし、未来を見据えた時、他の何の予算を削ってでも先ず脱少子化問題を推進しないと、この国の先は見えて来ません。

少子化→個人の負担増し→家計の圧迫→負担の先送り→さらなる低出生率→財源低下→国力劣化→そして国の破綻。

こんな単純な少子化スパイラルに気づくのが遅すぎます。

麻生首相は衆院選対策もあって、新しい国家像を示すために安心社会実現会議を官邸に設け、その報告書に、少子化を「静かな有事」と形容したといいます。


脱少子化問題――何をさておいても、もっと危機感をもって一番に取り組まないといけない問題だと思います。

一時の財源不足には眼を瞑ってでも、出産・育児に掛かる費用を大幅に軽減出来るような、思い切った政策を講じないと、もうこれ以上どうにもなりません。

それと合わせて、認可保育所の不足解消や休日保育の推進をして働くお母さんに仕事との両立の場を作り、また、企業も協力をして男性の育児休業取得率の向上や、不況を理由とする育休切りの廃止をするなど、政界も財界も一丸となって、脱少子化に臨んでもらいたいと思います。



後半の半年は何事もなく、と願って・・・
2月にdoblogのハードウエアが潰れて、どっぷり浸かっていたブログの世界から放り出されたのを皮切りに、今年前半のduoさんちは近年にない激動の半年となりました。

3月には家内が膵臓炎を疑う症状で苦しみ、検査を受けました。結果は膵臓炎ではなくホッとしたところですが、一連の検査のなかで大腸ポリープがみつかりました。

ちょうど1年前にも入院して摘出手術をしたのですが、またまた手術をしないといけません。しかしながら、この後いろいろあって入院する時間が取れず、いまだ大事に(笑)抱えております。

4月には、ブログにもあげましたが、私が気管支肺炎を患い10日間の入院を指示されました。しかしながら、仕事のこともあり、ごり押しをして通院に切り替えて貰って療養しました。

4月の下旬には伜の海外出張でその間、お嫁ちゃんが新生児と2歳半の孫を連れて来神。その直後に新型インフルエンザが神戸で蔓延し、孫たちは渦中に飛び込んできたようなもので、新生児を抱えているだけに滞在中はほとんど外出することが出来ませんでした。

そんな中、上の孫が明るいところで異状に眩しい顔をするので、6月13日に眼科へ。特に何も症状はないと言われ、ひと安心しました。ついでに私たちも前回の検査から半年経つので診て貰うことにしました。

ところが、これが驚きです。自覚症状は全く有りませんでしたが、両眼とも網膜剥離を引き起こしていると・・・。それも右眼は3箇所、左眼は4箇所に裂孔があり、今すぐにもレーザー手術をしないといけない状況だが、ここには設備がないので、月曜日まで安静にして、紹介状をもって大きな病院へ行って下さいとのこと。

そして、休み明けの6月15日月曜日、さっそく紹介を頂いた病院に行って参りました。一部はもう剥がれているのですぐに手術を行いますと言われ、右眼に400発、左眼に450発のレーザーを照射することになりました。

両眼とも眼球の横の円周部分に裂孔が集中しており、今回これらの裂孔は焼き付けて修復(?)しましたが、左右同じような状態で端のほうに裂孔があるということは、網膜は常に引っ張られている状態なので、また別の場所が裂ける可能性があると言われました。網膜剥離が繰り返し発症する事になると、レーザーでは治療しきれず、最終的には観血手術になるそうです。

この手術を受けた日、海外出張から帰ってきた伜とともに孫達は千葉の自宅に帰りました。私は急遽病院に行く事になったので、残念ながら孫達とのお別れが出来ませんでした。

お嫁ちゃんは、半年ぐらい先には再び伜の出張があるので、「また来ます」と言って、細々しいものを一部おいて行きました。孫達の住んでいる千葉のお隣り東京には、お嫁ちゃんの実家があります。そんな立地条件にもかかわらず、その上、今回は伜が一緒ではないのに、2ヶ月弱もの間よく神戸にいてくれたと感心しています。


この半年、私たちは病気に取り憑かれてしまいましたが、病気だけでなく、実は仕事のほうも大変でした。

例のリーマンショックの影響から、先日のビッグスリーの破綻にに至るまでの金融危機の経緯の中で、自動車関係の仕事ではないのですが、海外の生産者が企業売却やらM&Aに追い込まれ、その煽りで、従来買い付けていたある商品が入荷しなくなりました。特殊な製品ゆえに、他社への置き換えも難しく、ここのところ、ちょっと焦っています。

海外の製品に依存しなければならない状況の中で、こんなことが起きると、小さな会社ではその影響をもろに受けてしまいます。

こんな波乱の連続で、大殺界のど真ん中にいるのではないかと見紛うほど、病気から仕事にと度重なる苦難に打ちひしがれた半年間でした。(笑) 

さすがのプラス思考のduoさんも、今回はかなりショックを受けました。


明日からは、いよいよ下半期に入ります。願わくば後半の半年間は何事もなく、無事幸せに過ごす事ができるようにと祈るばかりです。

こんな状況下のduoさんちですが、これからもお見捨てなく、来月もどうぞ仲良くお付きあい下さいませ。




まちがえちゃった^^;;
なんでしょう、まったく。

ブラジャーを洗面室の床に放ったらかしになんかして・・・。

855_180

それにしても、デカイね、これは・・。 

Hカップどころではないし、それに色気もへったくれもないイカツイ感じ。

・・・と、思っていたら、ひざをついて拭き掃除などする時に使う膝当てクッションなんだって。(笑)

なぁるほどね。

びっくりしたけれど、納得しました。



お父さんは何点?
アサヒビールがインターネットで20歳以上の男女約3600人に、子供が採点するお父さんの評価点数を聞いたところ、平均点は74.8点だったそうです。

アンケートで最も多かったのは80~89点で全体の22.2%、100点満点も18.5%に上ったそうです。

100点満点をつけたある女性(30歳)は、「誰より優しく父の威厳もあり、常に新しいことを吸収して挑戦している。良い点だらけで悪い点が思い当たらない」と。 

すごいですね、この女性のお父さん。 女性の年齢からして、55歳から60歳くらいでしょうかねぇ? そんなふうに評価してもらえるお父さんもいるんだぁ。  |壁|ム゚;;  (ソォ~ッ (羨)


反対に父親による自己採点では平均点が62.0点で、最も多かったのは50~59点で24.2%だったようです。

私の場合はどうかなぁ?子供たちは何点くらいつけてくれるでしょうかね?せめて平均点くらいは評価して貰いたいですが、それは、あつかましいというもの・・・かもしれません。(笑)

自己採点ですか? う~~~ん、子供たちにとって決して素晴らしい父親じゃありませんが、平均点よりはいくらかマシかなと思うのは、これもちょっと甘いでしょうかね。(笑)

明日はいよいよ父の日がやってきます。 今日中にしっかり点数を稼いでおかなくっちゃ。

えっ? 今頃慌ててももう遅い?
間に合わせの付焼刃は通用しませんか・・・。 

それもそうですね。 (汗)





Doblog の終了
ドブログ、5月30日でとうとう終了してしまいました。

アクセスしても 要求されたページが見つかりませんでした」と。

doblog_3.jpg

出来れば、過去記事だけでもネット上で見られるようにしておいてほしかった・・・。

新たに書き込めなくてもいいから・・・。

無料サービスだからといって、自由に終了していいものとは思いません。少なくともユーザにしてみれば大事な記録を綴ってきたわけですから・・・。

エクスポート出来るようにはしてくれましたが、コメントまでは持って行けません。

インポートしたブログでイメージも一つずつ貼り直さなければなりません。

記事の中にドブログのURLをリンクしている場合は、新しいブログのURLに書き換えておかないとその記事へ飛ばす事はできません。

NTTデータ側のトラブルでうまく修復ができなかったことからユーザを置いてきぼりにしたのであれば、せめてユーザの過去記事ぐらいは見ることができるようにしておいてほしかった・・・。

Doblog_2.jpg

「サービス開始より今日まで、Doblogを運営することができたのも、たくさんの記事を書いてくださった会員の皆様と、多くの読者の皆様のおかげです。大変感謝しております。

と、お知らせには書かれていますが、本当に感謝してくれているなら、ユーザがあきらめていても過去記事は残して見られるようにするくらいの気持ちがあってもよかったのではないでしょうか?

そういうサービス精神こそが顧客第一に考えているという証しであり、今後の有料サービスにおいても企業が成功する秘訣であると思うのですが・・・。

先日、NTTデータは中堅企業向けの新しい有料サービス クリック を発表しましたが、今後も引き続き開発するであろう新しいサービスなど、NTTデータが取り扱うサービスにおいては、少なくともドブログユーザはまたこんな事態に巻き込まれてはかなわないと、そのサービスを利用することにおそらく躊躇するでしょう。




いかのおすし
神戸市のある公共施設の鍵を預かっています。

昨日のことです。

その建物に付属している駐車場を、「朝9時頃から2台分貸してください」と、警察から電話がありました。

この日は神戸市の小学校の入学式です。

近くの小学校の新入生の安全のためにおまわりさんが出て交通整理をしてくれるんだ。

はい。入学式で「イカのおすし」を配りたいんで・・・。

はぁ~~あ? 

イカのお寿司を配る? 

小学校の入学式で?


今は入学式でイカのお寿司を配るんですか? 

それも警察が? 


そんな話、聞いたことがありません。 

何でイカのお寿司なんですか?

言いませんでしたが、イカのお寿司だと喉を詰まらせたらいけないから、マグロのほうがいいんじゃないの、と思いましたが・・・。(笑) 

学校の先生やPTAの親御さんはみなさんご存知なので・・・と。

説明はありませんでした。

どうやら、みなさん知っているらしいんです。

知らないのは、私たちだけ???

これはもうパソコンで検索するっきゃない。

何かヒットするかも・・・。

googleさんに聞きました。

すると・・・

何かヒットするどころではありません。

警視庁のHPをはじめ、腐るほど出てきました。(笑)

全国規模で、いかのおすし・・・のことが。

この日、おまわりさんたちは、「いかのおすし」を配りながら、小学校の正門前で交通整理をしていました。

ごくろうさまでした。

ふぅ~~。(笑)


こちらはまぐろのおすし 誰も知ってるって(笑)
    
IMG_3538_3.jpg

いかのおすしはこちら
   
[続きを読む]

確定申告から・・・やっと解放
IMG_0274_Ta500.jpg

やっと個人事業の方の青色決算書と確定申告書作成完了!
奥ちゃまの分と二人分・・・。

会社の方は決算書作成は全部顧問税理士の先生がやってくれるので楽ですが、個人は一応自分で作成するので大変です。

作成した書類を、先ずは税理士の先生にチェックをして頂いて――
そして今日税務署へ届けて来ました!

この後、税務署からイチャモン(??)をつけられなければ全て完了。(笑)

やっと重労働から解放で~~す。(フゥ~~






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。